ファルコンステークス

中京11Rファルコンステークス(GⅢ・芝1400m)
◎06 サトノルパン
○14 ショウナンアチーヴ
▲13 タガノグランパ
△09 カラダレジェンド

一昨年の中京コース改装以降、1400mでの施行となった当レース。昨年の覇者インパルスヒーローが次走NHKマイルCで2着と好走し、一昨年の覇者ブライトラインもダートに転じてマイル前後で活躍しているように、一介のスプリンターよりも、マイルで通用するスタミナとパワーを必要とするレースになった印象だ。

3歳スプリント路線の馬たちは目標とするレースがないため、仕方なくこのレースやNHKマイルCを目指す馬も少なくないが、余程の能力が無ければこのマイラー寄りの適性を求められるレースを克服できない。マイルに対する適性、または厳しいレースの経験を重要視するといいだろう。

そういうことなら、文句なく実績上位と言えそうなのが、G1朝日杯FSで2着となった○ショウナンアチーヴ。先行馬総崩れとなったキツい展開の朝日杯FSで、自ら動いて進出し、一旦は完全に抜け出した脚力はやはり評価せざるを得ない。この馬の動きに連れて進出してきたアジアエクスプレスに先着を許しはしたが、内容的には勝ちに等しく、不利な外枠からの好走だったことも評価を高めるポイントである。ただし今回は休み明け。まだ目標は先の馬でもあり、朝日杯FS組が思ったほどその後活躍していないことから疑ってかかるのもあり。

当方は順調に使ってきた強みを評価して◎サトノルパンを今回は推したい。

1800mのきさらぎ賞では伸びを欠き6着に敗れた◎サトノルパンだが、きさらぎ賞はトーセンスターダム、バンドワゴンといったこの世代を代表する存在になるであろうトップレベルとの戦いだった上、この馬自身少し距離が長かった印象。1400mの前走で再び鬼脚を見せ、やはり1600mまでなら超一流との評価は固まった。窮屈な形からでもスローの展開でも問答無用に伸びてくる堅実かつ切れる末脚はこのレース向きに思え、順調に使ってきていることから状態に関する心配も少ない。中心に推せる条件は整っている。

ほぼこの2頭で大丈夫な気がするが、もう1頭挙げればアーリントンCで2着となった▲タガノグランパ。前走はミッキーアイルを追いかける形で甘くなったが、本来の終いを生かす形なら強烈な末脚を使える馬で、実際中京の1400mで勝っているのも好材料。一角を崩せばこの馬か…。

カラダレジェンドは連闘で重賞を勝ち、未だ無敗で不気味だが、前走は恵まれた印象もあり、今回は休み明け。押さえ程度にしておく。

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る