レパードステークス

新潟11Rレパードステークス(GⅢ・ダート1800m)
◎5 エピカリス
○13 ノーブルサターン
▲6 スターストラック
☆14 テンザワールド
レースの見どころ
中央競馬で数少ない3歳ダート戦のレパードステークスが始まるわ!

ダート路線の登竜門であるこのレースに1番人気で挑むのはエピカリス

春に注目されたヒヤシンスステークス(OP)で見事人気に応えた馬で、その後は3歳にして海外遠征をしていたのよね。

G3に昇格した6年前からのデータで、1番人気の複勝率は100と驚異の数字を出しているわ。


2番人気が期待されていたアディラートは、取り止めになったのね。

事前予想で切ってはいたけど、ヒヤシンスステークスのリベンジを期待していた人も多かったと思うから、残念ね…。


データからみた今年の予想は、エピカリスを頭に馬単3に絞ったわ!


まずは、確定した枠順を見てちょうだい。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11タガノグルナ牡356.0江田照男大根田裕栗東
22ローズプリンスダム牡356.0木幡巧也畠山吉宏美浦
23イブキ牡356.0北村宏司奥村武美浦
34タガノカトレア牝354.0菱田裕二岡田稲男栗東
35エピカリス牡356.0ルメール萩原清美浦
46スターストラック牡356.0津村明秀栗田博憲美浦
47トラネコ牡356.0武豊堀井雅広美浦
58シゲルコング牡356.0柴田大知松永康利美浦
59サルサディオーネ牝354.0吉田豊羽月友彦栗東
610テイエムアンムート牝354.0柴田善臣柴田光陽栗東
611ブライトンロック牡356.0田中勝春田中清隆美浦
712ハルクンノテソーロ牡356.0大野拓弥高木登美浦
713ノーブルサターン牡356.0鮫島良太牧浦充徳栗東
814テンザワールド牡356.0岩田康誠大久保龍栗東
815タガノディグオ牡356.0川島信二宮徹栗東

予想に入る前に月曜日に紹介したデータをおさらいしてもらうわね。

■前走クラス別成績
・前走G3とOP特別は、前走と当日が共に上位人気の馬
・前走1000万下は、前走勝った
・前走500万下は、前走先行以上で勝った馬(今回も逃げが理想)
・前走地方は、5着以内だった馬

■前走着順別成績
前走クラス別成績を活かす

■キャリア別成績
イブキ・シゲルコング・タガノカトレア・テイエムアンムート・トラネコは切り!

■馬体重別成績
大型馬で有力な馬がいなければ、頭には460~499kgの馬で決め打ち


それじゃ、G3に昇格した過去6年分のデータを使って、相手を絞り込んでいくわよ!

まずは、当日の人気別成績から。

当日人気別成績
当日人気別成績

伝えている通り、1番人気の複勝率は100

エピカリスは軸として安心できるデータになったわね。

ただ、永久的に100%であり続けるという保証はないから、エピカリスを対抗に置くっていうのも考え方としてはありね。


最近のレースでは、宝塚記念(G1)では絶対的な人気だったキタサンブラックがまさかの9着だったこともあるわ。

後ろに2頭しか残っていなかったというレースは、記憶に新しいところね。

私は1着固定で考えるけど、判断はそれぞれに任せるわ。


…本題は、人気別の成績だったわね。

上位人気の馬ほど馬券に絡んでいるのがわかるわね。

ただ、6番人気以降でも馬券に絡んでいる馬が5頭いるから、共通点がないか調べてみたの。

ちょっとこれを見てちょうだい。

2016年
レガーロ(6番人気3着)
前走:地方G2で3番人気4

2015年
タマノブリュネット(11番人気3着)
前走:地方のスパーキングナイトチャレンジで1番人気1

2014年
クライスマイル(7番人気2着)
前走:500万下条件で1番人気1

2014年
ランウェイワルツ(9番人気3着)
前走:ジャパンダートダービー(地方G1)で3番人気5

2011年
タナトス(12番人気3着)
前走:地方のバルーンカップで1番人気1


この5頭の共通点は、前走で3番人気以内の支持をされ掲示板に残ったということね。

さらに細かく分けると、地方重賞以外では1番人気1が必須ね。

サンチェサピークが該当していたんだけど、出走できなかったようね…。


次は、脚質別成績。

脚質別成績
脚質別成績

この時期の3歳馬のレースだから、前残りという結果も当然と言えるかもしれないわね。

そもそも、ダート自体に先行馬有利という特徴があるけど、体が完成していないこの時期だと直線で差を埋めるのは至難の業なのよね。

でも、差し馬・追い込みで6頭が馬券に絡んでいるから、どんな馬だったのか調べてみたわ。

そうしたら、人気別成績で紹介した共通点と類似したものが見つかったの!


■差し馬

2016年
レガーロ(6番人気3着)
前走:地方G2で3番人気4

2012年
ナムラビクター(3番人気2着)
前走:御嶽特別(1000万下)で2番人気1

2011年
ボレアス(1番人気1着)
前走:ジャパンダートダービー(地方G1)で4番人気2

■追い込み馬

2015年
タマノブリュネット(11番人気3着)
前走:地方のスパーキングナイトチャレンジで1番人気1

2014年
ランウェイワルツ(9番人気3着)
前走:ジャパンダートダービー(地方G1)を3番人気5

2012年
イジゲン(1番人気3着)
前走:彦星賞(1000万下)を1番人気1


この5頭の共通点は、前走で5番人気以内の支持をされ掲示板に残ったということ。

重賞以外でいうと、2番人気以内で1って感じね。


これまでのレースを基に、今回のレースで差し・追い込みとなりそうな穴馬はいないみたいね。

と言うことは、逃げ・先行馬を中心に、上位人気の差し・追い込みを抑えるって感じの買い方になるわね。


最後は、所属別成績よ。

所属別成績
所属別成績

関西馬の方が好成績なのね。

かと言って、関東馬が馬券に絡んでいないわけではないわ。
どんな関東馬が馬券に絡んできたか調べてみたわよ。


2014年
アジアエクスプレス(1番人気1着)
前走:ユニコーンステークス(G3)で1番人気12

2016年
グレンツェント(2番人気1着)、
前走:ユニコーンステークス(G3)で3番人気3

2014年
クライスマイル(7番人気2着)
前走:500万下で1番人気1

2012年
イジゲン(1番人気3着)
前走:彦星賞(1000万下)で1番人気1

2015年
タマノブリュネット(11番人気3着)、
前走:スパーキングナイトチャレンジ(地方)で1番人気1


前走のクラスに関わらず、3番人気以内だった馬だったってことね。

関東馬で前走3番人気以内だったのはスターストラック

相手に押さえておいた方が良いかもしれないわね。


それじゃ、ここまでのデータを基にレパードステークスの印を紹介するわ。

これまでに伝えた通りエピカリスは鉄板、有力馬を外した馬単相手3で決めるわよ!


◎エピカリス

ノーブルサターン

スターストラック

テンザワールド


1頭ずつ紹介していくわね。

本命
エピカリス(牡3)
【前走:UAダービー(海外G2)2着】

怪物と言われ、これまで5戦4勝、連対率100の実力馬。

前走アメリカのベルモントステークス(G1)では、レース前に釘を踏んでレースを取り止めたのよね。

そこで勝っていたら単勝オッズが1.3倍以下になっていたでしょうね。


春に行われたヒヤシンスステークス(OP特別)でアディラートとの戦いを勝ち、国内全勝のまま海外遠征へ。

このレースも通過点に過ぎないから、無難に勝つでしょうね。

マークはされるし先行勢が多いけど、どんな勝ち方をするかが見物。

おそらく流して、ぶっちぎりになると思うから頭固定をおすすめするわ!


エピカリスの力を魅せつけるためのレース
おそらく2着は横一線に広がり混戦!
データから連対する3頭をピックアップしたわ!!



対抗

ノーブルサターン(牡3)
【前走:ジャパンダートダービー(地方G1)5着(8番人気)】

前走ジャパンダートダービーを逃げて5着。

2走前も兵庫チャンピオンシッップ(地方G2)で2着。

ここ2戦で、大外枠に入ったタガノディグオに連敗しているのよね。

でも、その2走よりも距離が短い今回は先着できると思うわ。

特に逃げ・先行に分があるこのレースでは、より有利になると思うの。


今回逃げ馬は3頭。

この馬かタガノグルナサルサディオーネだけど、スタミナ面を考えるとノーブルサターンがペースを作ると思うの。

2着馬は混戦になると思うけど、スタミナの差で僅差の2ってイメージね。

データでも逃げ馬の連対率は50と高いから、しっかり押さえておきたいわ。



単穴

スターストラック(牡3)
【前走:檜山特別(1000万下)1着(3番人気)】

所属別成績で紹介したけど、結果では不利な関東馬で、馬券に絡みそうな馬として紹介したわね。

新馬戦では1番人気になったものの、結果は6着と期待に応えられなかったの。

その後も未勝利を抜けだすのに3戦、500万下条件でも二桁人気が続いていたわ。

でも、ここ2戦で条件戦を連勝、調子が上向いていると言えるわ。


これまでの実績馬と、急激に成長する馬が交差するこの時期。

もっとも調子が上向いているこの馬には注意が必要。

スタミナがある方ではないけど、二桁人気なら買いの一手しかないわよ!



注目穴馬

テンザワールド(牡3)
【前走:濃尾特別(1000万下)1着(2番人気)】

今回はデータにあった逃げ・先行で固め打ち!

特にこのレースでは前目で走る馬が多いから、直線で後方馬は不利になると思うの。

そのためタガノディグオハルクンノテソーロと言った、有力馬は届かないと判断したわ!


スターストラックのところでも話したけど、このテンザワールドも直近2戦の条件戦を連勝している調子が良い馬。

しかも、スタミナを考えるとスターストラックよりも上位に来る可能性が高いわ。

430kg前後と小さめの馬だから、以前は1200~1400mを走っていたの。

でも、ここ3戦で距離を伸ばしてみた結果、この距離でも通じることが分かったわ!


前目で走る馬の中では、エピカリスに次ぐ人気。

相手は3頭だけど、この馬単は厚めに買うわ!




2017的中実績


 
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る