武蔵野ステークス

東京11R武蔵野ステークス(GⅢ・ダート1600m)
◎12 フィールザスマート
○01 エアハリファ
▲16 ロイヤルクレスト
☆04 レッドアルヴィス
△05 キョウワダッフィー

昨年はベルシャザールがこのレースを勝ちジャパンカップダートを制覇。今年は左回りの中京でのチャンピオンズカップの前哨戦となった為、同じ左回りのレースとして近年以上に注目していきたい一戦。前哨戦とは言え前走で1着だった馬の活躍が目立つのもこのレースの特徴の一つ。近5年で毎年必ず馬券の対象となっている。前哨戦ながら勢いのある馬に注目してみるのも一つの手。前走1着で出走してくる馬は今年3頭。エアハリファ、フィールザスマート、ロイヤルクエストの3頭。

3頭とも面白い存在だが中でも注目したいのが過去10年で勝率、連対率、複勝率トップの3歳馬である◎フィールザスマート。ジャパンダートダービー3着の実績は立派だし、何より休養明けだった前走がとにかく強かった。中盤ラップが全く緩まずかなりタイトな流れで底力が問われる展開だった中、久々で戸惑いと見せながらの追走だったにも関わらず力で捻じ伏せ、春からの成長を窺わせるには十分なレースぶりだった。これで東京マイルで3連勝。まだ仕上がり途上も途上だった新馬戦を除けばパーフェクト。また、ジャパンダートダービーで先着したランウェイワルツが先週のみやこステークスで2着。このことからも古馬オープン馬との力関係は互角かそれ以上と見て良い。間隔が詰まっているが中1週でも精力的な追い切りをこなしており、さほど気にする必要はない。まだまだ伸びシロもあり軸で狙う価値は十分ある一頭だ。

対抗には○エアハリファ。この馬も東京マイルは2勝2着1回のパーフェクト。しかも前走は強敵のベストウォーリアを撃破してのもの、しかも良馬場でタイムも1分34秒6なのだから価値は十分と見て良い。まさに今が充実期と言って過言ではないだろう。これまで間隔をあけて出走してきた場合でもしっかりと結果を残しており、久々は苦にしないタイプ。1番枠で隣が先行馬のカチューシャと厳しい枠に入ったのは不運だが、力通りならここでも勝ち負けになる。

単穴に▲ロイヤルクレスト。北海道での2戦が他馬を手玉に取るかのような完璧な連勝。一頓挫ありエルムステークスは自重したが、放牧から帰厩後は意欲的な追い切りを消化しており、ここへ向けキッチリと仕上げられた。東京マイル戦も5走前に準オープンで楽に逃げ切りを決めており、全く問題ない舞台。さらに今回のメンバーでは楽に先手も奪えそうで一発も警戒したい一頭。

あとはもう一頭の3歳馬☆レッドアルヴィス、穴にダートでは複勝率100%の△キョウワダッフィーまで押さえる。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る