京成杯

中山11R京成杯(GⅢ・芝2000m)
◎14 ピオネロ
○10 マイネグレヴィル
▲12 プレイアンドリアル
△07 ラングレー
△16 キングズオブザサン

クラシック第1弾の皐月賞と同じ舞台で施行される京成杯。近年はダービー馬や皐月賞好走馬を輩出している様にクラシックに向け重要な一戦となっている。昨年こそ、積雪により順延となったため、低調なものだったが、今年は粒揃いのメンバー構成でレベルの高いレースが期待できる。

 3歳のこの次期である為、各馬の能力の全体像は分かりづらい。そこで、今までのレースレベルから評価していくのも一つの手。では、どのレースを評価すべきか、と言うことになるが、とりわけ評価すべきはG1馬を輩出した札幌2歳ステークスと昨年コディーノがマークしたレコードを更新した東スポ杯2歳ステークスだろう。

 ◎はピオネロ。その札幌2歳ステークスでは勝ち馬から離された4着だったが、それでも後続には7馬身差をつけており、能力の一旦は示していた。前走では好位から抜け出し快勝。競馬センスの高さや成長力が窺える好内容だった。デビューから一貫して馬体重が増え続けているのも好感が持て、成長力を考えれば今回、マイネグレヴィルとの逆転の可能性は高い。

 また、近2走は先行策から好走しているが、新馬戦では後方から最速の末脚を繰り出し差し切っていることや、札幌2歳ステークスの馬場を考えれば、展開や馬場は不問のタイプ。さらに同馬を知り尽くしている蛯名騎手が鞍上というのは心強い。ちなみに同じ騎手がデビューから全てのレースで手綱を取り続けているのは16頭中2頭しかおらず、鞍上との呼吸が合っているという点においても他馬を一歩リードしている印象を受ける。軸はこの馬。

 ○にはマイネグレヴィル。近2走は案外な内容が続いているが、2走前は距離不足、前走は消極的な競馬が裏目に出たもの、と敗因はハッキリしている。札幌2歳ステークスでは、後のG1馬である勝ち馬レッドリヴェールにクビ差の接戦を演じた実力の持ち主。前走でこの舞台を経験したことは、この次期の馬にとって糧になるハズ。函館での一連の成績から今の中山の馬場が合わないとは考えづらく、人気にはならない今回が狙い目。

 ▲に東スポ杯2着、見栄えのする好馬体の持ち主であるプレイアンドリアル。前走は掛かり気味に先行し、失速は致し方ない。折り合いがカギになるが、そこさえスムーズで能力全開なら十分上位争いに加われる素質馬。一発の可能性は捨てきれない。

 次点に△ラングレー。新馬戦では後のホープフルステークス2着のベルキャニオンに完勝(ちなみに、ホープフルステークスよりこの新馬戦の方がベルキャニオンのパフォーマンスは高かった)。続く東スポ杯でもコンマ3秒差に健闘。今回、騎乗するフランスの若き天才・ギュイヨン騎手の手綱捌きにも期待したい。

あとは同じ舞台で行われた3レース(葉牡丹賞、ホープフルステークス、寒竹賞)の中で時計・内容ともに最も評価できる葉牡丹賞の勝ち馬、△キングズオブザサン。そして、黄菊賞で出遅れながらも同馬にコンマ2秒差だった△ヴォルシェーブまで押さえる。

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る