新潟2歳ステークス

新潟11R新潟2歳ステークス(GⅢ・芝1600m)
◎3 テンクウ
○4 グランデウィーク
▲2 トッカータ
☆5 オーデットエール
レースの見どころ
8月27日に新潟2歳ステークス(G3)が行われるわ。

事前予想でも書いたけど、このレースから冬の2歳G1や来年のクラシックで活躍する馬が出てくるだろうから、馬券の旨みだけじゃなく、以降のレースを占う意味でも面白くなるわよ!

すでに大方の予想は出来ていたけど、点数を絞り込むために2つのデータを用意したわ。

高配当の傾向にあるこのレースだけど、どの馬も横一線だから今年も継続模様!

今回は馬単6点、◎☆⇒◎○▲☆まで絞り込んだから楽しみにしていなさい!


まずは、確定した枠番をみてちょうだい。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ムスコローソ牡254.0大野拓弥手塚貴久美浦
22トッカータ牡254.0丸田恭介和田雄二美浦
23テンクウ牡254.0北村宏司奥村武美浦
34グランデウィーク牡254.0柴山雄一畠山吉宏美浦
35オーデットエール牡254.0柴田善臣須貝尚介栗東
46プレトリア牡254.0吉田隼人中川公成美浦
47マイネルサイルーン牡254.0石橋脩清水英克美浦
58フロンティア牡254.0岩田康誠中内田充栗東
59フィルハーモニー牝254.0柴田大知中舘英二美浦
610エングローサー牡254.0木幡巧也清水久詞栗東
611ラインギャラント牝254.0吉田豊水野貴広美浦
712キボウノダイチ牡254.0高倉稜松元茂樹栗東
713シンデレラメイク牝254.0中谷雄太鮫島一歩栗東
814ダンツセイケイ牡254.0田中勝春山内研二栗東
815コーディエライト牝254.0津村明秀佐々木晶栗東


予想に入る前に、事前のデータをおさらいしてもらうわね。

■前走クラス別成績
・前走OP特別から参戦した馬で連対しているのは、ダリア賞・マリーゴールド賞の2つ
・前走未勝利戦から参戦した馬で連対しているのは、前走3番人気以内で5週~8週の間隔
・前走新馬戦から参戦した馬で連対しているのは、前走6番人気以内

■前走着順別成績
当日連対しているのは、前走1だった馬、2着以下の場合にはダリア賞組のみ

■人気別成績
小点数で高配当を狙うためには、馬連・馬単がおすすめ
勝ち馬は4番人気以内・2着馬は10番人気以降で考えたい

■前走の距離別成績
勝ち馬は、前走1400~1600m
2着馬は前走5番人気以内、かつ距離によって開催地を限定できる


というものだったわ。

この先、過去10年のデータを使って最終予想をしていくわ!


まずは、キャリア別成績から。

戦績別成績
戦績別成績

事前データでも新馬戦から参戦する馬が、多く馬券に絡んでいたわね。

それ以外だと2戦している馬の成績が良いわね。

逆に新馬で負けても次の未勝利で勝てない馬は、ここでも連対出来ないということね。

1着馬だけでなく、2着馬も同じことが言えるわ。

ということで、3戦以上走っているエングローサーを切るわ!


次は、所属別成績。

所属別成績
所属別成績

今の競馬界では関西馬が優勢の傾向が続いているけど、このレースでは関東馬が若干有利のようね。

ここで注目したいのは2着馬!

10頭中9頭が関東馬となっているのよ。

今年の関東馬は、グランデウィーク・テンクウ・トッカータ・フィルハーモニー・プレトリア・マイネルサイルーン・ ムスコローソ・ラインギャラントの8頭。

事前記事でも書いたように二桁人気の馬が6回2着となっているから、人気薄になりそうなグランデウィーク・トッカータ・フィルハーモニー・マイネルサイルーン・ラインギャラントには特に注意したいわ!


それじゃ、新潟2歳ステークスの最終予想を紹介するわ。

今回は◎☆⇒◎○▲☆の馬単6点で勝負、高配当を演出する馬を厳選したわ!


◎テンクウ

グランデウィーク

トッカータ

オーデットエール


本命
テンクウ(牡2)
【前走:新馬戦1着(1番人気)】

予想通り上位人気、おそらく4番人気以内にはなると思うわ。

他の人気馬で言うと、オーデットエール・フロンティア・プレトリア・ ムスコローソ。

オーデットエールもテンクウと同じ条件ではあるんだけど、前走の新馬戦の走りをみる限りだとテンクウの方が上と見ているわ。


フロンティアは逃げ馬だし、これまで逃げ馬が馬券に絡んだことがないの。

プレトリア・ ムスコローソは、前走東京の1400mに出走したんだけど、前走1400mを走って新潟2歳ステークスを勝ったのは新潟・中京からの参戦。

東京1400mから参戦した馬は、最も良い成績で5というデータなの。


それぞれの馬の前走を見るとテンクウが少し抜けていたし、消去法でも結果は同じになったわね。

4番人気から人気薄への馬単3点流し、高配当が期待してちょうだい!


今年も波乱含みのレースになりそうな新潟2歳ステークス
でも、データでは相手は3頭で十分という結論に!
馬単6点の相手に選ばれたのは、この馬たちよ!



対抗

グランデウィーク(牡2)
【前走:新馬戦1着(1番人気)】

月曜日から変わらずの2番手評価。

出遅れ⇒マクリ⇒妨害、その上で1着を守れたのはこの馬にスタミナがあったから!

また、大きなストライドも魅力的。
2歳馬相手なら追走を許さないレベルよ。

次に紹介するトッカータも同じだけど、前走距離別成績・所属別成績で、2着馬の要素が揃ったわ!


ただ、気を付けたいのは脚質。

新潟競馬場は直線が長いから、いくらスタミナがあっても動き出しが早すぎると疲れちゃうのよ。400m前後までは抑えたいところね。

体は大きいけど心はまだ子供、柴山騎手の手腕に託すわ!



単穴

トッカータ(牡2)
【前走:未勝利1着(1番人気)】

月曜日の注目穴馬で紹介した馬。

初戦はグランデウィークの2着だったけど、最後はクビ差まで詰め寄ったのよね。

騎手も追うつもりはなく、馬なりで流そうとしたところ勝手に伸びた感じなの。

直線の長い新潟なら、まとめて差し切れる可能性もあると思うわ。


グランデウィークのところでも紹介したけど、2着になる可能性が高いというデータが揃ったわ。

仮に、二桁人気になったとしたら絶好の狙い目よ!



注目穴馬

オーデットエール(牡2)
【前走:新馬戦1着(1番人気)】

テンクウと4~5番人気を争うであろう馬よ。

データ的な条件はテンクウとほぼ同じだけど、ややテンクウが優勢という見方をしているわ。

気になる点で言うと、スタートが上手じゃなさそうと言うこと。

でも、このレースでは、差し・追い込みが過去9勝しているから、ちょっとした出遅れならばプラスに捉えることも出来そうよ。


もう一点、プラス評価できるのはスピードに乗れるということ!

フラフラなレースをした馬が多かったけど、今回のメンバーの中では真っ直ぐ走れるタイプよ!

直線では首をやや右に向ける仕草もあったけど、最後150mは前を良い走りが出来たわ。

集中して走れば、テンクウを差し切れると思うわ!



2017的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る