レース回顧

中山11R日経賞予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 8 9 ゴールドアクター
2着 4 4 サウンズオブアース
3着 2 2 マリアライト
4着 4 7 アルバート
5着 3 3 ディサイファ


払い戻し・配当
 
単勝 9 330円
複勝 9 120円
複勝 4 110
複勝 2 140
枠連 4→8 360
馬連 49 370
ワイド 49 160
ワイド 29 290
ワイド 24 230
馬単 94 770
3連複 249 530
3連単 942 2,170


当サイト予想印      
枠番 馬番 着順 馬名
2 2 3 マリアライト
8 9 1 ゴールドアクター
7 7 3 アルバート
 
<日経賞の予想記事>
日経賞 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
土曜日に中山競馬場で行われた日経賞の回顧をするわ。

勝ったのは2番人気のゴールドアクターよ。
グランプリホースが2番人気なんて・・・びっくりだったわ。

このレースの注目はどの馬が逃げるか?だったのよ。

ゴールドアクター、サウンズオブアースも好スタートを切って逃げるのかなと思っていたけれど、押し出される形で逃げたのは5番人気のディサイファだったわ。
私は、田辺裕信騎手騎乗のホッコーブレーヴが奇襲的に逃げると予想したんだけど・・・。

こういう展開になればペースは思った通りの超スロー。
サウンズオブアースが2番手、ゴールドアクターが3番手、その内にマリアライト、5番手にアルバートと人気馬が固まる形でレースは進んで行ったわ。

レースが動いたのは3コーナーを回ってから。
中団にいたホッコーブレーヴが動き出してきて、直線を向いたところでサウンズオブアースが先に動き出したの。
それを見る形でゴールドアクターも仕掛けを開始。

サウンズオブアースを交わすのに手間取ったけど最後は3/4馬身押さえての完勝。
さすが、グランプリホースと言ったところね。


サウンズオブアースは、ゴールドアクターとは2㎏の斤量差があったからここは勝ちたかったけれど、着差以上に馬の力差があったわね。
これで、ゴールドアクターは昨年の夏から5連勝と馬の力を疑う余地はまったくないわね。

天皇賞(春)も楽しみになってきたわよ~!!

2着だったサウンズオブアースは、やっぱり勝ち味に遅いのね。
相手なりに走るんだけど爪が甘いわ。

福永騎手もここを勝てば高松宮記念と合わせて2日連続重賞制覇だったのに・・・もったいないわね。

3着のマリアライトもよく頑張ったんじゃないの。
最後は決め手の差を感じたけど、牝馬が相手なら十分主役を張れる馬だわ。

4着はアルバート。
マリアライトのすぐ後ろにいたんだけど、馬の反応がイマイチだったわね・・・。
G1クラスの馬が相手だとこの辺りが限界ね。
手薄なG2なら勝てると思うけど、G1は厳しいわね。

5着は逃げたディサイファ。
戦前から距離不安が囁かれていたし、自分のレースパターンじゃない逃げの形になったからこの結果はしょうがないわね。
今後は2000m前後を主戦場にしていくでしょうね。

とにかく、このレースはゴールドアクターの強さが際立ったレースだったわね。

長距離路線は手薄だから天皇賞(春)は間違いなく主役。
小さい牧場から生まれた、決してエリートとは言えない馬を応援するのも悪くないわね。
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る