小倉記念

小倉11R小倉記念(GⅢ・芝2000m)
◎1 サトノラーゼン
○10 ウインリバティ
▲11 ダコール
☆7 メイショウナルト
△8 テイエムイナズマ
△9 リヤンドファミユ
日曜日に小倉競馬場で行われる小倉記念の直前予想をしていくわよ。

この小倉記念は、開催場が冠名として行われているだけあって小倉競馬場で行われる重賞では最も歴史の古い重賞になるの。
 
枠順が決まったから見てちょうだい。
競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11サトノラーゼン牡457.0岩田康誠池江泰寿栗東
22エキストラエンド牡757.0浜中俊角居勝彦栗東
33クランモンタナ牡754.0和田竜二音無秀孝栗東
44アングライフェン牡455.0川田将雅安田隆行栗東
55ベルーフ牡456.0ホワイト池江泰寿栗東
56マーティンボロ牡757.0藤岡佑介友道康夫栗東
67メイショウナルトセン856.0松若風馬本田優栗東
68テイエムイナズマ牡656.0古川吉洋福島信晴栗東
79リヤンドファミユ牡654.0藤岡康太池江泰寿栗東
710ウインリバティ牝552.0松山弘平飯田雄三栗東
811ダコール牡858.0小牧太中竹和也栗東
812プランスペスカ牡653.0幸英明松永昌博栗東

 登録馬が全頭出走してきて12頭の争いね。
小回りコースだから外枠の馬は最初に1コーナーまでが大事になってくるわ!
 
それじゃ、新しいデータを使って小倉記念を予想していくわよ。

以下のデータは、小倉記念の過去10年のデータになるわ。
 
まずは、年齢別成績。
年齢
age


年齢別に小倉記念の成績を見ると、すごく極端なデータが出ているのね。

過去10年の勝ち馬10頭中、8頭が4歳馬・5歳馬から出ているのね。

一方、高齢馬になると7歳馬・8歳は安定して連対馬を出せていないから、馬券の軸としてと言うよりは相手の穴馬って感じで押えるのが良いわね。
 
 
次は、斤量別成績よ。
斤量別成績
weight
 
小倉記念はハンデ戦と言う事で斤量別成績のデータを用意したわ。

ハンデ戦は、軽斤量馬が有利と言う訳では決してないのよ。

ハンデが軽いという事は、根本的に馬の力が足りないと言う前提があるから。

その足りない力をカバーして強い馬、つまり斤量が重い馬に対抗できるようにハンデを軽くしてもらっているのよ。
 
この表を見てもらえれば分かると思うけど、53㎏以下の軽斤量とされる馬の成績は飛び抜けて良い訳ではないわよね。

53㎏までの勝ち馬2頭は共に牝馬で、牝馬の斤量は牡馬より2㎏軽く設定されているから、牡馬に換算すれば55㎏相当になるわ。

逆に、
53.5㎏~57㎏までの強さ相当の斤量を与えられた馬が圧倒的に好走しているの。
 
そして、57.5㎏以上を背負わされた馬は、力あるから重いハンデを課せられるんだけど結果的にこの斤量の差が響いて力を出せずに終わるパターンもあるのよね。
 
今年の出走馬で1番斤量が重いのはダコールの58㎏。
この馬は58㎏を背負い慣れているけど過信は禁物よ!!
 
それじゃ、月曜に出したデータも含めて小倉記念のデータをおさらいするわよ!

 
■前走クラス別成績
G3を走った馬が圧倒的多く、その大半が七夕賞を走った馬
 
■前走着順別成績
2着馬が最多の3勝しているが、掲示板外からの巻き返しも目立つ
 
■前走人気別成績は
6~9番人気と伏兵扱いだった馬に注意。
 
■年齢別成績は
4歳馬・5歳馬強く、高齢馬は苦戦傾向
 
■斤量別成績
53.5㎏~57㎏の馬が多く馬券に絡み、57.5㎏以上は厳しい

 
これらのデータと各馬の実績を加味して私の印を発表するわ!
 
◎サトノラーゼン
 
○ウインリバティ
 
▲ダコール
 
△テイエムイナズマ
 
△リヤンドファミユ

 
メイショウナルト
 
それじゃ、1頭ずつ触れて行くわ。
 

本命
サトノラーゼン(4歳)57㎏
【前走:新潟大賞典13着(4番人気)】
 
去年の京都新聞杯を制し日本ダービーでは、あのドゥラメンテに次ぐ2着好走して期待していたんだけど、最近はさっぱり・・・ここ2走は10着、12着と全く良い所がないの・・・。

 
この馬って暖かい時期によく走るから、今の時期はピッタリなのよ。

調教も軽快な走りを見せているし、調子良く望める今回は見直せるわよ!

 

対抗
ウインリバティ(5歳)52㎏
【前走:七夕賞13着(12番人気)】

 
この馬は典型的な夏女でこの時期が得意なのよね。
それに合わせて小倉競馬場での成績は【3-1-0-0】と連対率は100%!!

 
この成績は条件戦の時代とは言えコース適性が高いのは評価出来るわ。
 
今年に入って2桁着順が多いけど、前走を除けばどのレースも僅差だから着順程大きく負けてはいないの。
 
コース適性の利を生かして上手く立ち回れれば一発があってもおかしくないわね!

 

単穴
ダコール(8歳)58㎏
【前走:七夕賞2着(5番人気)】
 
前走の七夕賞は、後方で脚を溜めて上手いレース運びが出来たけど結果はアルバートドックを捉えきれず2着。
 
それでも8歳にもなって重賞で好走できるなんて立派だと思うわ!

 
実績的にはNo.1だし小倉競馬場との相性もいいんだけど、このレースのデータで示したように年齢別成績や斤量別成績でやや不利になるから力は認めるけど3番手評価ね。
 

連下
テイエムイナズマ(6歳)56㎏
【前走:メイステークス5着(3番人気)】
 
前走のメイステークスは、逃げる形になって他馬にマークされる厳しい展開を強いられて結果は5着。
そのメイステークスを勝ったロジチャリスはエプソムカップで4着と好走。
そのロジチャリスから0.3差しか離されていないテイエムイナズマもG3なら好走してもおかしくないわ。
 
キタサンブラックで名を挙げたブラックタイド産駒だし、キタサンブラックを見ていると
小回りコース得意だし、立ち回りが上手いのがブラックタイド産駒の特徴でもあるのよね。
スムーズに1コーナーに入れれば3着争いも可能ね。

 

連下
リヤンドファミユ(6歳)54㎏
【前走:目黒記念18着(14番人気)】
 
オルフェーヴルの弟として期待された馬も気が付けば6歳なのね・・・。

3走前の早春ステークスで久々の勝利を挙げてオープンに挑戦したんだけど2戦連続2ケタ着順・・・。

この敗因は2400m以上の距離にあると思うから、今回の距離短縮は確実にプラスに働くわ。
 
兄2頭がグランプリホースと素晴らし血が流れているこの馬なら、人気を覆してあっさり勝っても不思議じゃないわ。
 
後は、他馬の囲まれずストレスを感じずに走る事が出来れば面白いわよ!

 
少頭数の小倉記念。
その中で見つけた最高の穴馬!!
得意な小倉競馬場で巻き返しを図るその馬とは・・・

 
注目穴馬

☆メイショウナルト(8歳)56㎏
【前走:七夕賞11着(8番人気)】
 
前走の七夕賞は、いつも通りに逃げたんだけど前半1000m通過が57.9の超ハイペースになってしまって最後は失速・・・ってそりゃそうよ!
 
2走前の鳴尾記念は、マイペースで逃げられたけど早々に捕まって8着と、自分のレースが出来ていないのが今の着順に直結しているのよ。
 
今回のメンバー構成をみると単騎で逃げられるのは明白だし、後は前走の様なオーバーペースにさえならなければ押し切る事も十分考えられるわ。
 
小倉記念は過去3回走って【1-1-0-1】と相性の良いレースだし、一発穴を開けるならこの馬ね!!


 

実績



 
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る