エビコ

2016年エルムステークスで的中を呼び込む穴馬予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した2016年エルムステークス

2016年エルムステークス開催情報

レース名 エルムステークス
クラス G3
開催日 2016年8月14日(日)
開催場 札幌競馬場
レース番号 11R

2016年エルムステークス直前予想

馬番 馬名
10ショウナンアポロン
11モンドクラッセ
5ロワジャルダン
3ジェベルムーサ
12クリノスターオー
9ブライトライン
日曜日に札幌競馬場で行われる、ダート重賞のエルムステークスの直前予想をしていくわよ。
 
連日、オリンピックでメダルラッシュが続いて街中その話題で持ちきりよ。

そろそろ、私も金メダル級の当たりを出して街中の話題をオリンピックからエビコに変えてやるわ!
 
出走馬が決まったから見てちょうだい。
 
競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ナムラビクター牡756.0服部茂史田中淳司地方
22ヒラボクプリンス牡656.0吉田隼人加藤敬二栗東
33ジェベルムーサ牡657.0岩田康誠大竹正博美浦
44リッカルドセン556.0黛弘人黒岩陽一美浦
55ロワジャルダン牡557.0モレイラ戸田博文美浦
6サイモントルナーレ牡1056.0横山和生田中清隆美浦
67マルカフリート牡1056.0四位洋文浜田多実栗東
8ナリタスーパーワン牡756.0池添謙一松永昌博栗東
79ブライトライン牡756.0福永祐一鮫島一歩栗東
10ショウナンアポロン牡657.0松岡正海古賀史生美浦
811モンドクラッセ牡556.0柴山雄一清水英克美浦
12クリノスターオー牡656.0幸英明高橋義忠栗東
 
登録時点では12頭だったけど、1頭も回避することなく12頭が揃ったわ。

頭数は手ごろだけど確固たる実力馬が不在のレースだから、予想はなかなか難しいわね…

そこをデータでカバーしていくから任せてちょうだい!!
 
それじゃ、新しいデータを使って予想していくわ。

以下のデータは、新潟開催の2009年、函館開催の2013年を除く過去8回分のデータになるわ。

人気別成績
人気
 

人気別成績を見ると、過去の勝ち馬8頭の内7頭が3番人気以内と上位人気馬の信頼が厚いレースとなっているわ。
 
2着・3着に入った人気を見てみると、6番人気~9番人気の馬も馬券に絡んでいるのが分かるから、馬券の買い方としては上位人気馬を軸にして伏兵馬に流すのが良いわよ!
 
【前走1番人気】
・モンドグラッセ
・リッカルド
 
【前走2番人気】
・ロワジャルダン
・ショウナンアポロン
 
【前走3番人気】
・クリノスターオー
・ジェベルムーサ
・ナリタスーパーワン
 

次は、年齢別成績よ。
年齢別成績
年齢
 
今年の出走馬の年齢を見ると、1番若くて5歳、一番お年を召していて10歳と幅が広すぎるわ。
 
過去の重賞で10歳馬が2頭揃って同じ重賞に出走して来るなんて見たことないわよ!


上の表にもあるように、高齢馬よりは若い馬の方に分があるのは分かるわよね。

今年は4歳馬が未出走だから、予想の軸としては5歳馬になってくるし相手の筆頭は6歳馬ね。
 

 10歳馬の2頭はバッサリ斬らせてもらうわ!!! 
 
【5歳】
・モンドグラッセ
・リッカルド
・ロワジャルダン
 
【6歳】
・クリノスターオー
・ショウナンアポロン
・ジェベルムーサ
・ヒラボクプリンス
 
 
それじゃ、これまでのデータをまとめるわよ!
 

■前走クラス別成績
オープン特別組の好走が目立つ
 
■前走着順別成績
1着だった馬は最多の3勝を上げている
 
■前走人気別成績
過去8頭の勝ち馬全てが前走で4番人気以内に支持されていた
 
■人気別成績
3番人気以内の馬の信頼が厚い
 
■年齢別成績
5歳・6歳が中心になる



これらを踏まえて、私の印を発表するわ!
 
◎ショウナンアポロン
 
○モンドグラッセ
 
▲ロワジャルダン
 
△クリノスターオー
 
△ブライトライン
 
ジェベルムーサ
 
じゃ、1頭ずつ触れて行くわ!
 
本命
ショウナンアポロン(6歳)
【前走:マリーンステークス1着(2番人気)】
 
4走前にマーチステークスを勝った後は、相手強化や出遅れなどが原因で6着、12着と振るわない成績なの。
 
前走のマリーンステークスは、久々にブリンカーを付けたことで集中力が増して、スタートから終始抜群の手応え。
 
直線入り口では後続馬の手が動く中、ショウナンアポロンだけが抜群の手応えで直線に入って着差以上の強さを感じる勝利だったわ。
 

前走で同じ距離を経験出来たのは良かったし、ブリンカー着用の効果も出ているから2度目の重賞制覇に向けて視界良好と言ったところね。
 

対抗
モンドグラッセ(5歳)
【前走:大沼ステークス1着(1番人気)】
 
3走前の東海ステークスで2着に入っているように力は間違いなく重賞で通用する馬なの。

フェブラリーステークスも負けたとは言っても勝ったモーニンから1秒も離されてないし、前走の大沼ステークスに至っては単勝1倍台の圧倒的人気に応えて完勝。

2番手から4コーナーで先頭に立って押し切るレースは強いの一言。
 
特に
 この馬は、札幌と函館のダートでは5戦負けなしとコース適性が非常に高いのよ。 
 
これだけ書けば死角らしい死角は見当たらないけど、1番人気故にマークが厳しくなってしまう恐れがあるから敢えて対抗にしたわ。
 

単穴
ロワジャルダン(5歳)
【前走:平安ステークス10着(2番人気)】
 
6走前のみやこステークスを制して以降、イマイチ調子が上がってこないのよね。

特に前走の平安ステークスでの大敗は不可解でしょうがないの。
 
こうなると、馬の力が足りないのかメンタル的な問題なのかは分からないけどもう少し走っても良いと思うのよね。
 

今回は休み明けでフレッシュな状態で臨めるし、鞍上には今や世界最高のジョッキーと言われているモレイラ騎手が乗るから復活があっても不思議じゃないわよ!
 

連下
クリノスターオー(6歳)
【前走:平安ステークス2着(3番人気)】
 
メンバー唯一の重賞3勝馬のクリノスターオー。
 
去年の後半はスランプに陥ったけど、今年に入って徐々に調子を上げてきたわね。
 
前走の平安ステークスは、アスカノロマンには離されたけど持ち前の粘り強さを発揮出来ているし良いレースをしているわね。
 

ただ、勝ちきれていないところを見ると相手筆頭と考えてこの評価にしたわ。
 

連下
ブライトライン(7歳)
【前走:プロキオンステークス4着(5番人気)】
 
今年は1度も掲示板を外しておらず堅実な走りを見せているブライトライン。

ただ走っている距離が1400m~1600mと言うのが気がかりなのよね。
 

2走前のオアシスステークスで東京の1600mをこなしているように、中距離が全くダメと言う訳ではないと思うから今回の1700mは許容範囲と見ているわ。

 
少頭数の中から見つけた伏兵馬。
エビコの眼に留まったキラリと光るその馬とは・・・。

 

注目穴馬


ジェベルムーサ(6歳)
【前走:ブリリアントステークス8着(3番人気)】
 
去年のエルムステークスの覇者であるジェベルムーサ。

そのエルムステークス以降、1年弱の休養を経て復帰した前走のブリリアントステークスでは、果敢に先行するも直線では伸びることなく失速。
 
それでも、8着に粘っていれば及第点を上げていいんじゃないかしら。
 
今回は長期休養開けの叩き2戦目だし、状態は確実に上向いてくるわ。

好枠を活かしてロスなく立ち回れれば馬券圏内も十分可能よ!!




実績


エルムステークス予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる