中山牝馬ステークス

中山11R中山牝馬ステークス(GⅢ・芝1800m)
◎14 キャトルフィーユ
○06 フーラブライド
▲13 ケイアイエレガント
△05 ノーブルジュエリー
△03 エバーブロッサム

近5年の勝ち馬だけを見ても4、4、10、8、6番人気、ハンデ頭に至っては過去10年で連対できたのは2頭のみ。牝馬限定のハンデ戦らしく波乱傾向の強い中山牝馬ステークス。

難解な一戦でアプローチも難しいが、ここは昨年末から様相を変えた中山の馬場傾向から読み解くのも一つの手だろう。

今の中山の芝は前が有利。先週に施行された芝のレース9鞍の内7鞍が4角2番手以内の馬の勝利となっている。トゥザワールドの弥生賞にしても早め先頭。唯一の例外は日曜の未勝利戦のマローブルーだが、これは他馬と力が違いすぎたため。現状、前に取り付ける脚がないと厳しい状況となっている。

ならばと逃げ馬のアグネスワルツ、エディン、セキショウ辺りに触手が伸びかけるが、どの馬も絶対にハナが欲しいタイプ。逃げ争いは熾烈を極めそうな印象を受ける。正直、ここは狙いづらい。

また、昨年末から芝コースは時計がかなり掛かるコースとなっていることから、ある程度のパワーは必須条件。これがないと勝ち切るまでは困難だろう。

そこで、狙いは逃げ争いの一列後ろで運べる、先行力と力のいる芝に対応できるパワーを持つ馬。

上記の2つの要素を兼ね備えており、いかにも今の中山が合いそうなキャトルフィーユに◎。今回は前走から1㎏増の52㎏だが、昨夏のクイーンステークスでは55㎏を背負い僅差の5着。斤量は減量があるに越したことはないが、カンカン泣きはしないタイプ。また、洋芝の古馬重賞である同レースで健闘しているようにパワーはあり、中山の芝もマッチする可能性は十分。今度はフーラブライトとは-1㎏。これなら、単純計算で前走の0,1秒差は詰まる。昨夏に復帰してからの充実ぶりも著しく戴冠のチャンスはあるハズ。ちなみに半姉は当レースを連覇したレディアルバローザ。血統的にも魅力ある一頭だ。

対抗には○フーラブライト。芝転向後は一気に重賞勝ちまで上り詰め、前走では牡馬相手の重賞で3着と改めて実力を証明している。こちらも先行力があり、ダート戦績が示すようにパワーも兼ね備えている。まだまだ軽量と言える53㎏なら恵まれた印象も。決して無視はできない存在。

単穴には1600万を勝ったばかりの▲ケイアイエレガントを。前走は東京で勝ち上がったが、元々は中山の方が良いタイプ。その前走は+14㎏と明らかに余裕残しの馬体だった。常に人気の盲点となるタイプで人気こそないが、昨年はほぼ全てのレースで人気を上回る走りを披露している。上積みがかなり見込め中山に戻る今回、穴で狙う価値ある一頭だ。

手広くいくならラストランで初重賞に燃える△ノーブルジュエリー、オークス2着の実績馬△エバーブロッサム、昨年末の中山でオープン2着のある△ノボリディアーナまで押さえておきたい。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る