セントウルステークス

阪神11Rセントウルステークス(GⅡ・芝1200m)
◎8 アットウィル
○1 ビッグアーサー
▲10 ネロ
☆5 レッドアリオン
△3 ダンスディレクター
△2 エイシンブルズアイ
日曜日に阪神競馬場で行われるセントウルステークスの直前予想をしていくわよ。

スプリンターズステークスの前哨戦として、勝ち馬には優先出走権が与えられるレースなの。

優先出走権を与えられなかった馬を含め、実際にセントウルステークスからスプリンターズステークスに挑んだ馬の成績は【4-5-4-42】で勝率7.3%、複勝率23.6%、と前哨戦としては最多の勝ち馬を輩出しているし、本番に直結しやすいレースと言って良いわね。

まずは、今年の出走馬を見てちょうだい。

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ビッグアーサー牡558.0福永祐一藤岡健一栗東
22エイシンブルズアイ牡556.0石橋脩野中賢二栗東
33ダンスディレクター牡656.0浜中俊笹田和秀栗東
44アースソニック牡756.0岩田康誠中竹和也栗東
45レッドアリオン牡656.0武豊橋口慎介栗東
56ウリウリ牝654.0M.デム藤原英昭栗東
57ティーハーフ牡656.0藤岡康太西浦勝一栗東
68アットウィル牡656.0古川吉洋高橋義忠栗東
69メイショウライナー牡656.0松山弘平高橋義忠栗東
710ネロ牡556.0内田博幸森秀行栗東
711ラヴァーズポイント牝654.0川須栄彦高橋康之栗東
812マイネルエテルネル牡656.0和田竜二西園正都栗東
813スノードラゴン牡857.0川田将雅高木登美浦

今年の注目はなんと言ってもビッグアーサーよ。

目標は先だから完璧な仕上げじゃないけれど、ここでどんなレースをするか注目だわ。

データ予想を始める前に月曜日に出したデータをまとめるわ。


前走クラス別成績
G3組が圧倒的な好成績を挙げている

前走着順別成績

前走1着~3着が好走しているけど、掲示板外の馬も見逃せない

■年齢別成績
5歳馬が中心となる


というものだったわね。

ここからは、新しいデータを使って予想をしていくわ。


以下のデータは、中京競馬場で行われた2006年を除いた過去9回分のデータになるわ。


当日人気別成績。



まず見なければいけないのは、過去9回で1番人気が1勝もしていないと言うこと。

とはいえ、複勝率まで見ると70%を超えているから馬券に絡む確率は高いわ。

ただ、馬券の軸としてオススメすることは出来ないわね。

2013年の年度代表馬のロードカナロアでさえ負けていることを考えると、G1を目標にしているビッグアーサーの1着は危険と言えるようね。

他の人気に目を向けると、満遍なく馬券に絡んでいて横一線って感じね。

その中でも2番人気に支持された馬は、勝率22%、複勝率44%と高めだから中心に据えて良さそうね。

相手には人気薄も混ぜた買い方で高配当が狙えそうね。

私が考えた上位人気馬はこれよ!
1番人気:ビッグアーサー
2番人気:ダンスディレクター
3番人気:ネロ
4番人気:エイシンブルズアイ
5番人気:アットウィル


ダンスディレクター、エイシンブルズアイからの馬単・3連単のフォーメーション、ビックアーサーは2着3着に配置、こんな馬券がデータからは良さそうね。


次に、脚質別成績




開幕週の阪神ということもあって、逃げ・先行と圧倒的に前に行った馬が有利なのがわかるわ。

特に、逃げ馬の勝利率が33%と非常に高い数字を残しているから無視は出来ないわ!

中団以降の位置からレースを進めても勝てないことはないけど、差し・追込馬は相手として押さえておくのが無難ね。

それじゃ、すべてのデータをまとめるわよ。


■前走クラス別成績
G3組が圧倒的な好成績を挙げている

■前走着順別成績

前走1着〜3着が好走しているけど、掲示板外の馬も見逃せない

■年齢別成績
5歳馬が中心となる

■人気別成績
過去9回で1番人気の勝利はないけど、3着以内はかなり高い

■脚質別成績
逃げ・先行馬が圧倒的に有利



これらのデータを踏まえた上で私の印を発表するわ。

◎アットウィル
 
○ビッグアーサー
 
▲ネロ
 
△ダンスディレクター
 
△エイシンブルズアイ

 
レッドアリオン

それじゃ1頭ずつ触れていくわ。

本命
アットウィル(牡6)
【前走:アイビスサマーダッシュ4着(4番人気)】
 
3歳の夏から1200mを主戦にして安定感が増したこの馬。
 
過去には、ストレイトガール(ヴィクトリアマイル連覇)、レッドファルクス(CB賞勝ち)など重賞勝ち馬と差のないレースをしているから、持っている力はG3では間違いなく通用するレベルにあるわ。
 
2走前のバーデンバーデンカップは大外からのスタート後、終始外を回される厳しい展開で4着。
 
前走のアイビスサマーダッシュは明らかなスピード負けで4着。

この馬の力を最大限発揮できない状況が続いているわね。

 
6枠と若干外ではあるけれど、開幕週の馬場で先行出来ればモノに出来るわ!


対抗
ビッグアーサー(牡5)
【前走:高松宮記念1着(1番人気)】

 
これまで11戦中1200m戦は10戦して【7-2-0-1】と圧倒的な強さを持つスプリンター。
 
これまでの戦績を見ても余程の事がない限り1200m戦では崩れる事ない馬だけど、一つだけ懸念材料があるとすれば“目標は先”と言うこと。
 
ビッグアーサーからすれば、ここはあくまでもスプリンターズステークスの叩き台と言うことよ。
 
となれば、取りこぼしてもおかしくないし本命にするには危険だわ。

だからと言って、これ以上評価を下げるのは難しいわね!



単穴
ネロ(牡5)
【前走:アイビスサマーダッシュ2着(2番人気)】
 
圧倒的なスピードを武器に1000m〜1200mで活躍している馬。
 
前走のアイビスサマーダッシュは、圧倒的なスピードで逃げたけど最後の最後でベルカントに捕まって2着。

これが重賞勝ち馬と未勝利馬の差だとは思うけど、スピードだけならこのメンバーでも引けは取らないわ。

 
脚質データでも示したけど逃げ馬は相性が良いし、スピードの違いで逃げるのはこの馬だと思うわ。
 
ただ、近走1000mの方に良績が集まっていて問題は1200mの距離ね。

力は認めつつも超えるべき壁があるから3番手の評価としておくわ。



連下
ダンスディレクター(牡6)
【前走:シルクロードステークス1着(2番人気)】
 
デビューが3歳の6月、これまで大事に使われてきて6歳ながらまだ16戦と馬体はまだまだ若いわよ。

 
去年も重賞に挑戦しながらも手が届かなかったけど、今年2月のシルクロードステークスで待望の重賞初制覇。

その勢いで高松宮記念でも好走が期待出来たけど左前足の怪我で長期休養。
 
今回は、7ヶ月ぶりの実戦とどうしてもレース勘に不安が残るわ。
 
このメンバーでも通用するのは間違いないんだけど、ローテーション的に不安だからこの評価ね。

順調に行けば次走の方が楽しみね!



連下
エイシンブルズアイ(牡5)
【前走:CBC賞9着(1番人気)】
 
前走のCBC賞は1番人気の期待を裏切る形となってしまったけど、G1高松宮記念では勝ったビッグアーサーから0.5差の僅差。
 
前走の敗因は、勝ち急いでポジションをいつもより前に付けてしまったことと、+8キロの馬体重が影響していたわね。
 
今回は、前の馬を見ながらいつも通りの中団からレースを進められるし、力さえ出せれば差のないレースが期待出来るわ。


とは言え、前が止まらないことも考えらえるから今回に関しては良くても3着争いかなと思うからこの評価ね。


絶対王者に死角あり!
伏兵が台頭しやすいこのレース。

先週10番人気を仕留めたエビコが目を付けたのはあの馬だ!!



注目穴馬

レッドアリオン(牡6)
【前走:関屋記念12着(9番人気)】
 
去年、マイラーズカップ(G2)と関屋記念(G3)を勝ったけど、その後は58キロを背負わされることが多く、力を発揮できてない状況が続いてしまっているの。

 
今回は、久々の56キロで出走出来るしこれは魅力よ!!
 
1200mは決して適距離ではないけど、最近はマイルでも2桁着順が多くなってきたし、心機一転にはちょうどいいんじゃないかしら。

鞍上には武豊騎手を用意してきたし、先行できるはずだから一発に期待ね。




的中実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る