富士ステークス

東京11R富士ステークス(GⅢ・芝1600m)
◎3 ヤングマンパワー
○4 イスラボニータ
▲11 ロードクエスト
☆10 ブラックスピネル
△2 ダノンプラチナ
△7 フルーキー
土曜日に東京競馬場で行われるマイル重賞の富士ステークスの直前予想をしていくわ。
 
頭数が11頭とずいぶん寂しい頭数になったわね。

とは言え、G1馬が2頭を含む、豪華メンバーが揃っているわ。
 
それじゃ、枠番を見てちょうだい。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ブラックムーン牡456.0川田将雅西浦勝一栗東
22ダノンプラチナ牡457.0蛯名正義国枝栄美浦
33ヤングマンパワー牡457.0戸崎圭太手塚貴久美浦
44イスラボニータ牡558.0ルメール栗田博憲美浦
55テイエムイナズマ牡656.0古川吉洋福島信晴栗東
66マイネルアウラート牡556.0柴田大知高橋裕美浦
67フルーキー牡657.0M.デム角居勝彦栗東
78ガリバルディ牡557.0福永祐一藤原英昭栗東
79ミュゼエイリアン牡456.0横山典弘黒岩陽一美浦
810ブラックスピネル牡354.0大野拓弥音無秀孝栗東
811ロードクエスト牡355.0池添謙一小島茂之美浦

ゲート難のあるロードクエストは、最後に入る大外枠はいいんじゃないかしら。

最近出遅れ癖のあるイスラボニータは偶数枠とこちらも良いを引いたわね。

まずは月曜日のデータをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
重賞組が好成績を挙げている(特にG3)
 
【前走着順別成績】
前走掲示板外の馬の巻き返しが見受けられる
 
【前走人気別成績】
前走6番人気以下の伏兵馬がよく馬券に絡む

というものだったわね。
 
ここからは新しいデータを使って予想していくわ。


最初は、人気別成績
人気別成績
人気

この表を見てわかる通り、富士ステークスでは4番人気以下の方が良い成績を挙げているのよ。
 
1番人気でさえ複勝率が40%と半分も馬券に絡んでないのよ。

軸として狙うのは4番人気以下の馬がおすすめなの!

私はこんな感じの人気順になると予想しているわ

1番人気:ロードクエスト
2番人気:ダノンプラチナ
3番人気:イスラボニータ
4番人気:ヤングマンパワー
5番人気:ガリバルディ
6番人気:フルーキー
7番人気:ブラックスピネル
8番人気:ブラックムーン
9番人気:テイエムイナズマ
10番人気:ミュゼエイリアン
11番人気:マイネルアウラート


次に、年齢別成績
年齢別成績
年齢

年齢別で見ると、勝ち馬の中心は3歳〜5歳までね。

6歳以上も馬券に絡んでいるけど頭はないと考えて、3歳~5歳から6歳以下に流すというのがセオリーのようね。

それじゃ、ここまでのデータをまとめるわ。
 
【前走クラス別成績】
重賞組が好成績を挙げている(特にG3)
 
【前走着順別成績】
前走掲示板外の馬の巻き返しが見受けられる
 
【前走人気別成績】
前走6番人気以下の伏兵馬がよく馬券に絡む
 
【人気別成績】
4番人気以下がいい数字を残している
 
【年齢別成績】
中心になるのは3歳馬〜5歳馬


これらのデータを各馬のレース内容をもとに私の印を発表するわ。
 
◎ヤングマンパワー
 
○イスラボニータ
 
▲ロードクエスト
 
△ダノンプラチナ
 
△フルーキー

ブラックスピネル


それじゃ、1頭ずつ触れていくわ。

本命
ヤングマンパワー(4歳)
【前走:関屋記念(G3)1着(3番人気)】
 
この春から夏にかけて力を付けてきたのがヤングマンパワー。
 
3歳の春にアーリントンカップを制しているけど、その後はなかなか勝ち星に恵まれることがなかったけど、今年に入って5戦4連対と馬の成長がピークに来ているようね。
 
前の方でも中団でも融通性のある脚質だから、ペースに合わせてレースが出来るのがこの馬のいいところね。
 
メンバー的に瞬発力勝負になる可能性が高いけど、イスラボニータと前目の競馬が出来れば残れる力があると思うわ!
 
【関屋記念】


 
対抗
イスラボニータ(5歳)
【前走:安田記念(G1)5着(4番人気)】
 
今年に入って、5着→5着→9着と競走馬としてのピークは過ぎて能力は下降線をたどっている一昨年の皐月賞馬。
 
現状としてG1で戦うのは厳しくなってきたけど、実績的にはNo.1だし、G3になれば上位争いはまだまだ出来るわ!
 
今回は、蛯名騎手からルメール騎手に替わって新たな1面を引き出す可能性もあるし、相性の良い東京競馬場なら逆転があっても不思議じゃないわ。
 
【安田記念】


 
単穴
ロードクエスト(3歳)
【前走:京成杯オータムハンデ(G3)1着(1番人気)】
 
新潟2歳ステークスと形成はオータムハンデを勝ち、NHKマイルカップでも2着とマイル適性の高いところを示している3歳馬。
 
2歳の秋から3歳の春にかけては、中山の坂で止まっていたようにパワー不足は否めなかったけど、前走の京成杯オータムハンデではその弱点も克服して見事勝利。
 
馬体重的にはプラス2キロと大きく増えたわけではないけど、力強さを増して春よりスケールアップしたのは間違いないわね。
 
この馬自慢の末脚を活かすには東京競馬場のような直線が長いコースが良いし、決めて勝負になりそうなメンバー構成を考えても上位争いは確実にしてくるわ。
 
【京成杯オータムハンデ】


 
連下
ダノンプラチナ(4歳)
【前走:京成杯オータムハンデ(G3)3着(2番人気)】
 
去年の富士ステークスの勝ち馬。
 
体質が弱くレース間隔を開けながらじゃないと結果を残す事が出来なかったけど、今回は前走から1ヶ月で出走出来るところを考えると体調も良さそうだし、叩き2戦目となる今回は前走以上のパフォーマンスが期待出来るわ。
 
東京競馬場で【3-0-0-1】と相性抜群だし、斤量も前走から1キロ軽くなる今回はチャンスありね。
 
【富士ステークス(2015)】


 
連下
フルーキー(6歳)
【前走:エプソムカップ(G3)2着(2番人気)】
 
G3は、常に上位争いを演じる事が出来るフルーキー。

今年、4回走った重賞で【0-2-1-1】と唯一4着に負けたのはG2中山記念。

ここ2走は、鋭い脚で追い込んでくるんだけど届かず2着。
 
脚の使いどころが難しい馬だけど、頭数も少なくなるし前走に引き続きデムーロ騎手が手綱を取るので、馬券圏内争いはしてくると考えるわ。
 
決めて勝負になれば引けは取らないし、押さえておいて損はないわね。
 
【エプソムカップ】


 
少頭数になった今年の富士ステークス。
エビコが目をつけたのは大きく崩れることのなく、堅実な走りをする馬とは…



注目穴馬

ブラックスピネル(3歳)
【前走:ポートアイランドステークス(OP)4着(1番人気)】
 
2歳のデビューから1度も掲示板を外すことなく堅実な走りをしているタニノギムレット産駒。
 
3走前に白百合ステークスまでは先行して結果を残していたのに、2走前にラジオNIKKEI賞で出遅れてからは後方からのレースが続いているわ。

この馬は、決め手で勝負する馬じゃないから理想のポジションはやっぱり前目ね。
 
この馬は京都に良績があるんだけど、東京と京都の馬場ってタイムが出やすい速い馬場で似ているから、東京で走るのは初めてだけど適性は高いと思うわ。
 
3歳馬が強いレースでもあるし、一発狙ってみたい馬ね。
 
【ポートアイランドステークス】



2016年的中実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る