レパードステークス

新潟11Rレパードステークス(GⅢ・ダート1800m)
◎3 ヨシオ
○5 ケイティブレイブ
▲6 グレンツェント
☆10 コパノリスボン
△7 ピットボス
△2 ネクストムーブ
日曜日に新潟競馬場で行われる3歳ダート重賞、レパードステークスの直前予想をしていくわよ。

この夏の暑さのような白熱したレースを期待したいわね~!
 
枠順が決まったから見てちょうだい。
 
競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11レガーロ牡356.0田辺裕信大久保龍栗東
22ネクストムーブ牡356.0M.デム清水久詞栗東
33ヨシオ牡356.0石橋脩森秀行栗東
44エネスク牡356.0丸田恭介和田雄二美浦
45ケイティブレイブ牡356.0武豊目野哲也栗東
56グレンツェント牡356.0戸崎圭太加藤征弘美浦
57ピットボス牡356.0内田博幸清水久詞栗東
68ラテールプロミーズ牡356.0吉田豊田村康仁美浦
69フォースリッチ牡356.0田中勝春加藤征弘美浦
710コパノリスボン牡356.0大野拓弥村山明栗東
711オーシャンビュー牡356.0嘉藤貴行伊藤伸一美浦
812マイネルバサラ牡356.0柴田大知松山将樹美浦
813グランセブルス牡356.0石川裕紀森秀行栗東

重賞からの参戦、古馬と戦っての参戦、500万をキッチリ勝ってからの参戦と好メンバーが揃った印象があるわ。
 
予想に入る前に月曜日に出したデータをまとめるわ。
 

■前走クラス別成績
G1(ジャパンダートダービー)から出走した馬が最多の4勝。
次は1000万下から参戦した馬ね。
 
■前走着順別成績
1着馬もしくわ2着馬が多く馬券に絡んでいる
 
■前走人気別成績
前走で1番人気に支持された馬が最多の4勝を挙げている

 
と言うのが月曜に出したデータだったわね。

ここからは、新しいデータを使って予想をして行くわ。

以下のデータは、レパードステークス過去7年分のデータになるわ。
 
まずは、人気別成績。
人気成績
ninki
 

レパードステークスの人気を見てみると、1番人気に支持された馬の勝率が71%で連対率は100%と、とても素晴らしい成績を残しているわ。

2番人気の馬も連対率が57%と、とても高い数字を残しているわ。

これだと、無理に穴馬を探すより人気馬を中心に据えた方が良さそうね。
 
私が思う人気順はこれよ!
 
ninki 
 
これだと、ケイティブレイブに逆らう訳にはいかなそうね。

だからって、本命とは限らないわよ!!
私の予想を見ている人は分かるでしょ・・・私がひねくれ者だってことは!!
 
あぁ、あの馬が怪しいわねぇ・・・。
 
次は間隔別成績よ!
間隔別成績
間隔
 

これは前走からレパードステークスまでの出走間隔別成績なんだけど、勝ち馬全てが前走から短い間隔で使われているのよね。

前走から3週、4週で合わせて4頭の勝ち馬がいるし、長くても9週間。
 

前走から10週以上間隔を開けて出走して来た馬は2着1回と不振ね。

間隔が開いているから疲れもない状態で出走して好走するかと言えば一概にはそうとは言えないようね。

むしろ、短い間隔の方が馬を仕上げやすくリスクが少なくレースに臨めるのがこの成績に繋がっているのね。
 
【前走から9週以内】
・エネスク(2週)
・オーシャンビュー(6週)
・グレンツェント(7週)
・ケイティブレイブ(3週)
・コパノリスボン(6週)
・ピットボス(7週)
・フォースリッチ(2週)
・マイネルバサラ(7週)
・ヨシオ(4週)
 
【前走から10週以上】
・グランセブルス(13週)
・ネクストムーブ(10週)
・ラテールプロミーズ(11週)
・レガーロ(13週)
 
それじゃ、これらを踏まえて私の印を発表するわ!
 
◎ヨシオ
 
○ケイティブレイブ
 
▲グレンツェント
 
△ピットボス
 
△ネクストムーブ
 
コパノリスボン
 
 
じゃ、1頭ずつ触れて行くわ。
 
本命
ヨシオ
【前走:尾頭橋特別6着(4番人気)】
 
既に21戦を消化しているタフガイな馬なんだけど・・・とは言え内10戦で3着以内に入っているの。
 
父はアメリカ生まれのヨハネスブルグで産駒の傾向としては“ダートの中距離”。


このヨシオはこれまで1200m~1400mと短い距離を中心に走っていて1600m以上のレースに走るのは今回が初めてなんだけど、距離関して私は向いていると思っているの。
 
ここ2戦は古馬に交じって好走しているから、同世代のレースなら一発穴を開けてもおかしくないわ!
 

対抗
ケイティブレイブ
【前走:ジャパンダートダービー2着(3番人気)】
 
2走前の兵庫チャンピオンシップを逃げて勝ち、前走のジャパンダートダービーも逃げて粘りを見せていたんだけど、直線半ばでキョウエイギアに差され4馬身差を付けられて2着。
 
前半1000mを61.8の少し早いペースが最後伸びあぐねた原因でしょうね。

それでも、2着は確保しているしユニコーンステークス1着・2着馬を負かしたんだから力はあるわ。
 

ただ、前走みたいにマークされると厳しくなることが考えられるから対抗としたわ。
 

単穴
グレンツェント
【前走:ユニコーンステークス3着(3番人気)】
 
前走のユニコーンステークスは、2着のストロングバローズから3馬身差を付けられたけど、後方で待機していた馬の中では唯一掲示板を確保したの。

直線で外に持ち出すとそこから見せた伸び脚は素晴らしいものだったわ。
 
展開的にも先行馬に有利だったし、それを考えればこの馬も結構な力を持っているわ。


 距離も前走の1600mより今回の1800mの方がいいから上位争いは十分可能よ。 
 

連下
ピットボス
【前走:ユニコーンステークス4着(6番人気)】
 
前走のユニコーンステークスは、勝ち馬をマークしながらレースを運べる絶好の展開だったんだけど、直線では伸びきる事が出来ずグレンツェントにも差されて4着。
 

ダート1600mの成績は【0-1-0-1】に対し1800mのダート成績は【2-0-1-1】とグンと成績が良くなるの。
 
今回のレパードステークスは1800mだから、前走よりも上位に迫れる走りが出来るわよ!
 

連下
ネクストムーブ
【前走:500万下1着(1番人気)】
 
今年3月にデビューしてこれまで3戦2勝。
前走は逃げに出て3馬身半の完勝!!
 
前走こそハナに行ったけど、それまでは前の方でレースが出来ているし無理して逃げる必要もないわ。

ケイティブレイブがハナに立つから、それを見ながらレースを出来るのはプラスになるわ。
 

間隔別データを見れば、勝つまでは難しいけど3着までなら入れる可能性は高いわ。

 
上位人気が圧倒的に強いレパードステークス。
その上位人気馬に対抗できる穴馬をエビコは見つけた。
あの馬の後継者に名乗りを上げるその馬とは・・・

 
注目穴馬

☆コパノリスボン
【前走:500万下1着(6番人気)】
 
父ゴールドアリュール、母父アグネスデジタルとどちらもダートで活躍した種牡馬なの。

その血を引くコパノリスボンは、これまで短距離を中心にレースを選択されていたけど、血統的には中距離があっていると思うのよ。
 
1200mの前走は勝つには勝ったけど、前に行った馬のスピードに付いていくのに苦労をしていたし、ゆったりレースを運べる今回の方が条件的には圧倒的に良いはず。
 
オーナー:小林祥晃さん、調教師:村山明さん、父:ゴールドアリュール
と来れば、今の日本ダート界でトップにいるコパノリッキーと同じなの。

是非、コパノリスボンは、ここを勝ってコパノリッキーの後継者に名乗りを上げてほしいわ!!



実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る