エビコ

2016年CBC賞で的中を呼び込む穴馬予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した2016年CBC賞

2016年CBC賞開催情報

レース名 CBC賞
クラス G3
開催日 2016年7月3日(日)
開催場 中京競馬場
レース番号 11R

2016年CBC賞直前予想

馬番 馬名
2エイシンブルズアイ
5ベルカント
11レッドファルクス
10シンデレラボーイ
12ベルルミエール
3スノードラゴン

今週、日曜日に中京競馬場で行われるCBC賞の直前予想をしていくわよ。
去年のサマースプリントチャンピオンのベルカント。
高松宮記念5着のエイシンブルズアイ、一昨年のスプリンターズステークスの制したスノードラゴンなど実績馬が顔を揃えたわね。
 
それじゃ、枠順を見てちょうだい!
 
競走実績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ジョディーズロマン牝648.0酒井学飯田雄三栗東
22エイシンブルズアイ牡557.0石橋脩野中賢二栗東
33スノードラゴン牡858.5大野拓弥高木登美浦
44メイショウライナー牡654.0秋山真一高橋義忠栗東
5ベルカント牝555.5藤岡康太角田晃一栗東
56ラインスピリット牡555.0森一馬松永昌博栗東
7ラヴァーズポイント牝650.0松若風馬高橋康之栗東
68ワキノブレイブ牡656.0浜中俊清水久詞栗東
9サドンストーム牡756.0ルメール西浦勝一栗東
710シンデレラボーイ牡654.0川田将雅矢作芳人栗東
11レッドファルクス牡556.0M.デム尾関知人美浦
812ベルルミエール牝553.0太宰啓介高橋亮栗東
13サクラアドニス牡853.0和田竜二村山明栗東


最終的には13頭と過去10年で1番少ない頭数になったわね。
 
まず下の表を見てちょうだい。
中京競馬場コース改修後(2012年~)のCBC賞の3連単の配当よ。

3連単


大きく荒れたのは2014年だけで、それ以外の年では比較的堅目の結果と言えるわ。

特に、2013年と2015年は1~3番人気までが3着を占めていて無理な穴狙いも避けた方が良さそうね。

生粋の穴党の私もこのレースは出番が無さそう…
そんなわけないでしょ!

1番人気~3番人気で決まった2013年、2015年でも8000円以上なのよ?
ということは、堅めの決着でも美味しく稼げるってことよ!
 
 
それじゃ、月曜とは違うデータを使ってCBC賞の予想をして行くわよ。

以下のデータはCBC賞の過去10年分のデータになるわ。

 
脚質別成績
脚質 
逃げ馬も馬券に絡んでいるけど、頭数的には先行・差しタイプの好走が目立つわ。

開幕週だから、ある程度前でレースを運べる馬が有利と言えそうだけど、出走頭数が少ないから差し馬にもしっかり注意をする必要があるわ。

展開一つで差し馬の台頭もあり得るし、4コーナーで良い位置にいれば差し切る事も十分可能ね。


 
斤量別成績
斤量 
まるでハンデ戦とは思えない結果になっているんだけど・・・
斤量の重い実力馬がここでも結果を残している事になるのね。
これが馬券の荒れない要因なのよ。


斤量が重くなるほど勝率が良くなっている事から、
ここは素直に実力馬を中心に予想していくのが良いわ。

 
【~49㎏】
・ジョディーズロマン
 
【49.5㎏~51㎏】
・ラヴァーズポイント
 
【51.5㎏~53㎏】
・サクラアドニス
・ベルルミエール
 
【53.5㎏~55㎏】
・シンデレラボーイ
・メイショウライナー
・ラインスピリット
  
【55.5㎏~57㎏】
・エイシンブルズアイ
・サドンストーム
・ベルカント
・レッドファルクス
・ワキノブレイブ
 
【57.5㎏~59㎏】
・スノードラゴン
 
それじゃ、私の印を発表するわ!
 
◎エイシンブルズアイ
 
○ベルカント
 
▲レッドファルクス
 
△ベルルミエール
 
△スノードラゴン

 
シンデレラボーイ
 
 
本命
エイシンブルズアイ(57kg)
【前走:高松宮記念5着(5番人気)】
 
2走前のオーシャンステークスで重賞初制覇を飾って挑んだ前走の高松宮記念では、
後方の馬には厳しい展開で、ゴール手前で前が壁になる不利もありながら、しっかりと追い込んで5着まで来たのは評価出来るわ。
 

休み明けとは言え、近走の実績を考えれば負けられない1戦になるわよ。
 

対抗
ベルカント(55.5kg)
【前走:アルクオーツスプリント12着(10番人気)】
 
去年のサマースプリントチャンピオンがCBC賞に参戦して来たのね。

 
この馬のベストパフォーマンスは、去年の北九州記念。

スタート後、5番手でしっかり折り合って直線であっさりと後続を突き放した走りは完璧なレースだったわよ。
 
その時の2着は今年の高松宮記念を制したビックアーサー。
この時と同じようなレースが出来れば勝ち負けは濃厚ね。


 
単穴
レッドファルクス(56kg)
【前走:欅ステークス1着(5番人気)】
 
前走はダートの欅ステークスを5番手から抜け出して快勝。

 
ダートの方が勝ち鞍は多いからダート馬の印象があるけど
血統的には芝も十分こなせると思っているわ。


その証拠に中京・芝の成績は【2-0-0-0】と勝率100%
 
上手く前の方のポジションを取れれば上位争いも可能よ!

 

連下
サドンストーム(56kg)
【前走:春雷ステークス3着(8番人気)】
 
去年のCBC賞で3着に入ったこの馬。
 
昔は後方一辺倒の追い込み馬のイメージだったけど、
ここ最近は中団でもレースが出来るようになってきて脚質に幅が出てきたわね。
 

前走の春雷ステークスは、内で我慢させて直線で良く伸びて3着。

この馬は中山の様な急坂は得意な舞台ではないのに、そこでしっかりと馬券圏内を確保できたのは評価出来るし、緩やかな坂の中京なら十分走れるわ。
 
勝ち負けまでは厳しいと思うけど3着争いなら期待できるわ。
 

連下
スノードラゴン(58.5kg)
【前走:北海道スプリントカップ3着(3番人気)】
 
一昨年のスプリンターズステークスの覇者が長い休みを経て、
復帰戦に選んだのが4走前のオーシャンステークス。
 
1年以上の休み明けで挑んだレースにも関わらず、
しっかりと脚を伸ばして3着を確保する走りっぷりはさすがG1馬と言った感じね。

 
3走前の高松宮記念は早すぎた勝ちタイムがこの馬には向かなかったけど、
勝ちタイムが遅くなりやすいCBC賞なら馬券争いが期待できるわよ。

 
斤量の58.5キロは重すぎる印象があるけど…G1馬の底力に託してみたいわ。
 

エビコが見つけた中穴馬!
誰も目を付けないこんな伏兵を紹介するわ!

 

注目穴馬

シンデレラボーイ(54kg)
【前走:安土城ステークス4着(6番人気)】
 
前走は完全な前残りの展開を直線12番手から追い込んで4着。
負けたとはいえ悲観する内容ではなかったし、
むしろレースとしては中身のあったレースに見えるわ。

 
距離に関しては1200mが良いと思っているし、
出走頭数が少ないから差し馬の台頭を期待するこのレースなら
穴を開ける資質は十分に備わっているわ。

 
鞍上はダービージョッキーの川田騎手。
スタートも上手く前に付けるのも得意なジョッキーだから、
中団やや前目に付けられれば一発あってもおかしくないわよ!




実績


CBC賞予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる