G1レース展望
今週の日曜日に小倉競馬場では、サマースプリントシリーズ第4戦目の北九州記念が行われるわ。

ここには、北九州記念連覇とサマースプリントシリーズ連覇を狙うベルカントが出走して来たわね。

今年で引退が決まっているベルカントだから、ここでもう一つ二つ勲章が欲しい所ね。
 
それじゃ、今年の登録馬を見てちょうだい。
 
競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
オウノミチ54.0佐々木晶栗東
ジャストドゥイング54.0中竹和也栗東
バクシンテイオー54.0堀宣行美浦
マイネルエテルネル54.0西園正都栗東
メイショウライナー54.0高橋義忠栗東
ラインスピリット55.0松永昌博栗東
ローズミラクル54.0羽月友彦栗東
フルールシチー50.0西園正都栗東
プリンセスムーン54.0安田隆行栗東
ベルカント56.0角田晃一栗東
ベルルミエール53.0高橋亮栗東
ヤマニンプチガトー51.0木原一良栗東
ラヴァーズポイント51.0高橋康之栗東

フルゲート18頭に対して13頭と問題なく全馬が出走出来る状態となっているわね。

斤量差は、51㎏~56㎏と5㎏の差があるわね。

結構、荒れるレースだからデータを使って少しでも高配当になるような穴馬を探して行くから良く見なさいよ!!
 
ここからは、データを使って北九州記念を分析していくわよ。

以下のデータは、北九州記念の過去10年分のデータになるわ。
 
最初は、前走クラス別成績。

前走クラス別成績
class
 

前走クラス別成績では、G3とオープン特別から出走した馬が10頭中7頭勝っているのね。
予想の軸としてはここが中心になってくるわ。

 
ただ、条件戦から出走したから全く走らない訳ではなく、1600万、1000万から出走した馬たちの複勝率は高いからこの辺りの馬たちを上手く予想に絡められれば高配当が期待できるわよ!
 

今年、条件戦から登録している馬はフルールシチー1頭ね。
それ以外の馬は、オープン特別かG3からの参戦ね。
 
 
次は、前走着順別成績。
前走着順別成績
arrival
 

前走着順別成績を見ると、勝って出走して来た馬の複勝率は36.8%と結構高い数字を残しているわね。
 
それ以外の着順からは満遍なく出ているから、掲示板外の馬でも注意しなければいけないわね。
 
【前走1着】
・オウノミチ
・フルールシチー
・ベルカント
 
前走着順で注意したいのはこの3頭ね。
 
次は、前走人気別成績。
前走人気別成績
ninki
 

前走人気別成績は、勝ち馬のほとんどは5番人気以内の支持を受けていた馬ね。
 
6番人気以下から勝った馬もいるけど、この辺りは基本的には相手として予想するが良いわよ。
 
 
最後に牡牝別成績ね。
牡牝別成績
セイベツ


牡牝別の成績を見ると、このレースでは牝馬の方に分があるようね。
 
これまでの予想の中でも何回か言っているけど、“夏は牝馬”とこの格言が合うレースとなっているわね。
 
今年のメンバーでも人気になりそうなのは牝馬が多そうね。

ここ2年は、3着までに2頭も牝馬が入っていて無視できないデータだと思うわよ!
 
【牝馬】
・フルールシチー
・プリンセスムーン
・ベルカント
・ベルルミエール
・ヤマニンプチガトー
・ラヴァーズポイント
 
それじゃ、ここからは私のオススメ馬を発表するわ!
 

注目馬1
ベルカント(牝5)
【前走:アイビスサマーダッシュ1着(1番人気)】
 
前走のアイビスサマーダッシュでは、スタートで立ち上がるも持ち前のスピードで迷うことなくデムーロ騎手は大外へ。

最後はネロとの叩き合いを制し連覇達成!
 

今年も去年同様にアイビスサマーダッシュから北九州記念と臨戦過程は文句なし。
 
典型的な平坦向きの馬だし、普通に走れれば勝ち負けは濃厚ね。
後は・・・56㎏との斤量との勝負ね。
 

注目馬2
プリンセスムーン(牝6)
【前走:アイビスサマーダッシュ3着(3番人気)】
 
1000万に昇級してからは1000m戦に良績が寄っているこの馬。
 
前走のアイビスサマーダッシュでは、勝負所でベルカントのスピードに付いて行けず結果は0.2差の3着。
 

 力的には1枚劣るかなと思うけど、ベルカントの斤量差が今回は2㎏差になるからこのアドバンテージを生かせれば逆転は不可能ではないわ。 
 

注目馬3
ラヴァーズポイント(牝6)
【前走:CBC賞2着(7番人気)】
 
前走のCBC賞では、小倉2歳ステークス以来の重賞挑戦で2番手と積極的なレース見せて2着に粘ったの。
 
50㎏とハンデは軽かったけど見せ場は十分だったわね。
 

小倉競馬場での成績は【3-1-2-2】と相性の良いコースだから、今回もベルカントとの斤量差を生かせればあっと言わせる激走があっても不思議じゃないわ。
 

注目馬4
オウノミチ(牡5)
【前走:バーデンバーデンカップ1着(4番人気)】
 
父は2006年の高松宮記念を制したオレハマッテルゼ、母のナゾは中央の1200m戦で5勝と生粋のスプリンター血統。
 

格上挑戦で挑んだ前走のバーデンバーデンカップは、スタートから無理なく先団に付け、前を見ながら内をロスなく回って、直線では馬群を割って来てジャストドゥイングを差しきり勝利。
 
今回は前走から2㎏増の54㎏での出走だけど、調子が良い今なら一発あってもおかしくない1頭よ。
 
 
難解なスプリント戦。
エビコが注目したレースはあのレース。
そこで、今回に繋がる走りを見せた馬とは・・・。

 

注目穴馬
 

フルールシチー(牝5)
【前走:白川特別1着(1番人気)】
 

このレース唯一の条件戦から出走して来たのがこのフルールシチー。
上のデータでも示したけど、条件戦から出走して来た馬は結構穴を開けているのよ。
 
前走の、直線で鋭い伸びを見せて叩き合いを制したところに、なかなかの勝負根性を感じるわ。
 
斤量も50㎏と穴を開けるにはうってつけの斤量ね。
 
過去にも1000万を勝って出走してきて大波乱を演出した馬もいるから、この馬も臨戦過程を見れば穴を開ける要素は揃っているわよ!



実績


うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る