ローズステークス

阪神11Rローズステークス(GⅡ・芝1800m)
◎14 レッドリヴェール
○06 ヌーヴォレコルト
▲11 サングレアル
△01 ヒルノマテーラ
×05 アドマイヤシーマ

阪神コースが改修されて、芝外回りの1800mで行われるようになって8年目だが、過去7回の結果を振り返ると、1番人気が[4111]で、唯一馬券から外れたのは4着のアパパネのみ。

アパパネはオークス後、疲労困憊で休養に入り、その復帰初戦で目一杯に仕上げられなかったという事情があった上、そもそも鉄砲駆けしない典型的な叩き良化型。それでも4着に健闘しているのだから、如何にこのレースが1番人気が強いレースかを示すデータと言っていいだろう。

コーナー2回で展開に紛れが少なく、直線の長い外回りで地力勝負が濃厚のレース。単純に1番強い馬を馬券の中心にすることが的中への近道だ。

ただし、両雄並び立たずという言葉があるように、強い馬のレース運びによっては苦しい競馬を強いられる馬も出てくるわけで、馬券の相手はひと捻りする方が正解というケースもある。

人気馬が崩れた際に漁夫の利を得そうなタイプや、実績こそないが今まさにデキの良い馬というのも穴候補に入れておくのが肝要だろう。

人気2頭でどちらかと言われれば、やはり桜花賞で先着している◎レッドリヴェール。札幌2歳S、阪神JF、桜花賞とどれも休み明けで結果を残している鉄砲巧者でもあり、牝馬同士のここでは崩れることは考えにくい。

○ヌーヴォレコルトは先週岩田ジョッキーを背に抜群の時計をマークしているが、こちらは休み明けの実績が一息。力は評価するも、◎レッドリヴェールとの比較で一歩見劣り、2番手評価まで。

▲サングレアルは春はトライアルからオークスというローテーションで、輸送が続いて体が大きく減ってしまっていただけに見直したい1頭。半姉ブエナビスタを彷彿とさせる決め手を備えており、成長如何では2強を上回るポテンシャルを秘めている。

△ヒルノマテーラは立ち回りの巧さを生かせる最内枠を引いて穴候補。

×アドマイヤシーマは春は早くに切り上げたことで急成長を遂げている1頭。前走は古馬相手に結果を残せなかったが、叩き2戦目の今回が走り頃。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る