G1レース展望
さて皆様。
日曜日の競馬はいかかでしたか?

日曜日には、秋のG1を占う上で大事な2つの重賞が行われました。
まず、小倉ではサマースプリントシリーズ第3戦の北九州記念が行われ
勝ったのは、武豊騎手騎乗の2番人気ベルカントでした。


ハナ争いが激化する中、ベルカントは先行集団から離れた好位でレースを進めて行きます。
そして、直線を向くと抜群の手応えで抜け出しそのまま押し切り1馬身半の快勝でした。

これで、ベルカントはスプリント重賞を連勝し、サマースプリントシリーズでトップになりました。
このままスプリンターズステークスに直行のようなので、優勝は他馬の成績次第ですがこのスピードは魅力ですね。
父サクラバクシンオーとの親子制覇の期待がかかります。

次いで、鞍上の武豊騎手はこの勝利で通算重賞勝利数が『299』勝と
前人未到の『300』勝に王手がかかりました。

しかし、スゴイ数字ですね。
300勝つ事さえも簡単ではないのに、重賞だけでこの数字ですからね。
今年は幸先よくG1を勝ちましたが、その後は勝ち負け争いに顔を出せていません。
どこか少し寂しさも感じてしまうので秋に暴れてもらいたいと思います。

一方、札幌競馬場ではG2札幌記念が行われました。
夏競馬の一大イベントとして定着しているこの札幌記念。
このレースを制したのは、四位洋文騎手騎乗の5番人気ディサイファでした。


スタート後、意識的に位置を取りに行ったディサイファ。
トウケイヘイローが逃げるのを、ラキシス、ディサイファ、トーホウジャッカルが追います。
私の本命だったラストインパクトは中団待機。
1000m通過が58.9の早いペース。
4コーナー前にラストインパクトが進出するが、直線で抜け出したディサイファが最後猛追してきた
ヒットザターゲットを凌ぎきり勝利。
重賞3勝目を飾ると同時に、新境地開拓の一戦となりました。

ラキシスは5着、ラストインパクトは6着、トーホウジャッカルは7着と人気馬は総崩れの結果となりました。
ディサイファに関しては完全にサウスポーと思っていたのでこの激走っぷりには脱帽です。
秋は、特に東京競馬場がメインになりますので昨年の雪辱を晴らせるかもしれませんね。

さて、夏競馬も残すところあと2週。
ここからは2歳重賞も始まり、秋に向かいそしてクラシックへと向かって行きます。
しかし、ここでは今週は古馬のスプリント重賞のキーンランドカップを取り上げて行きます。

もともとは1000mのオープン競走として行われていたレースですが、2006年に短距離レースの整備に伴いG3に格上げがされ合わせて
サマースプリントシリーズ第4戦に指定されたのです。
サマースプリントシリーズの優勝を占う上で大事なレースであり、過去にはワンカラットとパドトロワがチャンピオンになっています。
今年も、優勝を狙える馬の参戦が見込めますので注目のレースになります。

では、注目馬を挙げていきます。

ティーハーフ(牡5、栗東・西浦勝一厩舎)
前走の函館スプリントステークスでは、ゲートで後手を踏みながらも
馬群を一捲りでねじ伏せ、その走りはまさに圧巻。
ここにきて3連勝と完全に本格した今ならこのままG1まで突っ走りたい。
その為にもここは勝たなければならない。

ローブティサージュ(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)
昨年の覇者であるローブティサージュ。
前走の函館スプリントステークスでは3番人気に推されるも結果はブービー。。
しかし、インに入ってしまい最後まで全く追えなかった結果であって力を出しての負けではない。
前走も前さえ空いていれば突き抜けるような手応えではあったので、
今回もその状態を維持できれば戦える。


レッドオーヴァル(牝5、栗東・安田隆行厩舎)
桜花賞2着や、スプリンターズステークスで3着に入った事のある牝馬。
近走は重賞では不調だが、前走のUHB賞では3着に入り復活の兆しを見せた。
過去の実績からしても上位争いは間違いないのだが、近走のスランプで馬のメンタルが気になるところ。
走る気さえ戻ればまた大舞台で戦える。

トーホウアマポーラ(牝6、栗東・高橋亮厩舎)
トーホウジャッカルの姉であるこの馬。
前走のCBC賞では休み明けではあったが0.5差と差のない競馬。
ひと叩きされた調子が上向くのは確実。
夏は牝馬だけに要注意。


他では、UHB賞をレコードで快勝したエポワス(騸7、美浦・藤沢和雄厩舎)
そのエポワスを前走で下したオメガヴェンデッタ(騸4、栗東・安田隆行厩舎)
前走の内容から面白そうなレンイングランド(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)なども好走が期待できる。

やはり注目はティーハーフですかね。
中々インパクトのある勝ち方でしたからね。

詳しいお話はまた週末にさせてもらいます。
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る