セントウルステークス

阪神11Rセントウルステークス(GⅡ・芝1200m)
◎14 フィドゥーシア
○3 アルティマブラッド
レースの見どころ
サマーシリーズの最終戦、セントウルステークス(G2)
が始まるわ!





 






短距離ということもあって、中距離重賞よりも荒れる傾向にあるのよね。

過去10年で馬券に絡んだのは5番人気以内の馬が中心なんだけど、それでも10万馬券が5回という結果になっているの。


注意すべきは二桁人気の台頭!

過去10年で、10番人気以下で馬券に絡んだ馬が5頭いるの。

該当する馬がいれば、しっかり押さえておきたいところなんだけど…、

結論として今年は一桁人気で決まるデータが集まったの。


大荒れしない今回、馬連1点買いで勝負することにしたわ!

詳しくは後で話すわね。


まずは、確定した枠順を見てちょうだい。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11アドマイヤゴッド牡556.0北村友一須貝尚介栗東
22メラグラーナ牝554.0戸崎圭太池添学栗東
33アルティマブラッド牝554.0藤岡康太音無秀孝栗東
34ツィンクルソード牡656.0藤岡佑介松永昌博栗東
45プレイズエターナル牡756.0池添謙一安田隆行栗東
46ラインミーティア牡756.0西田雄一水野貴広美浦
57ファインニードル牡456.0M.デム高橋義忠栗東
58ワキノブレイブ牡756.0小牧太清水久詞栗東
69ミッキーラブソング牡656.0和田竜二橋口慎介栗東
610ワキノヒビキ牡556.0荻野極清水久詞栗東
711スノードラゴン牡957.0大野拓弥高木登美浦
712ラヴァーズポイント牝754.0川須栄彦高橋康之栗東
813ダンスディレクター牡756.0浜中俊笹田和秀栗東
814フィドゥーシア牝554.0石橋脩松元茂樹栗東


このレースは、枠順に関する優劣はないわよ。


予想に入る前に、事前情報のおさらいから始めるわね。

■前走クラス別成績
今年は前走G3組で決め打ち!

■前走着順別成績
前走一桁決着で考える
メラグラーナは条件が合っているので注意

■前走距離別成績
アイビス組と1200mで考える

■脚質別データ
逃げ馬の複勝率は50%、人気に関係なく押さえておくべき
差し・追い込み脚質は、当日の5番人気以内
6番人気以下の場合には、他の条件に該当している馬で考える


というものだったわ。

それじゃ、過去10年分のデータを2つ使ってセントウルステークスの絞り込みをしていくわよ!


まずは、当日の人気別成績から。

当日人気別成績
当日人気別成績

5番人気までの馬が強く、特に1番人気の複勝率80っていうのはスゴイわね。

今回は人気が割れそうだけど、おそらくフィドゥーシアかしら。

逃げ馬の連対率は40%と高かったし、軸として安心できる馬だと思うわ。


ただ、冒頭でも伝えたように二桁人気の馬もそれなりに馬券に絡んでいるの。

今回、該当する馬がいないかを確認するために、10番人気以降で馬券に絡んだ5頭の共通点を探してみたわ。


注目したいのは3歳馬の成績。

人気薄の6番人気以降で、4頭(10番人気以降には1頭)いたの。

でも今回は3歳馬の出走はないから、そのデータを抜いた4頭の傾向を調べてみたわ。

そうしたら二桁人気で馬券に絡んだ4頭中、3頭が5歳牝馬だったの。

今回5歳牝馬は3頭いるけど、アルティマブラッド・フィドゥーシア・メラグラーナの上位人気になりそうな3頭。

気になる馬ではあるけど…
正直、穴馬としては該当しないわね。


残りの1頭は、2008年のシンボリグラン(11番人気2着)。

脚質別データで紹介したけど、先行脚質に該当していたわ。

でも、二桁人気になりそうな馬で先行しそうな馬はいないの。

だから、今年は一桁人気で絞るのが良いと判断したわ!


次は、所属別成績よ。

所属別成績
所属別成績

率だけを見れば、関東も関西も変わらないように感じるわね。

でも、馬券に絡んでいる数で言うと圧倒的に関西が多いの。

少ないながら、関東馬で馬券に絡んだ馬を見てみると、以下の4頭だったわ。

2012
アンシェルブルー(12
番人気3着)

2009
アルティマトゥーレ(5
番人気1着)

2008
シンボリグラン(11
番人気2着)

2007
キンシャサノキセキ(1
番人気3着)

5番人気以内、もしくは二桁人気という両極端の結果なのね。

前項の人気別成績で「今年は一桁人気で絞る」という話と併せて考えると、関東馬は切ってよさそうね。

前走アイビスサマーダッシュ(G3)を勝ったラインミーティアが、5~7番人気になりそうだからギリギリって感じ。

ただ、事前予想で伝えた通り、後方からの脚質を考えるとここでは厳しい気がするわね…。


それじゃ、これまでのデータを基に最終予想をするわね。

今回は、大荒れはなく人気どころの決着と踏んで馬連1点に絞ったわ!

◎フィドゥーシア

アルティマブラッド


本命
フィドゥーシア(牝5)
【前走:アイビスサマーダッシュ(G3)2着(1番人気)】

割れた人気の中で1番人気になりそうね。

1番人気の連対率は60%と安心できる数字だし、ここ3戦ではOP特別2戦、アイビスサマーダッシュ(G3)を走ってきたけど、3連対中と好調を維持しているわ。


前走のアイビスサマーダッシュでは、ラインミーティアに差されてしまったけど、セントウルステークスでは逃げ馬が有利

内枠であれば理想だったけど、枠順による不利はないから気にする必要はないわ。


今回紹介したデータでマイナスになる物は1つもなかったし、開幕週の馬場が後押しもあって、初の重賞制覇が叶うと思うわ!


今年のセントウルステークスは荒れない!
とはいえ、ガチガチにもならなそう
データを基に、相手はこの1頭で十分と判断したわ!



注目穴馬

アルティマブラッド(牝5)
【前走:北九州記念(G3)6着(5番人気)】

当日の人気は5~6番人気になるのかしらね。

上位人気の馬が安心できる実績でないにしろ、この馬よりは期待できる?と思う人が多いかもしれないわね。

でもアルティマブラッドは、フィドゥーシア同様にデータでマイナスになるものはないの。


データでも、逃げ・先行が有利だと顕著に出ていたように、今回も前残り決着をすると思うの。

3走前の春雷ステークス(OP)では、フィドゥーシアよりも上位支持され頭差だったわけで、力で考えれば差はないわ!


これまで紹介したデータで、北九州記念(G3)から参戦した牝馬が穴を空けていたわね。

今回の相手はダンスディレクターを除き、実績のない小粒ばかり。

ダンスディレクターも休み明けだし、7歳馬が連対率は5.9%だから、ここでは相手にならないと思うわ。

直線でフィドゥーシアと並走すれば先着するかもしれないわ!



2017年的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る