京都金杯

京都11R京都金杯(GⅢ・芝1600m)
◎1 ブラックスピネル
○6 エアスピネル
▲9 ダイシンダンサー
☆11 ダンツプリウス
△18 ガリバルディ
△14 アストラエンブレム
レースの見どころ
毎年恒例最初のW重賞の1つ、京都金杯の直前予想をしていくわよ。

もともと金杯は東西両方とも2000mで行われていたけど、短距離路線の充実を図るために2000年からマイルに短縮されたの。
 
マイルに短縮されてからは、キョウエイマーチダイタクリーヴァハットトリックダノンシャークと言ったG1で活躍した馬や、後のG1馬がこのレースを勝っているのよ。
 
モーリスが引退して手薄になったマイル戦線、活躍出来そうな馬が出走して来て面白いメンバーが揃ったんじゃないかしら。
 
その中で1番期待を掛けられているのはエアスピネル

昨年のクラシックで皐月賞4着→ダービー4着→菊花賞3着と全てで高い能力を示した馬が、久々のマイルに参戦。

今後のマイル路線で中心になるためにも、負けられない1戦ね。
 
他では、マイルG1で2着が2回あるフィエロ
母に秋華賞馬のブラックエンブレムがいるアストラエンブレム

昨年の中京記念を制したガリバルディ、極上の切れ味を持ったブラックムーン、チャレンジカップを制したマイネルハニーなど面白いメンバーが揃ったわね。


それじゃ、出走馬の枠順を見てちょうだい。
 
競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ブラックスピネル 牡4 55.0 福永祐一 音無秀孝 栗東
1 2 ケントオー 牡5 56.0 和田竜二 西橋豊治 栗東
2 3 アルマディヴァン 牝7 53.0 池添謙一 高橋文雄 美浦
2 4 ブラックムーン 牡5 56.0 浜中俊 西浦勝一 栗東
3 5 フィエロ 牡8 57.5 フォーリー 藤原英昭 栗東
3 6 エアスピネル 牡4 56.5 武豊 笹田和秀 栗東
4 7 テイエムタイホー 牡8 56.0 幸英明 鈴木孝志 栗東
4 8 ペイシャフェリス 牝6 53.0 秋山真一 高市圭二 美浦
5 9 ダイシンダンサー 牡6 55.0 岩田康誠 須貝尚介 栗東
5 10 テイエムイナズマ 牡7 56.0 古川吉洋 福島信晴 栗東
6 11 ダンツプリウス 牡4 55.0 丸山元気 山内研二 栗東
6 12 ミッキージョイ 牡5 55.0 横山典弘 萩原清 美浦
7 13 ピークトラム 牡6 56.0 シュミノ 橋口慎介 栗東
7 14 アストラエンブレム 牡4 54.0 M.デム 橋口慎介 栗東
7 15 マイネルハニー 牡4 56.0 柴田大知 栗田博憲 美浦
8 16 サクラアドニス 牡9 52.0 高倉稜 村山明 栗東
8 17 ムーンクレスト 牡5 55.0 藤岡佑介 本田優 栗東
8 18 ガリバルディ 牡6 57.0 ルメール 藤原英昭 栗東


まず、枠番別成績を見てもらうわ。
 
枠番別成績
 
このデータを見るとかなり顕著な数字が出ていて、外枠に行くほど成績が落ちているのが分かるわ。
 
特に、4枠までに入った馬の成績が良くて連対率で15%を超える高い数字をマークしているわ。
 
内枠は人気の有無に問わず馬券に絡んでいる傾向にあるから、オッズに惑わされないように注意が必要よ。
 
まずは、事前予想で出したデータをまとめるわ。
 
【前走クラス別成績】
前走OP特別組を頭にすると旨みある馬券に
 
【前走距離別成績】
「前走同距離」もしくは「1800mからの短縮組」が狙い目
 
【前走着順別成績】
「前走で6~9着に負けている馬の巻き返し」に注意
 
【前走人気別成績】
頭で狙って面白いのは「前走4~9番人気」の馬
 
ここからは、新しいデータを使って予想して行くわ。

以下のデータは、過去10年分のデータになるわ。
 

人気別成績を見ていくわ。
人気別成績
人気別成績
 
上位人気で決まりやすい中山金杯とは対照的に、伏兵の台頭も十分にあるレースと言えそうよ。
 
1番人気の成績が過去10年で1勝とかなり心許ない成績よね。
 
今年の1番人気は間違いなくエアスピネル。

単勝オッズは1倍台に入ると私は考えているけど、過去30年分のデータの中で単勝オッズが1倍台になった馬が2頭いるのよ。
 
・2002年:ダイタクリーヴァ(1.7倍)1着
 
・2005年:ハットトリック(1.6倍)1着
 
で、どちらも勝って人気の応えているんだけど、この2頭に乗っていたのは『武豊騎手』なの。

もし、エアスピネルが単勝オッズで1倍台になると勝利は近くなるわね。
 
ちなみに、最後の1番人気で勝ったのが2013年のダノンシャーク
 
これが、私の予想した人気よ。
 
人気予想
 

次は、脚質別成績
 脚質別成績
脚質別成績
 
これは、かなり極端なデータね。
 
通常の京都開催のマイルでは、ディープインパクト産駒の天下になるんだけど、このレースは様相が違いそうね。
 
もちろん差し馬ならディープインパクト産駒が来るんだけど、前に行くタイプの馬であれば持続力に優れた馬がおすすめよ!
 
【逃げ】
・マイネルハニー
・ミッキージョイ
 
【先行】
・ブラックスピネル
・エアスピネル
・テイエムタイホー
・ペイシャフェリス
・ダンツプリウス
・ピークトラム

 
【差し】
・ケントオー
・アルマディヴァン
・フィエロ
・ダイシンダンサー
・テイエムイナズマ
・アストラエンブレム
・ムーンクレスト
 
【追込】
・ガリバルディ
・ブラックムーン
・サクラアドニス
 

次は、斤量別成績
斤量別成績
斤量別成績
 
ハンデ戦では重要な斤量別成績だけど、53.5㎏〜57㎏の馬たちの好走が目立つわ。
 
今年のメンバーで最も重い斤量を背負わされるのは、フィエロの57.5㎏。
それに対してクラシックで好走して来たエアスピネルの56.5㎏は、お得な感じがしてならないわね。
 
51.553㎏】
・アルマディヴァン
・サクラアドニス
・ペイシャフェリス
 
53.555㎏】
・アストラエンブレム
・ダイシンダンサー
・ダンツプリウス
・ブラックスピネル
・ミッキージョイ
・ムーンクレスト
 
55.557㎏】
・エアスピネル
・ガリバルディ
・ケントオー
・テイエムイナズマ
・テイエムタイホー
・ピークトラム
・ブラックムーン
・マイネルハニー
 
57.5㎏】
・フィエロ
 
それじゃ、データをまとめるわ。
 
【前走クラス別成績】
前走OP特別組を頭にすると旨みある馬券に
 
【前走距離別成績】
「前走同距離」もしくは「1800mからの短縮組」が狙い目
 
【前走着順別成績】
「前走で6~9着に負けている馬の巻き返し」に注意
 
【前走人気別成績】
頭で狙って面白いのは「前走4~9番人気」の馬
 
【人気別成績】
上位人気馬の成績は振るわず、伏兵が台頭して来る
 
【脚質別成績】
逃げ・先行と言った前に行けるスタミナタイプの馬が強い
 
【斤量別成績】
極端に軽いとか重い馬は、力がない限り勝ち負けは厳しい
 
これらのデータと、各馬のレース内容を踏まえた私の印を発表するわ。
 
◎ブラックスピネル
 
○エアスピネル
 
▲ダイシンダンサー
 
△ガリバルディ
 
△アストラエンブレム
 
ダンツプリウス
 
それじゃ1頭ずつ触れて行くわ。
 
本命
ブラックスピネル
【前走:チャレンジカップ(G3)5着(2番人気)】
 
今まで12戦して1秒以上離されて負けたことがなくて、それなりに堅実に走れる馬
 
突出した能力があるわけではないけど、末脚は非凡なものがあって堅実に速い上がりを使える馬ね。
最近は後ろから行くレースが続いているけど、先行して勝ったこともあるし、上手く前の方でレースを進められれば勝ち負けも十分可能よ
 
父タニノギムレット、母父アグネスデジタルと2頭共マイルのG1を勝っているから、距離的にも不安はなく大いに期待出来るわ!
 

対抗
エアスピネル
【前走:菊花賞(G1)3着(6番人気)】
 
今年のクラシック全てで掲示板に入って、世代トップクラスの力を持ったエアスピネル。
 
今年に入って、マイル路線を歩むことが決まっていてその緒戦に選んだのがこの京都金杯。
 
2歳時にデイリー杯2歳ステークスを制して以来のマイル戦なるし、力的には抜けているから圧倒的1番人気は濃厚ね。
 
ただ、前走の3000mからの一気の距離短縮はちょっと不安ね・・・。
 
後々は、マイル路線で主役を張る馬になるでしょうけど今回は強くは推せないわ。
 
とは言え、馬の能力を考えればこれ以上印を下げるのは出来ないわ。
 
 
単穴
ダイシンダンサー
【前走:タンザナイトステークス(OP)8着(6番人気)】
 
この馬はオープンに上がってまだ1度も勝っていないけど、大きく負けてもいないのよ。
 
この馬の好走パターンは明確で、ある程度前の方でレースが出来ると上位争いに食い込むことができるの。
 
今回のメンバー構成を見る限り、ある程度前の方でレースが出来ると思うから、先行馬として走れれば面白い存在になると思うわ。
 
私が調教師なら、「絶対、前で!」と言うわ!
 
 
連下
ガリバルディ
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)7着(9番人気)】
 
差し馬の中で1番切れる馬はこのガリバルディよ!
 
中京記念、富士ステークス、マイルチャンピオンシップと、ここ3戦連続で上がり3ハロンでメンバー最速をマーク。
 
マイル戦での切れ味は、いかにもディープインパクト産駒らしいわね。
 
追い込み脚質だから展開の助けが必要になって来るけど、この馬の決め手を出せれば馬券圏内に突っ込んで来てもおかしくないわ!
 
鞍上は久々にルメール騎手が乗るから、新たな一面が出るかもしれないわ!
 

連下
アストラエンブレム
【前走:紅葉ステークス(OP)1着(1番人気)】
 
これまで8戦して、その全てのレースで上がり3ハロンがメンバー3位以内と、確実に速い上がりを使えるのがこの馬の特徴。
 
しかも、中団からじゃなくて前に行って速い脚を使えるの!
 
脚質別でも言ったように、前に行った馬がかなり有利なこのレースで前に行って速い脚を使えるこの馬にとっては合っている舞台だと思うわ。
 
ただ、枠がね…
内枠だったら◎にしたかもしれないけど、7枠だからこの評価に留めたわ…

 

本命と穴馬を両方選ばないと当たらない
中荒れの京都金杯はこの馬の
エビコが指名した最高の穴馬はこの馬だ!


注目穴馬

ダンツプリウス
【前走:紅葉ステークス(OP)1着(1番人気)】
 
昨年の春にアーリントンカップで2着、ニュージランドトロフィーで1着、NHKマイルカップ4着と3歳マイル路線で活躍したこの馬。
 
秋はオープンで古馬に挑んで2戦続けて6着。
共に差し馬に有利の展開だったから着順は仕方ないけど、大きく崩れることなく6着に粘れているのは評価できるわ。
 
この馬の良い所は、並んだら抜かせない勝負根性が素晴らしい所。
 
実績だけなら引けは取らないけど、みんなが見落とす馬。
人気にならないでしょうから高配当が十分期待出来るわ!
 



今週の指数予想



☆サラの京都金杯の予想☆

1年の計は金杯にアリ!

東西の両方の金杯を的中で飾りたいわ〜

両金杯ともにハンデキャップ重賞だから注意しなくちゃいけないわね。

京都金杯の傾向としては、京都競馬が開幕週ということもあって内枠に入った馬が圧倒的に好成績を収めているわ。

内枠だけでじゃなく、京都マイルでは脚質的には逃げ・先行勢が好走傾向だから、内枠の前目ポジションの馬を軸にするのが理想よ。

サラの独自指数が選出した【京都金杯の上位4頭】はこちら


◎4番 ブラックムーン
○6番 エアスピネル
▲15番 マイネルハニー
△11番 ダンツプリウス

もう一頭。
サラの注目馬は【☆7番テイエムタイホー】

昨年の京都金杯で2着と好走して以来、厳しい結果が続いているけど今回は狙い目だと思うわ!

冬馬という点も好材料、中山よりも荒れる京都金杯、わたしはこっちを厚く張るわ!

------------------------------
【京都金杯予想印】

◎4番 ブラックムーン
○6番 エアスピネル
▲15番 マイネルハニー
△11番 ダンツプリウス
☆7番テイエムタイホー

------------------------------


的中実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る