G1レース展望
今週から2ヶ月に渡り今年最後の府中開催が始まります。
秋の府中の目玉と言えば『天皇賞・秋』と『ジャパンカップ』ですね。
どちらも古馬最高峰のレースですし、全ての関係者が欲しがるタイトルであります。

まず目指すのは天皇賞(秋)です。
その天皇賞の前哨戦として今週の東京競馬場では1800mの重賞の毎日王冠が行われます。
毎日王冠と言われて思い出すのは1998年の毎日王冠です。
サイレンススズカ、エルコンドルパサー、グラスワンダーの3頭が最初で最後の戦いを見せたレースで、何年経っても『伝説のG2』として語り継がれているのです。
このレースにG2では異例の12万の観客がこのレースを一目見ようと集まりました。
結果は、サイレンススズカがエルコンドルパサーに2馬身半の差を付け勝利を収めました。
この勝利は、エルコンドルパサーに国内で唯一土を付けたレースでもあります。

この毎日王冠は、G1を戦う馬たちが秋の始動戦として関西からの参戦もあり嫌が応にも注目度の高いレースとなっています。
今年の毎日王冠にもG1級の馬たちが登録をしておりレベルの高いレースが見れそうです。

現段階での注目馬を挙げていきますので皆さんの予想にお役立てください。
ドキドキしますね本当に!


昨年の天皇賞(秋)の覇者スピルバーグ(牡6、美浦・藤沢和雄厩舎)
デビューからかなりの期待を掛けられ大事に使われてきたスピルバーグ。
ダービー以降の長い休養を経て、復帰しその後も間隔を明けながら使われており、昨年もこの毎日王冠から始動。
結果は3着と一線級と戦えることを見せたが、決してスムーズな競馬では無かった。
左回りを得意としているスピルバーグにとっては天皇賞(秋)は恰好の舞台であり、これまでの鬱憤を晴らす様な末脚で念願のG1制覇。
その後、ジャパンカップでも3着と力を見せ今年の春は大阪杯からイギリス遠征を敢行。
大阪杯は雨で湿った馬場が影響したような走りで、プリンスオブウェールズステークスでは6着と普段の走りは見せられなかった。
そして、この毎日王冠は帰国初戦であり天皇賞(秋)連覇に向けて大事なレースである。
既に6歳であるがまだ16戦とまだまだ走れる。
東京のこの舞台で無様な競馬は許されない。

昨年の皐月賞馬イスラボニータ(牡4、美浦・栗田博憲厩舎)
2歳時には新潟2歳ステークスでハープスターの2着で、その後のいちょうステークスから皐月賞まで4連勝を達成。
ダービー2着、セントライト記念1着から挑んだ昨年の天皇賞(秋)は早めに先頭に立ってしまったが3着に粘った。
果敢に挑んだジャパンカップではやはり距離の影響か9着と敗れ、飛躍が期待された今年は中山記念から始動したが結果は5着。
春は安田記念を目標にしていたが左前球節炎を発症し全休。
この毎日王冠は3月の中山記念以来の休み明けの競馬になり、体調面がどこまで戻っているかがカギである。
府中はいちょうステークスと東京スポーツ杯を快勝している舞台なのでやはり問題は体調面と、このメンバーに入っての力関係。

同い年のダービー馬と菊花賞馬がイマイチ振るわなく世代レベル自体に疑問符の付く世代だが、そこから一歩抜けてもらいたい。

札幌記念を快勝したディサイファ(牡6、美浦・小島太厩舎)
東京競馬場の1800m~2000mで抜群の走りを見せるディープインパクト産駒の牡馬。
今年に入り同じ左回りの中京で行われて中京記念を勝ち、連覇を目指したエプソムカップは3着で、夏は札幌記念に参戦。
実績のない右回りで小回りとこの馬にとっては決して走りやすい条件ではなかったが、好位からのレースでヒットザターゲット、ダービーフィズを強襲を抑え込み勝利。
これまで見せていたスタイルとは全く異なるスタイルでの勝利は驚きを感じた。
札幌記念こそは好位からレースを進めてが本来は終いの脚を武器にするタイプの馬であり、ここはいつも通りのスタイルで競馬をするはず。
この舞台はスピルバーグも得意としており、脚質も同じなのでお互いに意識し合うだろう。
しかし、ライバルはG1馬なのでここは自分のスタイルを貫いてほしい。

規格外のスピードで勝っているエイシンヒカリ(牡4、栗東・坂口正則厩舎)
昨年のダービーの時期はまだ条件馬だったのだが、順調に自己条件をクリアし迎えた10月のアイルランドトロフィー。
このレースでこの馬の名は一気に競馬ファンに知れ渡った。
いつも通り逃げて直線を向きそのまま走っていたら級に外ラチに向かった斜めに走り出したのだ。
しかし、結果は3馬身差と決定的な差であった。
初めて迎えたチャレンジカップこそ9着と大敗したが、今年は都大路ステークス、エプソムカップと連勝中。
この馬がいよいよG1の舞台を目指した一線級との戦いを挑んできた。
その走りを見ているとやはりサイレンススズカをどこか照らし合わせてしまう。
気分良く走り先に楽しみが広がるような走りを期待したい。


ダービー馬候補とも言われていたアンビシャス(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)
デビュー2連勝を飾り共同通信杯と毎日杯で3着、ダービートライアルのプリンシパルステークスを快勝しダービー馬候補とも言われいたが
そのダービーを自重し挑んだ福島のラジオNIKKEI賞でも小回りも難なくこなし3馬身半の圧勝。
明らかな力の違いを見せつけ、秋の路線が注目されていたが天皇賞(秋)の路線に決定しココに参戦してきた。
この馬にストロングポイントは圧倒的な切れ味でそれは父のディープインパクトを彷彿とさせるもの。
初めての古馬戦で相手レベルも一気に強化されるが通用しない事は無い。


安田記念2着のヴァンセンヌ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)
母は名スプリンターのフラワーパークにして父はディープインパクト。
体質の弱さからコンスタントに競馬を使う事が出来ずにまだ13戦と馬体は年齢ほど衰えていない。
5歳の秋から本格化し今年に入って安田記念で2着に入るまでの力を付けてきた。
今回は1800mだがここまでなら許容範囲なはずだし、新たに横山典弘を迎えて新境地開拓もあり得る。
G1制覇に向けては良いレースをしたい。

ここまで6頭を上げましたが他には、七夕賞を勝ったグランデッツァ、香港で2着のステファノス、マイルチャンピオンシップを勝っているダノンシャーク
リアルインパクトトーセンスターダムとオーストラリア遠征を敢行した2頭など全馬が注目馬のようなメンバーです。
また予想などは週末にお話しさせていただきます。
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る