北九州記念

小倉11R北九州記念(GⅢ・芝1200m)
◎7 アルティマブラッド
○9 ダイアナヘイロー
▲17 プレイズエターナル
☆14 ツィンクルソード
△8 ファインニードル
△13 キングハート
レースの見どころ
サマースプリントシリーズの第4戦。

月曜日にもお伝えしたけど、過去10年間で8番人気馬が5勝もしている特殊なレースよ。
1番人気の馬が大不振で、基本的には大荒れ必至のレースだと考えていいわ。

今年も確固たる本命馬の存在はなさそうで、大混戦の様相を呈しているわね。
どの馬にもチャンスがありそうで、馬券的妙味はたっぷり。

もちろん上位人気になりそうな馬は狙わないし、ちゃんと激走必至の穴馬も見つけたから、今回の予想も期待してちょうだいね。


まずは出走馬よ。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ラヴァーズポイント牝752.0川須栄彦高橋康之栗東
12アクティブミノル牡556.0酒井学北出成人栗東
23トウカイセンス牝652.0荻野極野中賢二栗東
24オウノミチ牡654.0松山弘平佐々木晶栗東
35エイシンブルズアイ牡656.0鮫島克駿野中賢二栗東
36ナガラオリオン牡856.0高倉稜大根田裕栗東
47アルティマブラッド牝553.0松若風馬音無秀孝栗東
48ファインニードル牡455.0M.デム高橋義忠栗東
59ダイアナヘイロー牝453.0武豊福島信晴栗東
510ダイシンサンダー牡655.0加藤祥太須貝尚介栗東
611ポメグラネイト牡653.0岩崎翼牧田和弥栗東
612ナリタスターワン牡555.0幸英明高橋亮栗東
713キングハート牡456.0中谷雄太星野忍美浦
714ツィンクルソード牡654.0小牧太松永昌博栗東
715ミッキーラブソング牡656.0和田竜二橋口慎介栗東
816バクシンテイオー牡856.0ホワイト堀宣行美浦
817プレイズエターナル牡755.0北村友一安田隆行栗東
818ラインスピリット牡656.0森一馬松永昌博栗東

次に、月曜日に出したデータを振り返っておくわ。


【前走着順別成績】
「前走1着」「前走6〜9着」が好成績

【前走距離別成績】
前走で「1000m」もしくは「1200m」を走っている短距離路線の馬が狙い目

【前走クラス別成績】
「前走OP特別」組が絶好の狙い目

【脚質別成績】
先行ちょい差しのできる馬、中団待機で終盤に鋭い末脚を駆使できる馬が狙い目

【年齢別成績】
「4歳馬」の成績が抜きん出ている

【当日人気別成績】
8番人気馬に要注意

【枠順別成績】
枠順による有利不利はない


こんな感じだったわよね。
ここからは更に深く掘り下げていこうかしら!


【注目ポイント1】

“今年の5月に出走していない馬を狙え!”

これは過去5年のデータになるんだけど、すべての勝ち馬に共通していることが「同年の5月にレースへ出走していなかった」ことなの。

5月とはいえ暑い日が続くことも多いから、ここで体力を温存していた馬が夏競馬本番で活躍している、そんなイメージが顕著に出ているデータね。

今年もこの傾向が続く可能性は高いから、5月に出走していない馬には大注目よ。

【今年の5月にレースに出走していなかった馬】
・アルティマブラッド
・エイシンブルズアイ
・ツィンクルソード
・トウカイセンス
・ナガラオリオン
・バクシンテイオー
・ミッキーラブソング
・ラインスピリット


【注目ポイント2】

“前々走の着順にも注目!”

▼前走と前々走の着順別成績

前走、前々走共に1着(1-1-2-2)
勝率16.7% 連対率33.3% 複勝率66.7%

前走、前々走共に2着以下(7-3-3-97)
勝率6.4% 連対率9.1% 複勝率11.8%

前走が1着で、前々走が2着以下(2-4-4-19)
勝率6.9% 連対率20.7% 複勝率34.5%

前走が2着以下で、前々走が1着(0-2-1-7)
勝率0% 連対率10.0% 複勝率15.0%

月曜日に「前走1着馬の成績が良い」ってお伝えしたけど、これは前々走まで幅を広げてみたデータよ。

前走、前々走ともに1着…、つまり連勝中の馬の成績がズバ抜けていいから、馬券からは外せないってこと。

今年の出走馬だとダイアナヘイロー1頭だけがこのデータに該当するから要注意だわ。


【注目ポイント3】

“牝馬が大活躍!”

▼性別データ
牝馬 (5-6-6-59)
牡馬・セン (5-4-4-76)

夏競馬は牝馬が強いのは有名な格言だけど、ここまで牝馬の活躍が目立つレースも少ないわよね。

今年も牝馬の出走がちらほらあるから、無条件で注目よ。

【牝馬】
・アルティマブラッド
・ダイアナヘイロー
・トウカイセンス
・ラヴァーズポイント


じゃぁ、これらのデータもとに私の印を発表するわね。


◎アルティマブラッド

○ダイアナヘイロー

▲プレイズエターナル

△ファインニードル

△キングハート

ツィンクルソード

それじゃ、1頭ずつ触れていくわ。


本命
アルティマブラッド (牝5)
【前走:CBC賞(G3)13着(4番人気)】

どうやら人気はなさそうね。
レース当日も8番前後の人気でうろちょろしているかもしれないわ。

今年に入ってから急激に調子が上向いてきた馬で、5月に出走しなかったことで体力温存も十分。
休み明けの前走をひと叩きされて青写真どおりに上昇しているのもいいわね。

夏に強い牝馬でアルティマトゥーレの子供。
充実一途の5歳馬よ。

本格化した馬なら重賞メンバー相手でも十分に勝負になるわ。


対抗
ダイアナヘイロー(牝4)
【前走:佐世保ステークス(1600万下)1着(2番人気)】

注目ポイントでもお伝えしたけど、連勝中の馬はこのレースと相性抜群だわ。
今年の出走馬で連勝中なのはダイアナヘイローただ一頭。
これだけでも買い材料としては十分よね。

夏に強い牝馬で、中間の動きからも絶好調なのは間違いないわ。

「前走1着」「4歳馬」「先行ちょい差し」と、好走する下地は十分すぎるほど揃ってるし。
血統面からも父がスプリントG1勝馬のキングヘイローだから、スプリント適性は疑いようがないところ。

勢いそのままに重賞制覇されても全く驚けないわ。


単穴
プレイズエターナル(牡7)
【前走:アイビスサマーダッシュ(G3)8着(7番人気)】

前走は完全に北村騎手のミス。
引き続き手綱をとる今回は相当気合が入ってるんじゃないかしら。
同じ轍は踏まないと思うわよ。

アイビスサマーダッシュ以前、4戦連続の上がり最速を駆使しているし、鬼脚を炸裂させるのは間違いないわ。
きっと終盤も際どく突っ込んでくるでしょうね。

当然ながら人気も出ず、8番前後で落ち着く気配がプンプン。
いずれにせよ、要注意の馬って見解は変わらないわ。

連下
ファインニードル (牡4)
【前走:水無月ステークス(1600万下)1着(1番人気)】

「前走1着」「4歳馬」「先行ちょい差し」とデータ面からは好走要素が盛りだくさん。
しかも、デムーロ騎手が引き続き騎乗となれば、馬券からは絶対に外せないわよね〜。

その前走は、前半3ハロン33.1秒のペースを3番手で追走して、直線は一気に突き抜けていたわ。
57.5kgを背負って、1分7秒1の好タイムだから本当に強いレースだったと思うわよ。

アドマイヤムーン産駒は短距離路線で才能を開花するケースが多いから、この馬も期待できると感じるわ。

掲示板は硬いんじゃないかしら。
あとはどこまで上位に突っ込んで来られるか。
デムーロ騎手の仕掛けどころ1つね。


連下
キングハート (牡4)
【前走:函館スプリントステークス(G3)2着(4番人気)】

「父オレハマッテルゼ×母父マイネルラヴ」って地味な血統、やっぱり好きなのよね〜。
無条件で応援したくなっちゃう馬って感じだわ。

前走の『函館スプリントステークス』も強かったし、今年に入ってからも1分7秒台のタイムを連発しているように、充実一途の印象を受けるわ。

中谷騎手との相性も良し。
中団から安定して競馬ができるように、今回も大崩れは考えづらいわね。

普通に馬券圏内は濃厚だから、外さない方がいいわよ。


大波乱傾向の「北九州記念」。
展開がハマれば1着までありそうな、エビコが目をつけた穴馬とは…



注目穴馬

ツィンクルソード(牡6)
【前走:豊明ステークス(1600万下)1着(5番人気)】

相当人気がなさそうだから爆穴って感じね。
でも本音でオススメしておくわ。

2歳時に『朝日杯フューチュリティステークス』まで駒を進めたように、この馬の素質は高いの。
ただ、いまいちリズムに乗り切れず、走る距離もバラバラだったり、ダートを使われたり、特徴がハッキリしない印象だったわよね。

けどデュランダルの子供だし、前走の内容を見てみてもタイムの速いスプリント戦に適性があるのは間違いなさそうだわ。

それに、腕っぷしの強いデムーロ騎手が前走で強引に覚醒させた馬でもあるの。
今までとは別馬と考えた方が良さそうだし、手綱も小牧騎手なら安心だから、能力どおりに走ってくると思うわよ。

直線、アナウンサーの焦った実況が今からでも想像できるわ。
「外からなんとツィンクルソードだ〜〜!」なんてねっ。



2017的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る