マーメイドステークス

阪神11Rマーメイドステークス(GⅢ・芝2000m)
◎01 ウエスタンレベッカ
○09 フーラブライド
▲02 フロアクラフト
△04 サトノジュピター
×11 アイスフォーリス

ひと筋縄では収まらない牝馬限定のハンデ戦。毎年のように人気薄が飛び込んできて万馬券が連発。ハンデ戦になってからの過去8年で、1番人気は1勝と3着が1回のみと、全く信頼できない状況だ。

この背景には、阪神の内回り2000mという舞台も大きく影響していることだろう。

通常、牝馬はスピードと切れ味を武器に出世してくるタイプが多いのだが、この舞台ではそんなものはあまり役に立たない。

力の要る阪神の馬場に耐えられるパワー、そして2000mの内回りを器用に走れる先行力とスタミナが求められる舞台。それがこのマーメイドSなのである。

これまでのレースとは違う要素を求められる舞台のため、実績というものがあまりアテにならない典型的なパターンであり、ましてここは、斤量差が大きいハンデ戦。分析力よりも、思い切った妄想が時に大きな配当をもたらす穴党専門のレースと言っていいだろう。

注目は2階級格上挑戦の上、前走はダート戦だった◎ウエスタンレベッカ。決め手よりも先行力と粘り強さが売りのタイプで、京都戦が続いたここ数戦は適性が合わなかっただけ。力の要る阪神では同舞台となる内回り2000mで勝っているし、中京の愛知杯でも今回人気のフーラブライドに0秒3差の5着。当時は共に50キロと斤量差がなかったが、4キロ差をもらった今回は逆転も可能とみている。経済コースを走れる1枠1番を引き当て、スローペースになりそうなメンバー構成。一発の魅力十分とみているがどうだろう??

フーラブライドはこれまで人気になってきたタイプとは違い、タフな条件に強いパワー型の牝馬。抜けて背負わされた56キロが心配だが、やはり馬券には入れておきたいところ。

フロアクラフトも1000万クラスの身になるが、オークス5着のスタミナ型で、先行力も兼備。

サトノジュピターは前走馬体減が響いただけに、今回も輸送がカギになるが、中山を得意とするタイプで阪神の内回りは好相性。力は見劣らないはずだ。

×アイスフォーリスもまたタフさが売りの牝馬。オークス3着の実績があり、ここへ来て一時のスランプから脱した印象で、おもしろい存在となろう。

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る