京都2歳ステークス

京都11R京都2歳ステークス(GⅢ・芝2000m)
◎2 ダノンディスタンス
○10 ベストアプローチ
▲9 ヴァナヘイム
☆6 マイネルザウバア
△3 カデナ
△8 プラチナヴォイス
レースの見どころ
土曜日に行われるラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの予想をしていくわ。
 
月曜日にも挙げたけど、過去の勝ち馬からはエピファネイア(菊花賞・ジャパンカップ)ヴィクトワールピサ(皐月賞・有馬記念・ドバイWC)がいるように、毎年出走頭数こそ少ないけど将来可能性のある馬が出走するレースよ。
 
今年も出走頭数は10頭と少なめだけど、来年のクラシックを見据えた厩舎期待の素質馬も複数出走していて、今後を占う意味でも楽しみなレースになりそうだわ。


まず、決定した出走馬の枠順を確認していくわ!

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11エーティーラッセン牡255.0四位洋文木原一良栗東
22ダノンディスタンス牡255.0ルメール佐々木晶栗東
33カデナ牡255.0福永祐一中竹和也栗東
44ソーグリッタリング牡255.0M.デム池江泰寿栗東
55ワンダープチュック牡255.0武豊河内洋栗東
66マイネルザウバア牡255.0アッゼニ小笠倫弘美浦
77アダムバローズ牡255.0藤岡康太角田晃一栗東
78プラチナヴォイス牡255.0和田竜二鮫島一歩栗東
89ヴァナヘイム牡255.0シュタル角居勝彦栗東
810ベストアプローチ牡255.0川田将雅藤原英昭栗東

京都の内回りコースとは言っても、10頭と少頭数だから枠順での有利不利はないと考えて良さそうね。
 
予想に入る前に月曜日に出したデータをまとめるわ。
 
【前走クラス別成績】
前走で新馬戦だった馬が圧倒的に好成績
 
【前走着順別成績】
前走1着馬が圧倒的な成績
 
【前走人気別成績】
前走で1番人気、3番人気に支持されていた馬に注目
 
というものだったわね。
 
ここからは、新しいデータを使って予想していくわ。
 
以下のデータは、過去10年分のものになるわ。


まずは、当日の人気別成績
レース当日人気別成績
人気

人気別成績を見ると、1番人気の馬の勝率が40%、複勝率が90%と非常に好成績を残しているわ。
 
あと気になるところでは、6~9番人気の馬の成績。

2~4番人気辺りの馬と比べても遜色のない成績をおさめているの。

馬券的妙味を考えたらオイシイわ!
 
王道としては、90%の複勝率を誇る1番人気を軸とした3連複ね!

3連単よりも配当の率が高い3連複をオススメするわ。


これが私の予想した人気よ。

人気


次に、前走距離別成績
前走距離別成績
前走距離

過去の勝ち馬10頭のうち、7頭が前走1800mを走った馬。

残りの勝ち馬3頭の前走は2000mと極端なデータになったわね。
 
将来を見据えて秋に始動するような厩舎の期待馬は、中距離の新馬戦を選んでデビューする事が多いから、そういった素質馬が中距離のレースを使われながらここに駒を進めてきて結果を出すということね。
 
ちなみに今年の出走馬はすべて前走で1800~2000mを使われているから、少数だけれども精鋭メンバーが集結しているってことかもしれないわね。

【前走1800m】
・エーティーラッセン
・ソーグリッタリング
・ワンダープチュック
・プラチナヴォイス
・ヴァナヘイム
 
【前走2000m】
・ダノンディスタンス
・カデナ
・マイネルザウバア
・アダムバローズ
・ベストアプローチ


最後は、脚質別成績
脚質別成績
脚質

脚質別に見ると先行馬が最多の5勝を上げているけど、率で言うと差し馬が狙い目ね。
 
怖いのは逃げ馬、過去10頭中半分の5頭が馬券に絡んでいるの。
 
アダムバローズは前走で逃げてはいるけど、その前の2走は逃げてないから純粋な逃げ馬って感じでも無さそうよね。
 
でも2000mの経験があるアダムバローズの逃げが濃厚と考えると、アダムバローズを切るか切らないか?ここは重要になるわ!

【先行】
・アダムバローズ
・ソーグリッタリング
・プラチナヴォイス
・ワンダープチュック
 
【差し】
・ヴァナヘイム
・カデナ
・ダノンディスタンス
・ベストアプローチ
・マイネルザウバア
 
【追込】
・エーティーラッセン

それじゃ、これまでのデータをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
前走で新馬戦だった馬が圧倒的に好成績
 
【前走着順別成績】
前走1着馬が圧倒的な成績
 
【前走人気別成績】
前走で1番人気、3番人気に支持されていた馬に注目
 
【人気別成績】
1番人気に注目も、6~9番人気の馬に要注意
 
【前走距離別成績】
前走で1800~2000mを使われている馬が好成績
 
【脚質別成績】
差し馬が狙い目も、逃げ馬に要注意


これらのデータと各馬のレース内容を踏まえた私の印を教えるわ。

◎ダノンディスタンス
 
○ベストアプローチ
 
▲ヴァナヘイム
 
△カデナ
 
△プラチナヴォイス

マイネルザウバア


それじゃ、1頭ずつ触れて行くわ。

本命
ダノンディスタンス
【前走:新馬 1着(3番人気)】

前走は「新馬戦」で「3番人気」で「1着」、脚質的にも差し馬でデータ面から強力にプッシュできる馬だわ。
 
大型馬で、前走の新馬戦も追い切りを16本やって臨んだんだけど、それでもまだ太かったみたい。
状態は7割ぐらいであっさり勝ち上がったのよね。
 
それでいて騎乗した和田騎手のレース後のコメントが、「エンジンがかかると止まらない。乗り味も良い。」と、絶賛。
 
相当なポテンシャルを秘めた馬だと思うわ!
 
前走以上に好状態仕上がっていて、ルメール騎手に手が替わる今回は前進必至よ!!


対抗
ベストアプローチ
【前走:新馬 1着(3番人気)】
 
スムーズに折り合って、上がり最速で快勝したデビュー戦の内容は、着差以上に強かったわね。
 
月曜日にも触れたけど、“1度叩いて2走目でガラリ一変"がお得意の藤原厩舎の馬。

今回は行きっぷりや反応が前走とは全然違う感じで、調教でも格上相手に余力を持って併入の形だったわ。
 
ちなみにこの馬、ローテーションも完璧なの。

京都芝2000mの新馬戦勝ちから中4週だった馬の成績は過去の連対率100%!

昨年のドレッドノータスも同じローテで快勝だったわ。


単穴
ヴァナヘイム
【前走:萩ステークス 2着(1番人気)】
 
デビューから2戦連続で上がり最速を駆使している馬ね。

月曜日にも触れたけど、祖母があの女傑エアグルーヴ、母も重賞ウイナーで超が付く良血馬よ。

素質の一端はここ2戦でも十分に感じられたわ。
 
前走にしたって負けはしたけど、最後までしっかり脚を伸ばしてたし悲観する内容ではないわよ。
 
正直本命に推すだけの材料は揃っている馬なんだけど、ちょっと怖いのは乗り替わりよね・・
 
マイルCSで浜中騎手がやらかしちゃった影響で、テン乗りのシュタルケ騎手。
 
果たしてどうなのかしら。

個人的には手が合うとはとても思えないのよね・・・


連下
カデナ
【前走:百日草特別 2着(3番人気)】
 
意外にも出走馬中、唯一のディープインパクト産駒。

前走は直線で窮屈になって、追い出しが遅れてしまっていたわ。

それでも終いの脚は際立っていたわよね。
 
デビューから3戦すべてで上がり最速なんだから、今回も終いは確実に脚を伸ばしてくるでしょうね。
 
中2週での参戦を見る限り、前走は相当に悔しかったと伺えるわ。

素質十分、ここは巻き返し必至に感じるわ。


連下
プラチナヴォイス
【前走:萩ステークス 1着(3番人気)】
 
初勝利まで時間を要したけど、初勝利を挙げた2走前は圧巻のレース内容。
 
発馬がスムーズじゃなくて、最後方からの競馬。

ただ、直線では馬群を割って一気に突き抜けていたわね。

2着馬を4馬身も突き放し、タイムも2歳コースレコードだから驚いたわ。
 
前走ではうって変わって2番手からあっさり抜け出す大人びた競馬。

能力は本物、再度得意の京都なら好勝負可能よね。
 
課題は1ハロンの距離延長ぐらいかしらね。


少数精鋭のラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
人気薄の穴馬をエビコが見つけた!
複勝圏内に飛び込んでくる穴馬とは?!



注目穴馬

マイネルザウバア
【前走:百日草特別 4着(4番人気)】

前走は4着だったけど、それは柴田大知騎手の好騎乗が理由よ。

コース形態やメンバーを見て、「ヨーイドンの競馬になる」と判断し、早めに動く競馬を試みたのよね。
 
結果的にはキレ負けの形だったけど、この馬の持ち味ははっきりしたわ。
 
データ面でも触れたけど、このレースは逃げ馬に要注意。

アダムバローズが行くと思う人が多いだろうけど、個人的にはこの馬が先手を奪う気がしているわ!
 
ちなみに夏デビューだから、前走は休み明けで仕上がり不十分だったわ。

それでいてあの競馬、今回は叩き2戦目だから十分にヤレると思うわ!


2016年的中実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る