エビコ

2017年新潟記念で的中を呼び込む穴馬予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した2017年新潟記念

2017年新潟記念開催情報

レース名 新潟記念
クラス G3
開催日 2017年9月3日(日)
開催場 新潟競馬場
レース番号 11R

2017年新潟記念直前予想

馬番 馬名
12マイネルフロスト
11アストラエンブレム
10ソールインパクト
2ルミナスウォリアー
8フルーキー
レースの見どころ
大荒れ傾向の、新潟記念(G3が始まるわよ!

事前情報では馬単で勝負すると伝えたけど、最終的に馬連7に変更したわ。

今回のデータでは、1着を固定するまでに至らなかったわ…。

でも過去10年、馬単で万馬券は7回だけど馬連でも5回と、高配当になるレースであることは変わらないわ!


事前の予想通り、アストラエンブレムが抜けた人気になりそうね。

これまでの結果から、軸として考える人もいると思うけど、1番人気は過去10年で1着1回、2着1回というデータもあるのよ。

荒れるこのレースでは相手として押さえておく程度が良いと思うわ!

詳しくは後で話すわね!


まずは、確定した枠順から見てちょうだい。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11タツゴウゲキ牡555.0秋山真一鮫島一歩栗東
2ルミナスウォリアー牡657.0石橋脩和田正一美浦
23シャドウウィザードセン751.0木幡巧也勢司和浩美浦
4ロッカフラベイビー牝552.0内田博幸鹿戸雄一美浦
35ロイカバード牡455.0横山典弘松永幹夫栗東
6ハッピーモーメント牡754.0戸崎圭太角居勝彦栗東
47カフジプリンス牡455.0中谷雄太矢作芳人栗東
8フルーキー牡757.0北村宏司角居勝彦栗東
59スピリッツミノル牡555.0三浦皇成本田優栗東
10ソールインパクト牡553.0大野拓弥戸田博文美浦
611アストラエンブレム牡456.5M.デム小島茂之美浦
12マイネルフロスト牡657.0柴田大知高木登美浦
713トーセンバジル牡556.0岩田康誠藤原英昭栗東
14ラストインパクト牡757.5田辺裕信角居勝彦栗東
815マイネルスフェーン牡352.0丸田恭介手塚貴久美浦
16トルークマクト牡753.0江田照男尾関知人美浦
17ウインガナドル牡352.0津村明秀上原博之美浦

過去10年、すべての枠から勝ち馬が出ているわ。

連対率で考えると3枠~4枠がやや優勢といった感じよ。
頭の片隅に置いとくと良いわ。


予想に入る前に、事前情報をおさらいするわよ。

■前走クラス別成績
前走でハンデ戦を走ったG3で考える

■前走人気別成績
前走が一桁人気だった馬で考える

■前走距離別成績
前走2000mを走った馬が中心
それ以外の距離を走った馬でも、過去に新潟競馬場で連対した経験があれば注意したい

■年齢別成績
5歳馬が最も多く連対しているが、連対率で考えると7歳馬が優勢
4歳・6歳馬では当日の上位人気馬と、前走の人気を結果が下回った馬に注目


というものだったわね。

事前情報である程度の選定は出来ていたから、あとは絞り込みのみ!

この先、過去10年分のデータを2使って新潟記念の最終予想をしていくわよ。


まずは、当日の人気別成績から。

レース当日人気別成績
人気

5番人気も気になるけど、6番~10番人気で馬券に絡んでいる馬が多いのが分かると思うの。

今回は馬連で勝負するから、3着馬は対象外よ。

当日の10番人気までで馬券を構成させればよさそうね。

アストラエンブレム・ウインガナドル・カフジプリンス・ソールインパクト・タツゴウゲキ・トーセンバジル・ハッピーモーメント・フルーキー・マイネルフロスト・ラストインパクト・ルミナスウォリアー・ロイカバード・ロッカフラベイビー
の13頭を対象と考えておこうかしらね。


次は、斥量別成績よ。

斤量別成績
斤量

55kg以下も軽視はできないけど、55.5kg以上になると数字がぐんと高くなるわね。

ここでは馬券の中心となる55.5~57㎏を除いて、斥量別にどんな馬が連対していたのかを調べてみたわ。


■51.5~53kgで連対した3

・2013年のコスモネモシン(10番人気1着)
前走クイーンステークス(G3)で7番人気7着

・2008年のアルコセニョーラ(16番人気1着)
前走七夕賞(G3)で6番人気12着

・2007年のトウショウヴォイス(10番人気2着)
前走新潟日報賞(1600万下)で7番人気1着

この斥量の馬は人気薄であることが多いから、馬券に絡むと美味しいわよ。
該当する馬がいれば積極的に狙っていきたいわ。

3頭に合致する共通点はないんだけど、コスモネモシンとアルコセニョーラは牝馬。

このレースで牝馬が馬券に絡んだのは3頭、残りのもう1頭は2007年のヤマニンアラバスタ(7番人気3着)なんだけど、この馬は2005年の勝ち馬なの。

牝馬が馬券に絡む条件で言うと、過去に重賞で勝った経験があったということ。

今回の牝馬はロッカフラベイビー1頭だけど、データ的には厳しそうね。


51.5~53kgをまとめると、今回狙えるのは牡馬の4
他の条件とあえば狙っていくわ!


■53.5~55kgで連対した5

・2016年のアデイインザライフ(2番人気1着)
前走の常総ステークス(1600万下)で1番人気1着

・2014年のクランモンタナ(5番人気2着)
前走のマレーシアカップ(1600万下)で1番人気1着

・2010年のナリタクリスタル(5番人気1着)
前走の小倉記念(G3)で2番人気4着

・2009年のサンライズベガ(6番人気2着)
前走の日本海ステークス(1600万下)で1番人気1着

・2008年のマイネルキッツ(2番人気2着)
前走の七夕賞(G3)で3番人気3着

基本的には当日の上位人気馬で、前走でも3番人気以内の掲示板っていう結果が共通点になりそうね。

調子が上向きの馬であれば、ここでも!って感じね。

今回53.5~55kgで、上記に該当するのはタツゴウゲキよ!


■57.5~59kgで連対した2

・2016年のアルバートドック(1番人気2着)
前走の七夕賞(G3)で3番人気1着

・2011年のナリタクリスタル(5番人気1着)
前走の小倉記念(G3)で1番人気6着

前走で高い支持をされ、新潟記念の当日もそれなりの人気だった馬ってことね。

今回57.5kg以上の馬はラストインパクト1頭だけど、厳しそうね…。


それじゃ、これまでのデータを基に印を紹介するわね。

今回は、◎☆-◎○▲△☆の馬連7点指示よ!

このあと1頭ずつ選んだ理由を紹介していくわね。

◎マイネルフロスト

○アストラエンブレム

ソールインパクト

ルミナスウォリアー

フルーキー


本命
マイネルフロスト(牡6)
【前走:七夕賞(G3)2着(5番人気)】

ここ3戦の重賞では、すべてで馬券に絡んでいるのよね。

先行して安定した結果を出せるから、なかなか馬券から外せない馬になったわ。

前走の七夕賞でゼーヴィントから1馬身以内だったというのは高評価。

また、早めに動いても最後までスピードが衰えないスタミナは、ここでも期待できるわ!

3走前の新潟大賞典(G3)で、長い直線の新潟でも粘れるスタミナがあることを証明しているし、今回逃げるウインガナドルを追いすぎなければ、馬券から漏れることはないと思うわ!

データで見ると6歳馬の連対率は6.4%と低いけど、6歳馬で先行馬だった馬の連対率は20.0%なの!

直近2戦の相手と比べるとやや小粒、3歳以来の重賞制覇にも気合いが入っていそうよ!


対抗
アストラエンブレム(牡4)
【前走:エプソムカップ(G3)2着(1番人気)】

このレースでは実績・期待No.1の馬。

展開に左右されないレースができるこの馬は外しにくいわね…。

ここ2戦は先行策をしているんだけど、3走前は差し、4走前は追い込み。

過去には逃げて勝ったこともあるのよ。

どんな展開でも脚質を変えられるのがこの馬の武器なの!


今回はハイペース予想をしているけど、その場合は中団待機で直線勝負。

前を走るマイネルフロストがスタミナ切れするほどのペースになれば、差し切る可能性も十分あるわ!

気になるのは、過去10年で1番人気の連対率が20%ということ。

保険として押さえるけど、小点数で攻めたい人は相手から外すというのもありかもしれないわね。


馬連でも2回に1回は万馬券
そんな新潟記念を7点で獲るわ!
高配当を演出するのはこの3頭よ!



単穴

ソールインパクト(牡5)
【前走:七夕賞(G3)3着(7番人気)】

事前では注目馬の4番手に紹介した馬。

でも、展開を考えて3番手に昇格させたわ!

このレースはウインガナドルが逃げる展開、ハンデが52kgというもありそれなりのペースで走ると思うの。

また、これまで3歳馬で馬券に絡んだことがないから、単騎で逃げたいと考えているはず!

それを追いかける先行馬は、スタミナがないと厳しいでしょうね。


そうなると後方馬の有利な展開になると思うの。

前走ではスタートでもたもたして、いつもより後方からの競馬になったけど、直線ではゼーヴィントに負けない脚色に見えたわ!

ただ、あのムチの叩き方から反応が鈍いのかな?とも感じたのよね…。

もう少し成長しないと重賞を勝てないと思うけど、軽ハンデを活かして2着までは届くと思うわ!



連下

ルミナスウォリアー(牡6)
【前走:函館記念(G3)1着(5番人気)】

月曜日の注目馬の3番手で紹介したわね。

これまで22戦して掲示板を外したのはわずか2回と、安定のある走りが出来る馬なの。

しかも、今年に入って挑戦した2戦のG2でも、掲示板を確保!


休み明けが強い馬で前走も休み明けの勝利。
でも2戦目の複勝率5と今回も期待できるわ!

脚質は差し、新潟での成績も3戦2勝と相性が高いから、後方からの競馬になるだろうアストラエンブレムとの叩き合いは楽しみよ!



注目穴馬

フルーキー(牡7)
【前走:エプソムカップ(G3)9着(9番人気)】

月曜日から穴馬としての位置づけは変わらず!

前走のデータはアストラエンブレムと同じだけど、年齢や前走人気別成績を考えるとこの馬に分があるわ!


気になるのは騎手、乗り代わりを希望していたんだけど…。

前走ではムチをしっかり叩いた割には、追っていないのよね…。

ただ、ムチを叩いてただけ(笑)

同じことにならないことを強く期待するわ!


重賞を勝ちあがって参戦している馬も数頭いるけど、別格と言えるのはアストラエンブレムのみ!

あっと言わせる可能性がは十分にあるから、相手に押さえておいて欲しいわね!




2017年的中実績


 

新潟記念予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる