G1レース展望
レースの見どころ
今週の土曜日に阪神競馬場でチャレンジカップが行われるわ。
 
2012年から12月開催に変わって、距離も1800mに変更されたまだまだ歴史の浅いレース。
 
ただ、トリッキーな阪神競馬場で行われるハンデ重賞だけあって、毎年のように穴馬が馬券圏内に顔を出している面白いレースなの。
 
今年もここが年内最後のレースになる馬が多そうで、様々な路線から、色んな思惑を抱えた馬が集まっているから大混戦が予想されるわよ。
 
もちろん、既に路線の目星は付けているわ!
 
 
それじゃ、今年の登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
エキストラエンド57.0角居勝彦栗東
クラリティスカイ57.5斎藤誠美浦
クランモンタナ56.0音無秀孝栗東
グァンチャーレ55.0北出成人栗東
ケイティープライド52.0角田晃一栗東
ケツァルテナンゴ56.0笹田和秀栗東
シルクドリーマー53.0黒岩陽一美浦
ダノンメジャー55.0橋口慎介栗東
ディサイファ58.5小島太美浦
ドレッドノータス55.0矢作芳人栗東
ヒストリカル57.0音無秀孝栗東
フェイマスエンド54.0鮫島一歩栗東
フルーキー57.5角居勝彦栗東
ブラックスピネル55.0音無秀孝栗東
プランスペスカ53.0松永昌博栗東
ベルーフ57.0池江泰寿栗東
マイネルハニー55.0栗田博憲美浦
レプランシュ54.0高野友和栗東
クロコスミア53.0西浦勝一栗東
タッチングスピーチ55.0石坂正栗東
ヒルノマテーラ54.0昆貢栗東
デウスウルトセン53.0平田修栗東
メイショウナルトセン56.0本田優栗東

フルゲートは18頭。
23頭の登録馬がいるから、今年もフルゲートになりそうよね。
 
G1馬のクラリティスカイや、牝馬限定ながらG1好走歴のあるタッチングスピーチ重賞を4勝しているディサイファ重賞常連のフルーキーなど、本当に個性豊かなメンバーが揃ったわね。
 
それじゃ、ここからデータを使ってチャレンジカップを分析していくわ。
 
以下のデータは、チャレンジカップ過去4年分のデータになるわ。

データ数は少し寂しいんだけど、面白い傾向があるから注目よ。


最初は、前走クラス別成績
前走クラス別成績
前走クラス

前走がG2だった馬は2頭しか出走していないのでデータ的に参考外!

今年の登録馬で前走がG2だったメイショウナルトはさすがに厳しいそうね。
 
それよりも注目すべきは前走で1600万下を走ってきた馬の成績よ。

重賞を走ってきた馬に比べても遜色ないのよね。

ハンデもあるんだろうけど、これは他のレースではなかなか見られない傾向よ。
 
ちなみに、今年の登録馬で前走が1600万下だったのは3頭。

その3頭すべてが前走を快勝して勢い十分だから大注目よね。

【前走G1】
・クロコスミア
・タッチングスピーチ
・ディサイファ
・ヒストリカル
・ヒルノマテーラ
 
【前走G2】
・メイショウナルト
 
【前走G3】
・クランモンタナ
・ケイティープライド
・ケツァルテナンゴ
・ブラックスピネル
・マイネルハニー
 
【前走OP特別】
・エキストラエンド
・クラリティスカイ
・デウスウルト
・ドレッドノータス
・フェイマスエンド
・プランスペスカ
・フルーキー
・ベルーフ
・レプランシュ
 
【前走1600万下】
・グァンチャーレ
・シルクドリーマー
・ダノンメジャー


次は、前走距離別成績
前走距離別成績
前走距離

これは本当にバラバラね…
ここまで統一性のない過去データも珍しいわ。
 
一言だけ。
前走の距離に関しては気にしなくていいわ(笑)


次は、前走着順別成績
前走着順別成績
前走着順

これも極端で面白い感じね。
 
前走で1着だった馬の成績が良いのは理解できるわ。

体調管理の難しい季節だから、好調子を維持できているような馬が連続好走しているのね。
 
ただ、前走2着~5着とソコソコ好走している馬たちの成績が悪いのが目に付くわ!
 
逆に前走で6着~9着に負けている馬の巻き返しが目立つわ!

なんか先月のマイルCSでもこんな事あったわよね。
 
繰り返しになるけどこのレースも、

■前走で2着~5着 → ある程度人気しそうだけど、凡走傾向にある
■前走で6着~9着 → 人気は一息だけど、激走傾向にある
 
穴党には美味しいデータね!

【前走1着】
・グァンチャーレ
・シルクドリーマー
・ダノンメジャー
 
【前走2着~5着】
・エキストラエンド
・クラリティスカイ
・ケイティープライド
・デウスウルト
・ドレッドノータス
・フェイマスエンド
・フルーキー
・ベルーフ
・マイネルハニー
 
【前走6着~9着】
・クロコスミア
・ケツァルテナンゴ
・タッチングスピーチ
・ヒストリカル
・ブラックスピネル
・プランスペスカ
 
【前走10着以下】
・クランモンタナ
・ディサイファ
・ヒルノマテーラ
・メイショウナルト
・レプランシュ


次は、前走人気別成績
前走人気別成績
前走人気

これまた面白いわ。
前走で上位に支持されていた馬の成績は本番でも良いけど、前走で軽視されていた馬が本番では好走傾向にあるのよね。

これはハンデ戦って事も大きく影響してそう。
 
前走で人気のなかったような馬が、本番で重いハンデを背負わされる事が無いってこと。

前走人気薄を良い事に、ここに向けて隠れて走った馬を見つければ、美味しいレースになるってことよ!


それじゃ、データをまとめるわ。
 
【前走クラス別成績】
前走で1600万下を走っていた馬に注目
 
【前走距離別成績】
前走距離は気にしなくてOK
 
【前走着順別成績】
前走1着馬が強い、ただ前走6着~9着の馬に要注意
 
【前走人気別成績】
前走で6番人気以下の馬に注目


これらのデータと各馬のレース内容をもとに、私のオススメ馬を紹介するわ。

注目馬1
ダノンメジャー
【前走:八坂ステークス 1着(3番人気)】
 
主戦の小牧騎手が再三「大物」と語っていたダノンメジャーが、前走の八坂ステークスで完全に本格化した印象をうけたわ。
 
前走で負かしたナムラシングンにしたって、レベル高い今年の3歳世代で皐月賞を7着したような馬。

そのナムラ相手に2キロ差があっての快勝は強い内容よ。
 
休み明けを2回叩かれて本調子!ここは激走があっても驚けないわ。


注目馬2
ディサイファ
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)10着(10番人気)】
 
例のマイルチャンピオンシップで最も被害を受けた馬よ。

何度もレースを観かえしたけど、あれがなければやっぱり勝ち負けに加わっていたと思うわ。
それぐらい勢いのある脚色だったわよ。
 
重賞を4勝もしている実績はこのメンバーでは群を抜いていて、年齢的な衰えがないのは前走で証明済み。
 
まともに走れば大崩れは考えづらいわ!


注目馬3
フルーキー
【前走:キャピタルステークス 5着(1番人気)】
 
今秋の2戦が不可解な負け方なのは気にかかるけど、この馬の能力が重賞級なのは誰もが認めるところよね。
 
重賞での馬券圏内は常連だし、昨年のこのレースの勝ち馬なわけだから、秋3走目のここで一気に復活されても驚けないわよね。
 
距離延長で末脚が活きる展開なら勝ち負けしそうね。


注目馬4
ベルーフ
【前走:カシオペアステークス 3着(1番人気)】
 
昨年の京成杯以来、勝ち星から遠ざかっているけど重賞では2着が2回あるし、能力はやっぱりあるわよね。
 
展開に左右される面が大きいのかしら。
あと一歩のイメージが強い馬でもあるわ。
 
阪神コースは2歳時のエリカ賞以来だけど、エリカ賞を快勝しているように適性は高そうだわ。
 
人気が落ちるようなら狙い目ね。


今年のチャレンジカップは大波乱までありそう!
ハンデ重賞だからこそ獲らなければならないレース!
エビコが目をつけた激走濃厚な馬とは…



注目穴馬

クロコスミア
【前走:秋華賞(G1)6着(10番人気)】
 
重賞でも再三好走しているにも関わらず、いつも人気にならないタイプの馬よね。
こういうタイプ、嫌いじゃないわ!
 
阪神の1800mは2走前のローズステークスで激走した舞台よね。
休み明けのプラス14キロで、負けたのはあのシンハライトなんだから、悲観どころか、大いに評価しなければいけない内容よね。
 
1800mは2歳時に札幌2歳ステークスでも3着しているし、この馬にとってピッタリな距離じゃないかしら。
 
ここ2走ですっかり板についた逃げの戦法で、再びアッと言わせる事を想定しているはずよ!



サラのおすすめ馬
サラの指数予想公開
週末の直前予想記事に、私が独自で作った指数予想を展開などのコメント付きで掲載!
馬券の範囲は堅め~中穴まで、的中率を中心に「あっと驚く」激走馬を紹介するわ!


2016年的中実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る