レース回顧

阪神11Rセントウルステークス予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 1 1 ビッグアーサー
2着 7 10 ネロ
3着 7 11 ラヴァーズポイント
4着 4 4 アースソニック
5着 8 13 スノードラゴン


払い戻し・配当
単勝 1 210円
複勝 1 110円
10 160
11 700
枠連 1—7 450
馬連 110 490
ワイド 110 230
111 1,410
1011 1,980
馬単 110 840
3連複 11011 5,050
3連単 11011 15,990


当サイト予想印
枠番 馬番 着順 馬名
6 8 10 アットウィル
1 1 1 ビッグアーサー
7 10 2 ネロ
4 5 6 レッドアリオン
3 3 7 ダンスディレクター
2 2 8 エイシンブルズアイ
 
<セントウルステークスの予想記事>
セントウルステークス 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
日曜日に阪神競馬場で行われたセントウルステークスの回顧をしていくわ!
 
勝ったのは、1番人気で福永祐一騎手騎乗のビッグアーサー。
 
私は圧倒的な人気になると思っていたけど、最終オッズは2.1倍と正直意外なオッズだったわ。

単勝で当てた人はかなり美味しい馬券になったわね。

 
スタート後にビッグアーサーが逃げたレース展開には驚いたわ。

逃げるなんて全く頭にはなかったから。
 
逃げると思ったネロが6番手と控えたレースを選択したのよね。

ビッグアーサーに競りかけるように大外のスノードラゴンが迫るけど、馬体を合わせられた瞬間にビッグアーサーのギアが明らかに1段上がったのよ。

ここに私的には一抹の不安を感じるの。
 
今回のセントウルステークスは、スプリンターズステークスへの叩き台と言うのは明らかで新しい戦法を試すとかと言うレースではないのよ。

これまでやってきた先行して差すレースがこの馬に1番合っていたのに、なぜここで新しいことをしたのかは疑問に残るのよね。

 
スノードラゴンに競りかけられて瞬間のギアの上がり方をみると、次走のスプリンターズステークスでも不安が残るわ。

このレースでビッグアーサーは『競りかけられたら前に出る』と言うことを覚えてしまった可能性があるの。

つまり、次走で外から競られたらそのまま引っ掛かってしまって暴走してしまう可能性も考えられるの。
 
確かに力でねじ伏せたレースではあったけど、次に繋がるレースが出来たかと言えば甚だ疑問は残るレースになったわ。

ここで逃げたことが良かったのかどうかは次のスプリンターズステークスで明らかになるわ。

 

2着は中団から差してきたネロ。

スタートは良かったのにすぐ控えたのよね。

結果的には、そのままビッグアーサーを目標にしてレースを進めていれば、着差もう少し縮まったと思うのよね。

ただ、鞍上の内田博幸騎手が言っているようにスピードの絶対値が違っていたようで、あれ以上追いかければオーバーペースになっていたみたいよ。

でも、最後は2着に来ているから十分ね。


 
3着は3番手から粘り込んだラヴァーズポイント。

これにはまいったわ・・・。

前走、51キロの軽斤量で惨敗していたから、54キロの今回は明らかに厳しいと感じて軽視したのにまさか3着に粘るなんて・・・。

これを仕留めるは難しいわよ。

 

私の本命だったアットウィルは10着だったわ。

道中はうまく流れに乗っていて、直線でも伸びそうな雰囲気はあったけど結局最後の踏ん張りが利かなかったわね。

現状だとオープンかG3クラスが良さそうね。

 

ダンスディレクター、エイシンブルズアイと2頭は、前残りの展開にはまって掲示板外。

とは言え、勝ち馬からは0.4差と僅差だからもっと前が早くなる次走のスプリンターズステークスならチャンスはあるわ。
 
今回のビッグアーサーの勝ち方を『強かった』と見るか『不安が残った』と見るかは個人差があるけど、私は上でも言ったようにちょっと不安が残ったわ。
 
さて、10月2日(日)に中山競馬場で行われるスプリンターズステークスでのビッグアーサーの扱いはどうしようかしら。

今から考えるわ!!
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る