ダービー卿チャレンジトロフィー

中山11Rダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ・芝1600m)
◎8 グランシルク
○10 ダイワリベラル
▲7 ガリバルディ
☆3 ロジチャリス
△5 キャンベルジュニア
△11 マイネルアウラート
レースの見どころ
ダービー卿チャレンジトロフィーは、春のマイル王を決める「安田記念」につながる大事な一戦!

過去10年で見ると1,2,3番人気の計30頭が馬券に絡んだのはわずか7頭。

大荒れ必須のハンデ重賞だから、穴党の競馬ファンにとっては必見のレースよね。

今回の穴馬は、重賞では馬券にも絡んだことの無い馬!

私は1着まであると思っているから、ぜひ馬券には入れてちょうだい!!


まずは出走馬を見てちょうだい。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11シェルビー牡854.0田辺裕信笹田和秀栗東
12クラリティシチー牡655.0松岡正海上原博之美浦
23ロジチャリス牡556.0内田博幸国枝栄美浦
24ショウナンアデラ牝553.0蛯名正義二ノ宮敬美浦
35キャンベルジュニア牡555.0シュタル堀宣行美浦
36コスモソーンパーク牡954.0丹内祐次池上昌弘美浦
47ガリバルディ牡657.0池添謙一藤原英昭栗東
48グランシルク牡555.0戸崎圭太戸田博文美浦
59シベリアンスパーブ牡854.0田中勝春手塚貴久美浦
510ダイワリベラル牡656.0北村宏司菊沢隆徳美浦
611マイネルアウラート牡657.0柴田大知高橋裕美浦
612ロイカバード牡455.0横山典弘松永幹夫栗東
713ショウナンバッハ牡654.0柴山雄一上原博之美浦
714サンライズメジャー牡856.5柴田善臣浜田多実栗東
815ダンツプリウス牡456.0丸山元気山内研二栗東
816クラレント牡857.5岩田康誠橋口慎介栗東

次に、月曜日に出したデータを振り返っておくわね。

【前走クラス別成績】
G3OP特別組が多く馬券に絡んでいるけど、1600万を勝って出走して来た馬の数字が良い。

【前走着順別成績】
前走掲示板を確保した馬が多く馬券に絡んでいるが、掲示板外の巻き返しも十分可能。

【前走人気別成績】
前走1番人気だった馬より、35番人気だった馬の好走が目立つ。
前走10番人気以下だった馬も3着に入っているからここも要注意。

【前走脚質別成績】
前に行った方が圧倒的に有利

【人気別成績】
上位人気馬は不振で伏兵・穴馬の台頭が多く目立つ。


注目ポイント1

“内枠優勢”

ダービー卿チャレンジトロフィーが行われる中山1600mは、スタートして239.8mの直線の後は最後の直線を向くまでずっと緩やかなカーブが続いているのよね。

スタートが上手い内枠先行馬は、経済コースを走れるから有利なのよね。

外枠馬が馬券に絡まないというわけでは無いけど、軸にするなら内枠馬が良いわね。

ただ、今年も荒れるだろうから、ボックス外も常套手段だと思うわ!


注目ポイント2

“人気薄の重いハンデの馬は凡走傾向”

人気薄の重いハンデの馬=過去の実績は良いものの近走凡走を続けている馬。

この方程式がある限り、いくら荒れるレースだからと言っても、人気がない重いハンデの馬に期待するのは危ないわ。
狙うなら軽斤量の人気薄にしなさい!!

57.5Kg以上で出走して当日5番人気以下の馬は、過去10年で12頭走って馬券に絡んだことはないわ!

今回だとクラレントはそれに該当しそうね。


【注目ポイント3】

“4,5歳馬が好走傾向”

過去10年で馬券に絡んだ30頭の内、4,5歳馬は23頭が馬券に絡んでいるわ。

前に行った方が明らかに有利というデータから考えると、少々ペースの速い競馬になると思うの。

そうなった時にスピードに対応できる元気な馬となってくると、4,5歳の若い馬の方が好走するという事になってくるんでしょうね。

ちなみに各馬の馬齢を見てみると

【4,5歳馬】
キャンベルジュニア(5歳)
グランシルク(5歳)
ショウナンアデラ(5歳)
ダンツプリウス(4歳)
ロイカバード(4歳)
ロジチャリス(5歳)


【6歳以上】
ガリバルディ(6歳)
クラリティシチー(6歳)
クラレント(8歳)
コスモソーンパーク(9歳)
サンライズメジャー(8歳)
シェルビー(8歳)
シベリアンスパーブ(8歳)
ショウナンバッハ(6歳)
ダイワリベラル(6歳)
マイネルアウラート(6歳)


それじゃあ、私の印を発表するわ。

◎グランシルク

○ダイワリベラル

▲ガリバルディ

△キャンベルジュニア

△マイネルアウラート

ロジチャリス


それじゃ、1頭ずつ触れていくわ。

本命
グランシルク(牡5)
【前走:ニューイヤーステークス(OP)2着(1番人気)】

少し後ろ目の中団に構えてレースを運びたい馬。

それなのに前目有利の中山に9回出走して、7回馬券に絡んだ中山巧者!

馬券に絡まなかった内の1回は、勝ち馬とタイム差なしの4着。

同型で一番怖かったグレーターロンドンも回避したことだし、充実期に入った元気いっぱいの5歳馬には敵はいなそうよ!

人気所に本命を打つのは忍びないけど、間違いなく馬券内だと思うわ!


対抗
ダイワリベラル(牡6)
【前走:東風ステークス(OP)2着(5番人気)】

先行から逃げに変えてのレース運び。
前に壁を作らなくても折り合って走れた点は好感が持てたわね。

ゴール前差されちゃったけど、良い粘り腰を見せてくれたわ!

中山での成績も14戦して10回馬券に絡んでいるの。

人気薄で見過ごしがちな情報、この馬が馬券に絡めば美味しいわ!

5枠10番で内に逃げそうな馬もいないから好枠。

逃げ馬だけに並ばれたらどうなるかで2番手評価にしたけど、この相手なら逃げ切れる可能性は十分にあると思うわ!


単穴
ガリバルディ(牡6)
【前走:大阪城ステークス(OP)3着(4番人気)】

前走を除き近走は重賞続き、それらの勝ち馬はアストラエンブレム、サトノクラウン、エアスピネル、ミッキーアイル、ヤングマンパワーとそうそうたるメンバーと対決してきたのが分かるわ。

速めのマイルに対応できるか、中山が合うかがポイントになるけど、ゴール前に急坂のある阪神も走れるし、マイル重賞の中京記念の勝ち馬。

相手関係を考えれば一発あってもおかしくないわよ!


連下
キャンベルジュニア(牡5)
【前走:幕張ステークス(1600万下)1着(1番人気)】

去年は1番人気で8着と凡走したけど、その時は先行策から転じて逃げたのよね。
これまで逃げたことがない馬にとっては走りにくかったようね。

そこからは間隔をとりながら条件戦を確実に経験。

前走は1倍台のオッズで、2着に0.3秒差付けて勝ち切った今ならチャンスはあるわ!

ただ心配なのは、今回また逃げるかもしれないと言うこと…

外から逃げてくれる馬が前に行ってくれるとは思うけど、独特な形状の中山1600mコース。

スタート次第で先頭に立ったならば、昨年の二の舞もあり得るわ…


連下
マイネルアウラート(牡6)
【前走:東京新聞杯(G3)4着(4番人気)】

1列目にいないと好走できない印象で、気持ちよく逃げられると強い馬。

今回は隣に逃げそうな馬がいて、自分のペースで逃げられるかがカギになりそうね。

右回りが苦手なわけでは無いけれど、重賞で結果を出すのは左回り。

注目馬にいれたのは、人気が出そうだから敢えて注意してね!という理由!

前々走のニューイヤーステークスは上手に逃げ切ったけど、今回は難しいと思うわ!


安田記念へ向けての大事な一戦
大荒れ必須のダービー卿で、
高額配当を引っ張てくる穴馬は!?



注目穴馬

ロジチャリス(牡5)
【前走:東風ステークス(OP)3着(3番人気)】

これまでの重賞では掲示板が目一杯…

でも半年の休養明けでそれなりの走りが出来たわね。

久々だったから+8キロの馬体重よりもゆるめに見えたわ。

その分コーナーでは遅れを感じたけど、それでも3着まで届いたわね。

大型馬だからパワーのいる中山は合うし、今回は一叩きの上積みがあるはず!

2枠3番という枠を活かして、中団前目の位置取りで走れれば馬券圏内はあるわ!

馬券から外すには惜しい一頭よ!


2017年的中実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る