中山牝馬ステークス

中山11R中山牝馬ステークス(GⅢ・芝1800m)
◎5 リーサルウェポン
○12 シングウィズジョイ
▲4 アースライズ
☆3 ウインリバティ
△1 クインズミラーグロ
△9 ハピネスダンサー
3月13日(日)に行われる中山牝馬ステークスの直前予想です。

13日の天気が雨予報ということで、カラッカラの良馬場になることはなさそうですね。
過去10年で10万馬券が6回出ている中山牝馬ステークス!
今年も天気同様に中荒れ~大荒れの結果となりそうです!!

まずは、レースの展望を予想してみましょう。
先行争いですが、内枠から3番ウインリバティ、12番シングウィズジョイ、16番シュンドルボン辺りの争いになるでしょうか。


シュンドルボンは直近二走で大外枠からの出走、前目の競馬をしようと考えますが、内に入れず外を回される競馬をしていました。

今回の枠順も大外で、直近二走同様の展開になりそう・・・。
強烈なスタートを持っている訳ではないので、鼻を切ることは無さそうです。


シングウィズジョイは、前走のターコイズステークス(中山1600m)を16番の大外から先行し、2着に0.2秒差を付けて優勝。

先行を得意とする馬ですが、過去に「逃げ」をしたことがありません
おそらく今回も2番手~3番手の競馬をすると思います。


ウインリバティは、2走前のムーンライトハンデキャップ(阪神2000m)で、1000mを1分2秒台のスローで逃げきりましたが、今回もそんな競馬ができれば、かなり脅威ですね・・・。

ウインリバティが鼻を切ればスローペース、
シングウィズジョイが鼻を切ればミドルペース、


どちらかになると思いますが、スローになればルージュバックが後方からの競馬がきつくなるでしょうし、バウンスシャッセが出走しないことで、ルージュバックの着順次第で大荒れの可能性も十分にありますね。

上記を予想の軸に、枠番を見ていきましょう。

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11クインズミラーグロ牝453.0蛯名正義和田正道美浦
12レイヌドネージュ牝653.0石川裕紀菊沢隆徳美浦
23ウインリバティ牝553.0柴田大知飯田雄三栗東
24アースライズ牝454.0川須栄彦矢作芳人栗東
35リーサルウェポン牝551.0内田博幸荒川義之栗東
36メイショウスザンナ牝755.0大野拓弥高橋義忠栗東
47フレイムコード牝753.0菱田裕二谷潔栗東
48ノボリディアーナ牝656.0田中勝春松永昌博栗東
59ハピネスダンサー牝553.0吉田隼人高野友和栗東
510アルマディヴァン牝654.0横山典弘高橋文雅美浦
611リメインサイレント牝653.0津村明秀田中章博栗東
612シングウィズジョイ牝455.0岩田康誠友道康夫栗東
713ヴィルジニア牝650.0鮫島克駿池添学栗東
714キャットコイン牝454.0柴山雄一二ノ宮敬美浦
815ルージュバック牝456.0戸崎圭太大竹正博美浦
816シュンドルボン牝554.0吉田豊矢野英一美浦


なるほど。

「えっ?!」

月曜日に挙げた5頭の内、バウンスシャッセとリラヴァティの2頭が出走しない・・・。
まぁよくあることです^^;

月曜日の予想、
前述したペース、確定したハンディキャップを中心に予想をしていきましょう。

斤量別成績
(過去10年分のデータ)

49.5~51kg (0-2-0-18)
51.5~53kg (4-3-4-47)
53.5~55kg (2-6-2-43)
55.5~57kg (4-0-3-21)

なるほど、53キロ以下の軽ハンディがしっかり馬券に絡んでいますね。
ハンディキャップといっても、そのハンディを活かせないレースが多々ある中で、中山牝馬ステークスは、ハンディを活かした競馬ができるということですね。

50キロのヴィルジニア~56キロまでのハンディですかφ(..)メモメモ

スローペースで、ヴィルジニアが先行したら万が一のことがあるかもしれないですね。
すでに「よだれ」とアドレナリンが出てきました^^;

51.5キロ以上の斤量で馬券に絡んでいる頭数には大きな差が無いので、月曜日にも言いましたが、まさにハンディキャップの醍醐味を堪能できそうです!

決めました!

スローペースで前目優勢⇒中荒れ~大荒れと予想します!
もちろんそうなると単勝オッズ3倍以下になるルージュバックは切ります!

高配当を狙うので今回は6頭の選出をします。
堅実に!と考える方は、ルージュバックから、注目馬への馬単が良いかもしれません。

実績で言えば、オッズが示す評価で間違いありません。

しかし、私の予想通りスローペースでレースが運んだら・・・

「ゲキアツ!!」
最近パチンコの激熱演出が、あまり熱くないという話を聞きますが、
私の知ったことではありません!

もう一度言わせてもらいます!
「キリン柄!!!」

それでは、注目馬の紹介をさせて頂きます^^;

注目馬1
☆ウインリバティ
ウインリバティが鼻を切り、スローペースのレースになった場合、後方から差し・追い込み勢は分が悪いレースとなります。

3歳の時のチューリップ賞、2年ぶりの重賞である前走のエリ女、共に馬券に絡むことはありませんでしたが、ペースさえ自分で作れれば馬券圏内の可能性は高いと思います。

注目馬2
△ハピネスダンサー
ハピネスダンサーも、過去4回の重賞で馬券に絡んだことはありませんが、前走の小倉大賞典では4番人気5着と、力があることを証明してくれました。

1着は難しいと個人的には思いますが、前目の競馬が出来ればオッズ的にも美味しく、相手馬に入れておく必要がある馬です。


△クインズミラーグロ
月曜日の注目馬で1頭目に挙げさせてもらい、ハンディ次第では・・・
と記載しましたが、53キロと理想のハンディではありませんが、大きなマイナス要素にはなりません。
直近の二走ともスタートが悪く、本来の力は発揮できていませんが、騎手も蝦名騎手に乗り替わり好評価。
中団の競馬が出来ればチャンスはあります。

注目馬4
▲アースライズ
前走の愛知杯で馬券に絡んでいます。
そのためルージュバックに続く人気となりそうですが、直線でスピードを活かせる馬です。
後方からの競馬ではなく中団で競馬をするタイプなので、ルージュバックよりも前でアクションできると思います。
アースライズはきっと届きます!

注目馬5
〇シングウィズジョイ
先頭を切る馬の筆頭に挙げましたが、前走も2番手で競馬をしていました。
これまでも先頭でレースを引っ張った経験が無いので、恐らくウインリバティのスローペースの2番手で追走することになります。

前走のターコイズSが1着だったための人気と、55キロというハンディが馬券の旨みを薄めますが、しっかり抑えるべき馬です。


さて、最後に「注目穴馬」ですが、
中山牝馬ステークスを予想する人が、絶対に見落としてはならない馬を紹介します。
注目穴馬1

◎リーサルウェポン
名前の通り「最終兵器」です!
愛知杯組のローテーションとは異なり、京都牝馬ステークスを経由しての出走となります。
愛知杯では2着と、愛知杯組で最も良い順位です。
京都牝馬で10着となったことから、このレースでの信憑性を疑われています。
斤量も愛知杯の時と比べ1キロ増の51キロ!
 
京都牝馬の恩恵を受け、どう考えても美味しい馬券になりそうです。


うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る