共同通信杯

東京11R共同通信杯(GⅢ・芝1800m)
◎03 アヴニールマルシェ
○08 ドゥラメンテ
▲01 リアルスティール
☆11 ダノンメジャー
△02 ティルナノーグ

クラシックに直結する重要な一戦として定着している当レース。2012年の勝ち馬であるゴールドシップはG1皐月賞、G1菊花賞の二冠を制覇。2着のディープブリランテはG1日本ダービーに勝っている。また、昨年はこのレースを制したイスラボニータが、皐月賞に直行して快勝。春の勢力図を占うレースとなることは間違いない。

◎アヴニールマルシェは新馬戦を勝って臨んだG3新潟2歳Sで2着に入ると、G3東京スポーツ杯2歳Sでも2着と世代上位の力を示している。前走は馬群が密集してなかなか進路が見つからなかったものの、狭いところをこじ開けて猛追。非凡な勝負根性を発揮した。スタートで後手を踏んでいた2戦から進歩を見せたことも成長の証と言える。祖母はG1桜花賞を圧倒的なスピードで制したキョウエイマーチで、父がディープインパクトという良血馬。これまで、東京芝1800メートルで2戦1勝2着1回とコース適性も高く、重賞タイトルを獲得して春のクラシックに挑みたいところだ。

○ドゥラメンテは新馬戦こそ2着に敗れたが、そのうっ憤を晴らすように未勝利戦を6馬身差で快勝。500万下のセントポーリア賞でも鞍上がほぼ持ったままの状態で後続に5馬身の差をつけた。勝ちタイムの1分46秒9は優秀で、重賞級の器であることは明らか。ただ、ゲートで立ち上がる面があり、スタートが遅れる不安要素もある。一戦一戦、学習しているとはいえ、中1週のローテンションだけに、当日の落ち着き具合を見極める必要がある。

▲リアルスティールはデビュー前から調教の動きが良く、評判となっていたディープインパクト産駒。その期待に違わず、スローペースでも掛かることなく折り合い、直線で追い出されると上がり33秒3の末脚を繰り出して先頭でゴールを駆け抜けた。まだキャリアが浅く、初の長距離輸送などクリアしなければならない課題はいくつもあるが、それらを差し引いても魅力のほうが上回る。この10年で新馬戦直後に馬券に絡んだ馬はいないが、潜在能力の高さから考えれば、上位争いをしてもおかしくはない。

☆ダノンメジャーは新馬戦とオープン特別の野路菊Sを連勝。G3京都2歳Sはベルラップの決め手に屈したが、2着を確保した。1番人気で出走した前走のホープフルSで9着となり、初めて連対を外したが、3~4コーナーで外を回ったロスが響いたもの。広い東京コースならば、長くいい脚を使うこの馬の持ち味が十分に発揮できる舞台設定だ。

△ティルナノーグは無傷の2連勝が評価されて1番人気に推された京都2歳Sでよもやの7着。続くホープフルSも10着と期待を裏切っているが、前走は外枠で終始、外を回らされたことが敗因。直線ではグングンと差を詰めていただけに、まだ見限ることはできない。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る