レース回顧

中京11Rプロキオンステークス予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 8 14 ノボバカラ
2着 6 10 ニシケンモノノフ
3着 5 9 キングズガード
4着 3 4 ブライトライン
5着 2 3 グレープブランデー


払い戻し・配当
 
単勝 14 330円
複勝 14 130円
10 150
9 130
枠連 6—8 860
馬連 1014 870
ワイド 1014 340
914 250
910 420
馬単 1410 1,440
3連複 91014 1,020
3連単 14109 4,510


当サイト予想印      
枠番 馬番 着順 馬名
3 4 4 ブライトライン
5 10 2 ニシケンモノノフ
5 9 3 キングズガード
7 12 15 ポメグラネイト
7 13 11 タガノトネール
1 1 8 ワンダーコロアール
 
<プロキオンステークスの予想記事>
プロキオンステークス 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
日曜日に中京競馬場で行われたプロキオンステークスの回顧をするわ。

レースの感想としては・・・“堅すぎ!!!”

1番人気→3番人気→2番人気ってこんなに固く収まるものかしら。

プロキオンステークスを制したのは1番人気でミルコ・デムーロ騎手騎乗のノボバカラ。
これで重賞2勝目を飾って秋の大目標であるJBCスプリントに向けて大きく前進したと言っていいわね。
レースは、ワンダーコロアールがハナを奪って、ノボバカラ3番手、ニシケンモノノフは6番手、キングズガードは最後方と三者三様の位置取りになったわね。

逃げたワンダーコロアールが作り出したペースは前半1000mが57.2と芝の12000m戦並のハイペース。
そのハイペースをノボバカラは2番手からあっさり抜け出して勝つんだからかなり力を付けているわね。
このハイペースを2番手でレースを進めたら普通は止まるものだけど、止まることなく2番手以降の追撃を振り切ってしまうんだから馬が強くなっているわね。

鞍上のミルコ・デムーロ騎手は、先週のCBC賞に続き2週連続重賞制覇!
一時期の不調は脱した感じで、ここからの活躍に期待ね!!

2着はニシケンモノノフ。
中団からレースを進め、直線では力強く伸びたけど勝ち馬に半馬身届かず惜敗。
あのハイペースで行って前が止まらないんだから、今回は勝った馬が強かったって事ね。
でも、この馬も力は付けているし重賞制覇もそう遠くはないと思うわよ!

3着のキングズガードは持ち前の末脚を活かして3着。
今回はスタートで出遅れて後方からのレースになってしまったけど、今後は中団でレースを運べるようになれば上位争いも可能ね。
直線の長い東京競馬場でなら面白いと思うわよ。

今回のプロキオンステークスは、3着までの馬の力が他の馬よりも抜けていたわね。

ノボバカラ、ニシケンモノノフ、キングズガードには今後も注目して行きたいわ!
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る