京都2歳ステークス

京都11R京都2歳ステークス(GⅢ・芝2000m)
◎10 ジョルジュサンク
○6 キャノンストーム
▲11 ロライマ
△3 アドマイヤエイカン
△4 ドレッドノータス
京都の最終週を飾る2歳重賞の第2回京都2歳ステークスが京都競馬場で行われます。

それでは、京都2歳ステークスの予想をご覧ください。
まず、出走馬の枠順を見てみましょう。

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11リスペクトアース牡255.0戸崎圭太小笠倫弘美浦
22ケルフロイデ牡255.0M.デム加藤征弘美浦
33アドマイヤエイカン牡255.0岩田康誠須貝尚介栗東
44ドレッドノータス牡255.0武豊矢作芳人栗東
55ウインクルサルーテ牝254.0秋山真一高橋亮栗東
56キャノンストーム牡255.0川田将雅笹田和秀栗東
67ダンツプリウス牡255.0和田竜二山内研二栗東
68ウインテンダネス牡255.0加藤祥太日吉正和栗東
79オンザロックス牡255.0アッゼニ森秀行栗東
710ジョルジュサンク牡255.0幸英明鮫島一歩栗東
811ロライマ牡255.0ルメール松田国英栗東
812コパノミライ牝254.0北村友一崎山博樹栗東


頭数は12頭ですが、メンバーレベル的にはやや疑問符が付くかなと思います。
誰が抜けている訳でもないですからね。
ただ、ここの勝ち方によっては来年の主役候補に上がれるので注目していきましょう。


では、馬番順別のデータを見てみましょう。
このデータはオープン時代の京都2歳ステークスを含めた10年分のデータになります。

 1番:(1-1-0/10)
 2番:(0-1-2/10)
 3番:(1-2-1/10)
 4番:(2-3-1/10)
 5番:(1-1-3/10)
 6番:(2-2-1/9)
 7番:(0-0-1/8)
 8番:(1-0-0/8)
 9番:(2-0-1/7)
10番:(0-0-0/4)
11番:(0-0-0/1)
とにかくオープンの時代から頭数が揃わないレースでしたが、素質十分の馬達が集まる見ごたえのあるオープン競走でした。
ここ10年でも最多頭数となったのが11頭なので、11番枠までしかデータはありませんし、今年は12頭が集まりましたが12番枠の関してはこの2歳の条件なら未出走です。

では、過去5年分ではありますが京都2000mの馬番順では、勝率、連対率でトップを誇るのが4番枠になります。
やはり、最初のコーナーまでが短く内回りのコースなので外の方が勝率、連対率共に下がってしまいます。
10頭前後でもフルゲートでも真ん中の枠番が多く馬券に絡んでいる事を覚えておきましょう。

では、次のデータを見てみましょう。
前走の距離別成績とコース別成績です。
まずは距離別成績から見て行きます。

1600m (1-1-1)
1800m (7-5-5)
2000m (2-4-3)

コース別成績です。
福島(0-0-1)
東京(0-1-0)
京都(9-6-9)
阪神(0-1-0)

コース別に見ると圧倒的というかほぼ前走が京都競馬場だった馬が勝利しています。
距離に関しては、前走1800mだった馬がここでは好走しているようです。

そして、月曜のレース別成績と併せると、京都芝1800mの新馬戦を勝った馬が好成績を収めているのが分かります。
ただ、3着内率に限ると前走2000mの馬が良いデータをはじき出しています。
今年の該当馬は、キャノンストームとドレッドノータスとなり、データ上は勝ち負け筆頭の馬になりますね。


さぁでは、月曜日にも出したデータも参考した上で私の予想を発表します。
皆さんの予想にもお役立てください。

◎・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○キャノンストーム

▲ロライマ

△アドマイヤエイカン

△ドレッドノータス

としました。
本命馬は後程お話します。

では、まずキャノンストームから。
月曜と今回のデータを合わせた上で1番馬券圏内に近いであろう馬はこの馬でしょう。
父は新種牡馬のワークホースとコース適性や距離適性などはまだまだ未知数ですが、ワークホースの父はキングズベストと2010年に日本ダービーを制したエイシンフラッシュを輩出しているように馬場適性は高いと思いますし、距離も2000m位がベストではないでしょうか。
新馬戦では大外からのスタートで中団に付け、直線では武豊騎手のステッキ1発ずつに応え鋭い伸びを見せ、最後の100mでの手前を変えてからの伸びはさらに圧巻でした。
ただ、やや飛びが大きい印象を受けるので課題は内回りコースを克服できるかでしょう。

次はロライマです。
この馬もキャリア1戦の馬ですが、デビューは阪神とデータ上だと決してプラスの要素ではありません。
ただ、キャリア1戦ですがスタートも良く、道中も癖の悪いところは見せていませんでした。
この馬に流れる血は幻の三冠馬と近い血が流れています。
器用そうな馬なので小回りも難なく対応できると思います。

次にアドマイヤエイカンです。
メンバー唯一の重賞ウィナーです。
函館の新馬と札幌2歳ステークスを連勝し休み明けでここに挑んで来ました。
前走の札幌2歳ステークスでは、1番人気のプロフェットとの叩き合いを制し勝ちはしましたが、全体のペースを見てみると終始12秒台のペースが刻まれ先行した馬にとってはやや厳しいペースになり、差し馬が台頭しやすいペースではあったかもしれません。
結果は、好位にいたプロフェットとの叩き合いを制しましたが着差は僅かにハナ差。
叩き合いを制し勝負根性を見せたかのように見えたが、まだまだそこまで力が抜けているとは思えません。
ただ、このメンバーとの比較を考えればこの辺りが妥当かなと思います。

最後にドレットノータスです。
新馬戦は行く馬がいなかったので、ファスナハトとドレットノータスが先行争いをしていましたが行きたがるドレットノータスを武豊騎手が懸命になだめ、3、4コーナー中間地点から先頭に立ち4コーナーで後続を突き離しにかかり、最後はナムラシングンの追い上げを制しデビュー勝ちを飾りました。
詰められそうになった瞬間に軽くギアを上げたかなとも見える走りで、勝ちタイムは2:02.1と例年のこの距離の新馬戦にしては早い方ではないでしょうか。
ムチもほとんど使うことなく勝てたところに余裕が見受けられました。
今回はある程度の位置からの競馬だとは思いますがここが試金石でしょう。

ではここで、是非押さえておきたい、
誰も気が付かなかった注目の本命穴馬を紹介します。


登録がまだの方はメールアドレス(フリーメールアドレスで大丈夫です)のみで無料登録頂けると、ねらい目の穴馬を見ることが出来ますよ!
ではズバリ、その穴馬とは・・・



ジョルジュサンク』です。
これまで5戦1勝のヴィクトワールピサ産駒の牡馬です。
前走の黄菊賞で初めて馬券圏内を外してしまいましたが、それまでは3着内率はパーフェクトでした。
紫菊賞は、マイペースに持ち込み完全なる勝ちパターンに持ち込んだのですが、最後はシルバーステートに差され負けましたが勝ち馬は恐らくクラッシク路線に乗ってくるであろう馬という事を考えれば善戦したほうでしょう。
負けはしたものの2:01.2は優秀なタイムで、例年の勝ちタイムを凌ぐタイムです。
前走の黄菊賞は、マイペースに走れたように見えたが、後続馬のマークがキツく12秒台前半のラップが1番遅いラップで、逃げ馬にとっては息の抜けない厳しいペースになりましたが5着なら及第点ではないでしょうか。
今回は、好位や中団でレースがしたい馬が人気になりそうなので、マイペースでレースの主導権を握れるはずです。
そうなれば、馬券圏内への粘り込も十分に可能性はあるでしょう。


と、5頭上げましたが、頭数の割に難しそうです。
唯一の重賞勝ち馬であるアドマイヤエイカンも絶大な信頼を置けるわけではないですし、やや小粒なメンバー構成にも感じます。
ここからクラシックの乗るには、それなりの勝ち方が求められます。
先を占う意味でも大きなレースになるでしょう。

明日は、ジャパンカップの予想をお届けするのでお楽しみに。
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る