レース回顧

京都11Rスワンステークス予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 6 11 サトノアラジン
2着 1 2 サトノルパン
3着 7 13 エイシンスパルタン
4着 5 9 ダンスディレクター
5着 3 6 ムーンクレスト


払い戻し・配当
単勝 11 400円
複勝 11 190円
2 600
13 480
枠連 1—6 1,700
馬連 211 6,380
ワイド 211 1,620
1113 1,200
213 4,800
馬単 112 9,480
3連複 21113 21,930
3連単 11213 110,840


当サイト予想印
枠番 馬番 着順 馬名
7 13 3 エイシンスパルタン
2 3 11 ミッキーラブソング
5 9 4 ダンスディレクター
8 18 8 ティーハーフ
6 11 1 サトノアラジン
1 1 10 エイシンブルズアイ
 
<スワンステークスの予想記事>
スワンステークス 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
先週の土曜日に京都競馬場で行われたスワンステークスの回顧をしていくわ。
 
このレースを制したのは、2番人気で川田将雅騎手騎乗のサトノアラジンだったわ。

春の京王杯スプリングカップ以来の重賞2勝目を飾ったわ。

先週、菊花賞を制した里見オーナー、池江調教師のコンビが今週も京都で炸裂したわね。

2着には8番人気のサトノルパンが入って、里見オーナーのワンツーフィニッシュとなったわね。
 
しかし、終わってみれば鮮やかと言うか豪快と言うか、かなりインパクトのある勝ち方だったわね。

スタートではやや後手を踏んだけど、川田騎手は慌てることなく後方からゆっくり進めていったわ。
 
最後は大外に持ち出して追い出しにかかったら、上がり3ハロン33.6の剛脚で差し切り勝ち。

私は右回りが心配だから連下の印にしたんだけど、あっさりこなされてしまったわ。

川田騎手がレース後に「リズムを大事にしながら乗った」と言っているように気分が影響する馬かもしれないわね。
 
次走はマイルチャンピオンシップに出走するらしいけど、2つの重賞勝ち鞍が1400mと残り1ハロンの克服がカギになってくるわ。

1400mが得意でマイルになると脚が甘くなる馬っているから、実際にマイルで同じ脚が使えるか注目ね。


2着は、和田竜二騎手騎乗で8番人気のサトノルパン。
 
2番枠と内目からスタートしたんだけど、このレースに関しては和田騎手が上手く乗ったんじゃないかしら。
 
スタート後、うちに閉じ込められそうになったけど上手く外に出せた手綱捌きは上手かったわ。

3コーナーの坂の登りに掛かるところでダンスディレクターに寄られて手綱をひく場面があったけど、この不利にも動じることないレース運びができたと思うわ。
 
直線では、外の方が伸びるとジョッキーが判断してか、内枠にも関わらず外に出して行ったわね。

この馬なりによく伸びているし、人気を考えれば善戦と言えるわ。


3
着は、私の本命のエイシンスパルタン。
 
休み明けの影響かスタート後のダッシュがイマイチに見えたわ。
 
それでもハナに立つとマイペースの展開に持ち込んで、直線ではアルビアーノに差されるような手応えに見えたけど、そこから二の脚を使って粘りを見せたわ。
 
最後は、ゴール前で決め手に優れた馬に差されたけど前回の敗戦、5ヶ月の休み明けを考えれば上出来と言えるわ。

体調さえ戻って来れば、スピードの乗りも良くなってくるでしょし、次走以降も注目ね。
 
とっておきの穴馬としてオススメしたティーハーフは8着・・・・。
 
サトノアラジンの上がりが33.6で、ティーハーフの上がりが33.7って。

もし、直線で同じような位置にいたら3着はあったんじゃない!?
 
最後は良い脚を使っているけど、道中の位置取りが後方すぎたわ。

確かし脚を溜めなきゃいけない馬だからしょうがないけど、もう少し前の位置でレースが出来る器用さがあればいいわね。
 
今回のレースは、サトノアラジンの決め手が目立ったレースだったわ。

ただ、スワンステークス→マイルチャンピオンシップと連勝した馬は、1997年のタイキシャトルが最後なの。

サトノアラジンがこのジンクスを破れるかが注目だわ!
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る