G1レース展望
3月6日(日)に、中山競馬場で皐月賞トライアルの弥生賞が行われ、
3着までに皐月賞の優先出走権が与えられる競走になっています。
今年は、朝日杯フューチュリティーステークスの1・2着馬が参戦してくるので、
本番に向けて非常に楽しみなレースとなります。
 
では、まず登録馬から見て行きます。

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アドマイヤエイカン56.0須貝尚介栗東
イマジンザット56.0斎藤誠美浦
エアスピネル56.0笹田和秀栗東
エディクト56.0二ノ宮敬美浦
ケンホファヴァルト56.0森秀行栗東
タイセイサミット56.0矢作芳人栗東
プレイヤーサムソン56.0大和田成美浦
マカヒキ56.0友道康夫栗東
モーゼス56.0大江原哲美浦
モウカッテル56.0森秀行栗東
リオンディーズ56.0角居勝彦栗東
ヴィガーエッジ56.0池上昌和美浦
シャララ54.0田村康仁美浦

 
先週の段階では5頭しか登録が無いのではと言われていたのですが、
現状で13頭の登録があり全ての馬が出走可能となっています。
 
それでは、データ面から弥生賞を見て行きます。
このデータは弥生賞の過去10年のデータになります。
是非、皆さんの予想にお役立てください。
 
人気別成績
1番人気(6-1-0-3)

2番人気(2-1-3-4)

3番人気(0-1-0-9)

4番人気(0-2-0-8)

5番人気以下(2-5-7-71)

1番人気の連対が70%、2番人気の連対が30%とかなり信頼を置けます。

5番人気以下の馬の台頭も目立ちますが、10番人気以下は厳しいです。

今回は、リオンディーズが1番人気、
エアスピネルが2番人気になるでしょうから、要注目です。
 
前走クラス別成績
G1(1-2-3-6)

G2(0-0-0-2)

G3(7-4-6-33)

OP特別(1-1-0-10)

500万下(1-1-1-31)

未勝利(0-1-0-4)

前走のクラス別ではG3が圧倒的に良い数字を残しています。

今年はモウカッテル1頭ですが、
この馬は芝での実績が全くないためこのデータに該当しないと言っていいでしょう。

過去に芝で実績が無い馬の3着以内は1度もありません。
 
前走着順別成績
1着(8-3-1-43)

2着(0-2-4-9)

3着(0-0-1-11)

4着(1-3-1-7)

5着(1-0-0-6)

6~9着(0-2-2-14)

10着以下(0-0-1-5)

前走1着馬の数字がダントツで良く、登録馬の中に5頭が該当します。

中でもG1を制したリオンディーズ、オープンを勝ったマカヒキとこの2頭が実力的に抜けており、
他の3頭はそもそもの力が足りないのでここで切ってしまいます。

前走2着馬も、過去10年で1着は無いものの馬券の相手としては文句なしです。

また、前走4着馬も複勝率では40%を超えています

前走が4着馬の対象となるのはイマジンザット1頭ですが、
重賞での実績が乏しいことから今回は、馬券圏内は難しいと判断しました。

 
前走距離別成績
1400m(0-0-0-2)

1600m(2-3-5-17)

1800m(4-4-2-28)

2000m(4-3-3-42)

前走の距離別で見ると、
1800m以上を経験している馬の好走が目立ちます

1600mも良績ですが、
前走が朝日杯フューチュリティーステークス組に限られます。
 
それでは、予想に役立つ、弥生賞の注目馬と注目穴馬を発表します。
 
注目馬1
マカヒキ
【前走:若駒ステークス:1着】

1800mの新馬、2000mの若駒ステークスと中距離で2戦無敗の馬です。

若駒ステークスを1番人気で制し弥生賞に進んだ馬の成績は過去2戦2勝と相性は抜群です。

特に前走の走りは、ステッキを使うことなく逃げ馬をあっさりと差しきった脚は
父ディープインパクトを彷彿とさせる走りです。

重賞実績が無いですが、距離実績を重視し注目1番手です。
 
注目馬2
リオンディーズ
【前走:朝日杯フューチュリティーステークス:1着】

キャリア1戦でG1を制し怪物と謳われている馬です。

過去10年で、朝日杯を勝って弥生賞に挑んだ馬は2頭います。

2006年のドリームジャーニーは3着、
2008年のセイウンワンダーは8着と連対にも絡んでおらず
成績は良くないですが、この2頭は1800m以上のレースで連対がありませんでした。

リオンディーズは2000mの新馬戦で勝っており、
過去の勝ち馬より距離実績があるのですが、
前走の距離別・クラス別成績が気になり2番手です

注目馬3
エアスピネル
【前走:朝日杯フューチュリティーステークス:2着】

その朝日杯で2着だったエアスピネル。

過去に朝日杯2着でここに挑んだ馬は2頭おり、
2010年のエイシンアポロン(2着)は京王杯2歳ステークスを制し
、2013年のコディーノ(3着)は東京スポーツ杯2歳ステークスを制しています。

共に勝利してはいませんが馬券圏内に入っています。

エアスピネルはデイリー杯2歳ステークスを制し重賞実績はありますが、
デビューから1600m戦のみと距離実績にやや不安が残りますので3番手です
 
それでは注目穴馬を発表します。

注目穴馬1

アドマイヤエイカン
【前走:ホープフルステークス:5着】

前走が2000mと距離別では最多の勝ち馬を出しており、前走5着馬は1着もあります。

前走5着でこのレース着外だった6頭は、重賞実績が全くない馬でした。

しかし、このアドマイヤエイカンは札幌2歳ステークスを制し、京都2歳ステークスでは3着と
重賞で一定の結果を出していますので、注目穴馬として挙げます

 


と、今回は4頭挙げました。

この4頭以外は実績が乏しすぎる為、
馬券に絡むのは難しいかなと思っています


印を含めた予想は週末に発表します。
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る