g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報 過去の提供情報

スプリングステークス予想 2017

レースの見どころ
今週の日曜日に中山競馬場で皐月賞トライアル、スプリングステークスが行われるわ。

このレースは皐月賞への優先出走権が与えられ、弥生賞同様クラシックに結びつきやすいレースなの!

過去の主な勝ち馬からは、ミホノブルボン、ナリタブライアン、タニノギムレット、ネオユニヴァース、メイショウサムソン、オルフェーヴルと6頭のダービー馬を筆頭に多くのクラシックホースを出しているのよ。

弥生賞は出世レースとして知られているけど、近年の活躍馬を見るとスプリングステークスの方が重要と言えるわね。

今年の弥生賞はそこまでレベルが高くなかったし、スプリングステークスから皐月賞・ダービーで良い勝負をする馬が出てくるかもしれないわよ!

今年の見どころは3つ。

まず1つめは2歳王者のサトノアレスの始動戦。
朝日杯では四位騎手が手綱を取っていたけど、このレースからは戸崎騎手との新コンビ。
ダービーまでコンビは継続だと思うから、G1馬として恥ずかしいレースは出来ないわね。

2つめの見どころはモンドキャンノ
デビュー2戦目の函館2歳ステークス以降、1ハロン(200メートル)ずつ距離を伸ばしても結果を出して来た馬よ。
血統的を考えると、1600mがギリギリかなと思うんだけど、1800mのコースでどんな対応をするのかがポイントになってくるわ。

クラシックに行くのか?NHKマイルカップに行くのか?

それを決めるレースでもあるの。

3つめは、ヴィクトワールピサ産駒のアウトライアーズ
2走前の百日草特別では、クイーンカップを勝ったアドマイヤミヤビ、弥生賞を勝ったカデナの0.1差の3着と、重賞勝ち馬を相手に好走済み。

確かに、鞍上の田辺騎手が内をロスなく回る好騎乗を見せたけど、それでもこのクラシック候補を相手に僅差のレースが出来たのは収穫。

今回もそこまで強いメンバーじゃないし皐月賞に出るためにも権利は欲しいわね。

あとは、東京のフリージア賞を勝ったトリコロールブルー
中山のマイル戦を勝ったウインブライト、堀厩舎からは新馬を勝ったばかりの、ストロングレヴィル、ナイルストーリーなど14頭が登録をしているわ。


それじゃ、今年の登録馬を見てちょうだい。

競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アウトライアーズ56.0小島茂之美浦
ウインブライト56.0畠山吉宏美浦
エトルディーニュ56.0小桧山悟美浦
オールザゴー56.0矢作芳人栗東
サウンドテーブル56.0崎山博樹栗東
サトノアレス56.0藤沢和雄美浦
サンライズノヴァ56.0音無秀孝栗東
ストロングレヴィル56.0堀宣行美浦
ダイシンクイント56.0森秀行栗東
ダノンケンリュウ56.0音無秀孝栗東
トリコロールブルー56.0友道康夫栗東
ナイルストーリー56.0堀宣行美浦
プラチナヴォイス56.0鮫島一歩栗東
モンドキャンノ56.0安田隆行栗東

サトノアレス、モンドキャンノと言った朝日杯の1・2着馬に注目するのは当然だけど、他では500万、未勝利を勝った馬が多いわね。

未知の魅力ある馬は何頭かいるけど、全体的なレベルとしては弥生賞同様に小粒かなっていう印象。

とにかく、サトノアレスがどんなレースをするか注目だわ!

ここからは、データを使ってスプリングステークスを分析して行くわよ。

以下のデータは、2011年の阪神開催を除く過去10回分のデータになるわよ。


最初は、前走クラス別成績

前走クラス別成績
前走クラス

G1組の複勝率は62.5%と良さそうに見えるけど、1着に入ったのは1頭しかいないの。

頭から買うのは怖いわね。

逆に、すごく成績が良いのは前走G3組。

1着馬に関しては半分の5頭がG3から出走していることを考えれば、抑えておく必要があるわ!

じゃ、前走G3組のレース別成績ね。

       共同通信杯:【2-3-1-10】
       きさらぎ賞:【2-1-1-6】
ラジオNIKKEI杯:【1-0-0-2】
┗※現在のホープフルステークス

と、実はこの3レースからしか馬券に絡んでいないの。

厳密に言えば、ラジオNIKKEI杯は2014年以降行われていないので、このレースで馬券に絡むG3は共同通信杯ときさらぎ賞の2つだけ

G3の次に多く馬券に絡んでいるのが500万からの昇級組。

じゃ、前走500万クラスの距離別成績を見てみるわ。

1600m:【0-2-0-9】
1800m:【1-0-1-11】
2000m:【2-1-2-7】

と2000mからの短縮組が好走しているのが分かるわ。

1600mからの延長組は勝ち馬がいないから押さえ程度で十分ね。

ちなみに、前走ダートだった馬は1頭も馬券に絡んでいないから切るわ!

【前走G1
・サトノアレス
・モンドキャンノ

【前走G2
・該当馬なし

【前走G3
・エトルディーニュ
・プラチナヴォイス


【前走OP
・ダイシンクイント

【前走500万】
・アウトライアーズ
・ウインブライト
・オールザゴー
・サンライズノヴァ
・トリコロールブルー

【前走未勝利】
・サウンドテーブル
・ダノンケンリュウ

【前走新馬】
・ストロングレヴィル
・ナイルストーリー


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順

これは、はっきりとしたデータが出ているわよ。

スプリングステークスで馬券に絡むのは、ほとんどが前走3着以内の馬。

前走5着以下は2頭しか馬券に絡んでいないから、軽視しちゃっていいわ!

ここまで分かりやすいデータが出ると馬が絞りやすいわね。

と思ったら、ほとんどの馬が該当しちゃったわ!!

【前走1着】
・アウトライアーズ
・ウインブライト
・オールザゴー
・サウンドテーブル
・サトノアレス
・サンライズノヴァ
・ストロングレヴィル
・ダノンケンリュウ
・トリコロールブルー
・ナイルストーリー


【前走2着】
・エトルディーニュ
・モンドキャンノ


【前走3着】
・該当馬なし

【前走4着】
・プラチナヴォイス

【前走5着】
・該当馬なし

【前走6〜9着】
・ダイシンクイント

【前走10着以下】
・該当馬なし


次は、前走人気別成績

前走人気別成績
前走人気

前走人気別成績を見ると、1〜3番人気に支持されていた馬の好走が目を引くわ。

特に前走1番人気は複勝率35%と他より頭一つ抜けているから、抑えておくといいわよ!

【前走1番人気】
・アウトライアーズ
・ウインブライト
・サンライズノヴァ
・トリコロールブルー

【前走2番人気】
・ストロングレヴィル
・ダノンケンリュウ
・ナイルストーリー

【前走3番人気】
・プラチナヴォイス


【前走4番人気】
・オールザゴー

【前走5番人気】
・該当馬なし

【前走6〜9番人気】
・エトルディーニュ
・サウンドテーブル
・サトノアレス
・ダイシンクイント
・モンドキャンノ

【前走10番人気以下】
・該当馬なし


それじゃ、ここまでのデータをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
G3か500万組が好成績を上げている。
G3なら、共同通信杯ときさらぎ賞のみ。

【前走着順別成績】
ここで馬券に絡むほとんどが前走3着以内の馬。

【前走人気別成績】
前走3番人気以内の指示を受けていると、ここでも好走出来る。


これらのデータを各馬のレース内容から私のオススメ馬を教えるわ。

注目馬1
トリコロールブルー
【前走:フリージア賞(500万下)1着(1番人気)】

まず、私がオススメするのは前走500万を1番人気で勝ったトリコロールブルー。

クラス別成績でも話したように、500万組は2000mからの短縮組が好走することが多いの。

トリコロールブルーの前走はフリージア賞。
東京の芝2000mコースだったから、データにバッチリ合うのよ。


これまで3戦2勝の成績で唯一負けたのが2走前の黄菊賞。

5頭立てと特殊なレース黄菊賞では、武豊騎手が騎乗するタガノアシュラに敗れて惜しくも2着になってしまったの。

でも、最後の脚は1頭だけ次元の違う脚を使っていたから力は示せたと思うわ。

そして前走のフリージア賞は、好スタートから好位で折り合い直線を向いた時は前が壁になってしまったけど、スペースを見つけてからは33.9の上がりを使って半馬身差の勝利。

この馬の長所は、まずスタートが早いことね。

その結果、好位で流れに乗って直線では速い上がりを使えるところが素晴らしいと思うわ。

ステイゴールド代表産駒のオルフェーヴルやゴールドシップといった、癖のあるタイプじゃなくて割と利口なタイプな気がするわ。

ただ、ステイゴールド産駒は気が荒いほうが走るから上のクラスに行った時に能力が通用するかは疑問ね。

この馬の兄にあたる、ダノンジェラート(父ディープインパクト)、ワールドインパクト(父ディープインパクト)はどちらもクラシックのトライアルで好走するも本番では凡走と言う血統だから、このトリコロールブルーも買うならトライアルの今回だと思うわ。

立ち回りの上手さがものを言う中山でオススメ1番手ね。


注目馬2
サトノアレス
【前走:朝日杯フューチュリティステークス(G1)1着(6番人気)】

前走6番人気がどこか地味さを醸し出しているけど、言わずと知れた昨年の2歳王者。

前走G1組は勝率こそ良くないけど、複勝率は62.5%と高い数字を残していて、前走1着馬は最多の5頭の勝ち馬を出しているの。

この馬が唯一引っかかるデータが前走人気ね。

過去に朝日杯を6番人気以下で勝ってスプリングステークスを勝ったのは、2013年のロゴタイプのみ。

そのロゴタイプは当日1番人気になったように、サトノアレスも1番人気になれば好勝負は出来るはず。

中山も3走前の未勝利で経験しているし、この時は4番手から抜け出すレースをしていて意外に上手く立ち回れる馬だと思うわ。

ただ、東京・阪神と連勝しているように本質は広いコース向き。

新コンビの戸崎騎手がどう乗るか注目されているし、G1馬だから無視するわけにはいかないわね。


注目馬3
アウトライアーズ
【前走:ひいらぎ賞(500万)1着(1番人気)】

この馬が注目を浴びたのは2走前の百日草特別ね。

結果は3着だったけど、クイーンカップを制したアドマイヤミヤビ、2着は弥生賞を勝ったカデナと後の重賞勝ち馬を相手に0.1差と際どい勝負をしているのよ。

確かに、外を回したい2頭に対しアウトライアーズの田辺騎手は最内を突くレースを見せたけど、あえて痛んでいる内を選んだあたりにこの馬の馬力を感じたんだと思うの。

父がヴィクトワールピサのこの馬は、他のサンデー系の馬に比べてもパワー寄りの馬で中山のようなタフでパワーが求められる馬場は合っていると思うの。

東京では決めての鋭い馬にやられたけど、中山で持ち前の立ち回りの上手さを生かす乗り方が出来れば上位争いは間違いないわね。

戦ってきた相手を考えれば、勝ち負け出来るだけの能力は持っているはずよ。


注目馬4
モンドキャンノ
【前走:朝日杯フューチュリティステークス(G1)2着(7番人気)】

前走G1組から2着だったモンドキャンノ。
父キンシャサノキセキ(’10・’11高松宮記念)、母父サクラバクシンオー(’93・’94スプリンターズステークス)とTHE・スプリンター”血統なの。

デビュー戦と2戦目は1200mで、それ以降1ハロンずつ距離を伸ばし前走の朝日杯フューチュリティステークスでは、勝ったサトノアレスの上回る上がりを駆使して2着。

マイル戦で2着に入ったけど距離としては1600mがギリギリかなと思うわ。

これまで連を外していないし、安定感のある走りを見せているけど、1800mの距離への対応と時折見せる折り合いが課題になりそうね。


朝日杯12着馬が参戦。
絶対的な信頼は無く他馬にも付け入る隙はある。
エビコが見つけた、G1組を負かすのはこの馬だ…。


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

2017年的中実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報
g2全38レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る