小倉サマージャンプ

小倉8R小倉サマージャンプ(J・GⅢ・芝3390m)
◎03 オースミムーン
○04 トウショウデザイア
▲07 ドングラシアス

坂のない平坦コースの小倉競馬場であり、直線が芝の3390m。
他の障害重賞に比べて格段に負荷の軽いコースと言えるだろう。
スタミナよりスピードに優れた馬、時計勝負に強い馬の台頭に期待したいレースだ。

実績でナンバーワンは、障害3勝、G1中山大障害でも3着に健闘した過去があるドングラシアスだが、もう9歳馬で衰えが気になるところであり、約1年ぶりをひと叩きされたとはいえ、脚部不安明けでそれほどガラッと変われるのかも心配。
一昨年の勝ち馬でコース適性も高いのは承知だが、過度な期待は酷であろう。

他に抜けた実績馬の見当たらないこのメンバーなら、上昇気流に乗る◎オースミムーンに魅力を感じる。

この馬の魅力はなんと言ってもスピード。
それも、単に先行力があるというだけでなく、飛越の際にほとんど減速しないところが売り。
このコースで求められるスピードという点において、これ以上ないくらいの適性を秘めていると言えるのではないか…。

障害転向後の4戦全てで連対しているように、大きくバテないのも強味で、メンバーが強くなっても対応できるポテンシャルは十分。
約半年ぶりの前走ではさすがに最後は脚が上がったが、当時はレコード決着でもあった。
ひと叩きされた今回は粘りも変わってくるはずだ。
まだ4歳で将来性豊かな素材。ここをステップに障害界の頂点も目指せる器とみている。

いかにも相手が小粒で波乱の考えにくいレース。
高配当は期待できないが、ここは相手も絞って少点数で仕留めたいところだ。

休み明けにはなるが、オープンでの実績と小倉コースの適性を評価すれば、やはり○トウショウデザイアをマークしないわけにはいかないだろう。
◎オースミムーンを行かせての絶好位が予想され、展開面でも万全の形。
久々のわりには調整内容が少ない気もしないではないが、息さえ保てば上位争いは間違いないくらいの馬である。

他はかなり好走が望みにくい馬ばかり。
障害戦は未勝利戦とオープンの格差が激しく、昇級戦で活躍するのは余程の素質がないと困難。
ヤマニンメダイユやジークジオンなどは厳しい。

アグネスハイヤーあたりはオープン実績があるが、ズブいタイプで小倉は疑問。
休み明けでもあり軽視したい。

馬連流し
‐○▲

3連単
→○→▲
1点

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る