中日新聞杯

中京11R中日新聞杯(GⅢ・芝2000m)
◎16 ヤマニンボワラクテ
○18 クルーガー
▲4 バウンスシャッセ
△13 レコンダイト
×6 アングライフェン
中日新聞杯、枠番確定後の最終予想です!
アルバートドックの重賞連覇は叶うのか?
というところに注目が集まっているかと思いますが・・・

アドレナリン競馬ではアルバートドックは消しと考えています

1番人気をあっさり消せるその根拠は・・・?
これからデータに基づいて詳しく説明して参ります。
まずは枠番から見ていきましょう。

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ライズトゥフェイム牡656.0石川裕紀加藤征弘美浦
12サトノアポロセン856.0蛯名正義国枝栄美浦
23メドウラーク牡555.0バルジュ橋田満栗東
24バウンスシャッセ牝555.5田辺裕信藤沢和雄美浦
35サトノノブレス牡658.0川田将雅池江泰寿栗東
36アングライフェン牡455.0吉田隼人安田隆行栗東
47デウスウルトセン855.0幸英明平田修栗東
48ブライトエンブレム牡457.0ルメール小島茂之美浦
59ショウナンバッハ牡555.0池添謙一上原博之美浦
510アルバートドック牡457.0松若風馬須貝尚介栗東
611ケツァルテナンゴ牡456.0シュタル笹田和秀栗東
612メイショウカンパク牡952.0鮫島克駿荒川義之栗東
713レコンダイト牡655.0武豊音無秀孝栗東
714ヒストリカル牡757.0田中勝春音無秀孝栗東
715ファントムライト牡755.0戸崎圭太藤原英昭栗東
816ヤマニンボワラクテセン555.0藤懸貴志松永幹夫栗東
817ロンギングダンサー牡753.0横山和生勢司和浩美浦
818クルーガー牡455.0福永祐一高野友和栗東


18頭の有力馬が揃いました。


さて、それではデータを見ていきましょう。
今回は中京競馬場の開幕週限定、脚質別成績になります。
期間は中京競馬場の全面改造工事が完了後の2012~2016年になります。

中京競馬場開幕週限定脚質別成績
逃げ 16-14-14-144/188
勝率8.5% 連対率16.0% 複勝率23.4%

先行 56-53-58-463/630
勝率8.9% 連対率17.3% 複勝率26.5%


差し 88-92-79-928/1187
勝率7.4% 連対率15.2% 複勝率21.8%

追込 17-17-24-771/829
勝率2.1% 連対率4.1% 複勝率7.0%

中京競馬場と言えば差し、追い込み有利と言うイメージが強い(差し馬の勝率は44.1%)ですが、こと開幕週に限れば話は別

逃げ・先行が有利、差しも届くけれど、追い込みは厳しいという結果が出ています。
今回逃げ馬らしい、逃げ馬はほとんどいませんので、スローペース濃厚

つまり普段の開幕週以上に前に行った馬が有利になるという事です

逆に言えば、1番人気になるであろうアルバートドックは後ろからの競馬を得意とするため、今回は消して構わないと考えています
逃げ・先行馬の前残りを中心に予想を組み立てれば高確率で取れるレース、ここは是が非でも取りに行きます!

それでは月曜日のデータと合わせて私の最終的な中日新聞杯予想を発表させて頂きます!


注目馬1
×アングライフェン
(脚質 先行・差し)

1600万下を勝ち上がってきた馬は勝率が高い事を月曜記事でご説明しました。
アングライフェンはその対象であり、また前での競馬もこなすことが出来ます。

それ程人気にならないでしょうから、高い配当を狙う為に、予想に組み込んでおきたい1頭でしょう。

注目馬2
△レコンダイト
(脚質 逃げ・先行)

逃げ・先行の脚質優位と、何より今回調教の動きが抜群でした。
武豊騎手の技術で力を発揮できれば、十分勝ち負けになるでしょう。

昨年は目黒記念2着などの実績もあり、決して侮れない1頭です。

注目馬3
▲バウンスシャッセ
(脚質 逃げ・先行)

今回の中日新聞杯では、前で競馬出来る馬があまりいませんが、先行馬の中で唯一内枠を引けたのがこの馬。

前走の愛知杯1着から変わらぬ勢いで、しかもその時と同じ2枠4番!
恐らく人気では5、6番手程度に留まるでしょうから、高配当を狙う上でも馬券の軸に組み込みたいですね。


さて、ここからがいよいよ本命・対抗の穴馬2頭をご紹介します!
中京競馬場で無類の強さを誇るあの馬が、実は低人気に甘んじているのです・・・。
その馬を知れば高確率な高配当が現実に!

注目馬4
○クルーガー(脚質 逃げ・先行)
中日新聞杯への相性が良い1600万下を勝ち上がり、ここ5戦で3勝と上り調子。
軽ハンデで、逃げ・先行有利と、クルーガー優位のデータはこれでもか!という程揃っています。

後はその実力を示すのみ!・・・ですが、唯一大外の枠順が気がかり。

注目穴馬1

◎ヤマニンボワラクテ(脚質 逃げ・先行)
中京競馬場では4戦2勝2着1回3着1回。
すなわち勝率50%、複勝率100%という抜群の成績。
さらにこれだけ前の競馬が有利であるという状況が揃ったからには。この馬の出番!と言って差し支えないでしょう。
AJCCを5着とG2でも戦えることを示していますし、穴馬狙いでは外せない1頭です。


うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る