g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

スワンステークス予想 2017

レースの見どころ
三連単で10万円超えの配当も珍しくない荒れ模様の『スワンステークス』

今年は例年に比べて、やや小粒なメンバー構成の印象だから、正直どでかい波乱があっても驚けないと思っているわ。

今週末もまた、台風の影響がありそうだしね…。

予想は難しそうだけど、とっておきの穴馬も用意しているから期待してね。

まずは出走馬を見てちょうだい。
競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ビップライブリー牡456.0松若風馬清水久詞栗東
12レッツゴードンキ牝554.0岩田康誠梅田智之栗東
23サングレーザー牡354.0C.デム浅見秀一栗東
24ヒルノデイバロー牡656.0四位洋文昆貢栗東
35ティーハーフ牡756.0国分優作西浦勝一栗東
36ジューヌエコール牝352.0北村友一安田隆行栗東
47キャンベルジュニア牡556.0シュタル堀宣行美浦
48ラヴァーズポイント牝754.0川須栄彦高橋康之栗東
59トーキングドラム牡756.0藤岡康太斎藤誠美浦
510トーセンデューク牡656.0浜中俊藤原英昭栗東
611セイウンコウセイ牡458.0幸英明上原博之美浦
612フミノムーン牡556.0和田竜二西浦勝一栗東
713トウショウピスト牡556.0古川吉洋角田晃一栗東
714ベステンダンク牡556.0池添謙一安達昭夫栗東
715ダノンメジャー牡556.0武豊橋口慎介栗東
816ムーンクレスト牡556.0荻野極本田優栗東
817ミスエルテ牝352.0川田将雅池江泰寿栗東
818カラクレナイ牝352.0M.デム松下武士栗東

まずは、月曜日に出したデータを振り返っておくわね。


【前走距離別成績】
「前走1600m」を走っている馬の成績が抜けている

【前走クラス別成績】
「前走G1組」が格の違いを見せつけている
ただ「前走OP特別組」も前走G1組に引けを取らない成績を収めている

【脚質別成績】
逃げ馬の成績がズバ抜けていい

【年齢別成績】
「4歳馬」の成績が抜けている

【当日人気別成績】
「3番人気馬」の成績が少し抜けている

【枠順別成績】
外枠に良績が集まっている


こんな感じだったわよね。
ここからは更に深く掘り下げていくわよ!


【注目ポイント1】

“馬格に注目!”

▼前走の馬体重別の成績

480kg未満(3-3-1-56)
勝率4.8% 連対率9.5% 複勝率11.1%

480kg以上(7-7-9-72)
勝率7.4% 連対率14.7% 複勝率24.2%


過去10年、3着以内の馬30頭中、23頭が「前走、国内のレースを480kg以上の馬体重で出走」していたの。

1400mのレースは、ダート血統やダート適性の高い馬が頻繁に好走するように、馬力が必要な舞台設定。
単純に馬格のある馬の方が好走しやすい傾向にあるのは納得ね。

今年は馬場も渋りそうな気配だから、より顕著にこの傾向が現れるかもしれないわ…。


前走の馬体重が480kg未満の馬
・サングレーザー
・ティーハーフ
・トーセンデューク
・ビップライブリー
・フミノムーン
・ミスエルテ
・ムーンクレスト

前走の馬体重が480kg以上の馬
・カラクレナイ
・キャンベルジュニア
・ジューヌエコール
・セイウンコウセイ
・ダノンメジャー
・トウショウピスト
・トーキングドラム
・ヒルノデイバロー
・ベステンダンク
・ラヴァーズポイント
・レッツゴードンキ


【注目ポイント2】

“前走4コーナーの位置取りに注目!”

▼前走4コーナー位置取り別の成績

2番手以内(4-1-1-6)
勝率33.3% 連対率41.7% 複勝率50.0%


3〜7番手(1-3-2-18)
勝率4.2% 連対率16.7% 複勝率25.0%

8番手以下(0-1-2-36)
勝率0% 連対率2.6% 複勝率7.7%

月曜日に「逃げ馬の成績がズバ抜けていい」と伝えたんだけど、前走で4コーナーを2番手以内に回ってきた馬の成績もズバ抜けていいことが分かったわ。

前走で積極的な競馬をしているわけだから『スワンステークス』でも逃げる可能性が高いわけだし、好走確率が高いのは納得の結果ね。

前走4コーナー2番手以内の馬
・ダノンメジャー
・トウショウピスト
・トーキングドラム
・ムーンクレスト

前走4コーナー3〜7番手の馬
・カラクレナイ
・キャンベルジュニア
・ジューヌエコール
・セイウンコウセイ
・ビップライブリー
・ヒルノデイバロー
・ベステンダンク
・ラヴァーズポイント
・レッツゴードンキ

【前走4コーナー8番手以下の馬】
・サングレーザー
・ティーハーフ
・トーセンデューク
・フミノムーン
・ミスエルテ


これらをもとに、私の印を発表するわね。


◎セイウンコウセイ

○レッツゴードンキ

▲ダノンメジャー

△ミスエルテ

無料登録後(注目穴馬)閲覧できます



それじゃ、1頭ずつ触れていくわ。


本命
セイウンコウセイ(牡4)
【前走:スプリンターズステークス(G1)11着(3番人気)】

春秋スプリントGI制覇のかかっていた、前走の『スプリンターズステークス』は11 着に惨敗してしまったわね。
ただ理由は明確で、内にこだわって揉まれる競馬になってしまったのが原因。

短距離路線での絶対能力が上位であることに変わりないし、今回は連対率100%の京都コースだから、ガラリ一変は間違いないわよ。

あと、幸騎手をどうこう言う声も聞こえてくるけど、決して下手な乗り方をしているわけじゃないの。
むしろ、この馬の特性をしっかりと引き出した騎乗を続けているから、今回も上手に乗ってきてくれると思うわ。

勝ち負けに期待ね。


対抗
レッツゴードンキ(牝5)
【前走:スプリンターズステークス(G1)2着(5番人気)】

前走の『スプリンターズステークス』は、直線で「勝ったか!」と思わせるほどの好内容のレース。
勝ち馬のレッドファルクスが強すぎただけだから、まったく悲観する内容ではなかったわ。

今回は距離延長で1400mになるけど、そもそもこの馬『桜花賞』の勝ち馬だし、京都芝1400mは『京都牝馬ステークス』を快勝した舞台。

前走以上のパフォーマンスは間違いないと思うから、普通に考えたら勝ち負けに絡んでくるわよね。


単穴
ダノンメジャー(牡5)
【前走:小倉日経オープン(OP特別)1着(2番人気)】

いきなりの距離短縮はこの馬にとって不利な感じがするけど、そもそも非根幹距離が得意だから1400mだって適性は高いと思うわよ。
それに駆け出しのスピードがあるから、この距離でも先頭を取れるはずだわ。

しかも…今回は武豊騎手が騎乗するっていうじゃない。
京都の芝は武騎手の庭みたいなものだし、前へ行く馬に乗ったときは「武騎手の競馬」になることが多いから、今回もアレヨアレヨと逃げ切ってしまうんじゃないかしらね。

少なくとも直線での見せ場ぐらいは作ると感じているわ。


連下
ミスエルテ(牝3)
【前走:NHKマイルカップ(G1)7着(5番人気)】

管理する池江調教師のコメントが実に興味深かったわ。

「身体は大人になった。S級だった身体能力がさらに進化した可能性がある」
オルフェーヴルやサトノダイヤモンドなどを代表する、超一流の馬を多く管理してきた池江調教師からS級の発言が出るだけでも買いじゃないかしら。

ただ、同時にこんなコメントも…。
「課題はイレ込みで、今春は力を出し切れなかった。気性の激しい馬で、マシにはなったが今でもかなりきつい。初の古馬相手でも、まずは自分との闘いになる」
※イレ込み:馬が興奮して落ち着きを失ってしまった状態

当日の気配が非常に気になる一頭ね。
落ち着いてパドックを周回しているようなら、絶対に買いよ。


今年はメンバーが小粒で、どでかい波乱があっても驚けない『毎日放送賞スワンステークス』。
能力は高いのに不当に人気を落としている、エビコが目をつけた穴馬とは…



注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます




2017年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る