レース回顧

東京11R毎日王冠予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 7 10 ルージュバック
2着 6 7 アンビシャス
3着 1 1 ヒストリカル
4着 4 4 ロンギングダンサー
5着 2 2 ステファノス


払い戻し・配当
単勝 10 330円
複勝 10 160円
7 180
1 1,250
枠連 6—7 480
馬連 710 800
ワイド 710 400
110 4,060
17 4,860
馬単 107 1,440
3連複 1710 18,540
3連単 1071 61,710


当サイト予想印
枠番 馬番 着順 馬名
7 9 8 ロゴタイプ
5 5 6 ディサイファ
7 10 1 ルージュバック
6 6 11 マイネルミラノ
7 7 2 アンビシャス
2 2 5 ステファノス
 
<毎日王冠の予想記事>
毎日王冠 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
日曜日に東京競馬場で行われた毎日王冠の回顧をしていくわ!
 
このレースを制したのは、戸崎圭太騎手騎乗で1番人気のルージュバック。
 
と、その前に言わせて欲しいんだけど、東京競馬場の馬場が開幕週の割に随分と外差しが決まる馬場になっていたのよね。
 
これにはびっくりしたんだけど、土曜日や日曜日の朝に降った前の影響が少しはあると考えても、あそこまで先行勢が粘れない馬場なんて予想もしなかったわ。
 
土曜日の結果を見ると差しが決まるのはわかったんだけど、日曜日に雨が降らなければもう少し前が粘れる馬場だったでしょうね。
 
1番良いスタートを切ったのは、ディサイファ、次いでウインフルブルーム、マイネルミラノと出て行ってハナを叩いたのは予想どおりマイネルミラノ。

肝心のロゴタイプは、スタートで後方になったのがまず誤算だったわね。
 
ディサイファも意識的に前の位置を取りに行ったし、ステファノスも先行勢の後ろと、各騎手開幕週を意識して前の方に先行勢が固まる形でレースは進んで行ったの。
 
先頭のマイネルミラノが作ったペースは1000m通過が60.3と稍重の馬場を考えればやや早いかなと言った感じね。

中団にアンビシャスがいて、その後ろにルージュバック、遅れた最後方にヒストリカルの隊列で進んで行ったの。
 
私のイメージでは直線に向いてロゴタイプが抜け出すと思って本命にしたんだけど、実際はほとんど伸びることはなかったわ。
 
直線で内に進路を取った馬も伸びることもないし、ステファノスとディサイファに至っては前が壁になって捌けなくなってしまったの。
 
前が開いてからは2頭とも伸びてきたから直線の位置取りが悔やまれるわね。
 
先に抜け出したアンビシャスをルージュバックが捕まえてクビ差つけて勝利。

牝馬では、1993年のシンコウラブリイ以来23年ぶりの勝利となったわ。
 
金曜の予想で言ったけど、今回の東京1800mはルージュバックにとっては最も力を発揮できる舞台だと私は思っているの。

今回は、外差しの馬場に加えてレースがしやすい少頭数、差し馬に向く展開と全てにおいてはまったレースと言って良いわ。
 
1着〜4着までが中団から後方にいた馬で決まるようなペースだし、アンビシャスとの3キロ差の斤量を考えれば勝っても不思議ではないわ。
 
次は天皇賞(秋)かエリザベス女王杯に向かうかはわからないけど、この馬の適性を考えれば天皇賞(秋)の方が向いていると思うわ。
 
まぁ、私的には人気を吸ってくれた方がありがたいから天皇賞(秋)に出てきてほしいけど。


2着のアンビシャスは、宝塚記念の惨敗から巻き返す2着。

やっぱりこの馬は道中で脚を溜めて、終いの脚を生かす競馬の方が合っているのかしらね。

今回は、ルージュバック同様にペースが向いたのも大きいけど距離はこの辺りが良さそうね。
 
今ならマイル路線が少し手薄だからマイルチャンピオンシップに向かっても面白いわね。

 
3着は最後方から追い込んだヒストリカル。
 
この馬も展開が向いた形だけど、展開の助けがあればまだまだ終いの脚はしっかりしているのね。
 
横山典弘騎手の後方ポツンが馬券に絡んだのを見たのは久々な気がするわ。
 
もったいないレースになったのはステファノスとディサイファね。
 
特にステファノスは、直線でまともに追ったのは前が空いた最後の100mくらいで、レースをさせてもらえなかったわね。
 
ディサイファも好スタートから良い位置でレースが出来たけど、勝負所で前が壁になってしまってブレーキをかけざるを得なくなったのは痛かったわ。
 
とは言え、ディサイファは年齢的にも上積みを期待するのは厳しいし、天皇賞(秋)で狙うなら断然ステファノスね。
 
藤原厩舎は前哨戦と本番の使い分けが非常に上手い厩舎だし、このレースでステファノスが本番で人気を落とすようならかなり面白い1頭になるわよ。
 
ロゴタイプは、スタートで後手を踏んだこと、道中掛かり気味、内が伸びない馬場と私の予想と全てが正反対の展開になってしまって良いところなく8着。
 
次走は、天皇賞(秋)なのか、マイルチャンピオンシップかは分からないけど、今回の負け方が尾を引かなきゃいいけどね。
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る