毎日王冠

東京11R毎日王冠(GⅡ・芝1800m)
◎9 ロゴタイプ
○5 ディサイファ
▲10 ルージュバック
☆6 マイネルミラノ
△7 アンビシャス
△2 ステファノス
月曜日にも言ったけど、今週から秋の東京と京都開催が始まるのよ。

東京の毎日王冠や、京都の京都大賞典が始まれば“秋競馬本番”と言った感じね。

ここでは、天皇賞(秋)の前哨戦として注目の集まる毎日王冠の直前予想をして行くわ。
 
去年の勝ち馬のエイシンヒカリや、3歳馬のスマートオーディン辺りが出てくれればもっと盛り上がったのにね・・・。

とは言え、安田記念を勝ったロゴタイプ、念願のG1取りに挑むルージュバックなど、なかなかのメンバーが揃ったんじゃないかしら。
 
リアルスティールの回避は本当にげんなりするわぁ・・・なんか安田記念の走りから歯車が狂い出した感じね。
 
それじゃ、今年の枠順が決まったから見てちょうだい。
 
競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ヒストリカル牡756.0横山典弘音無秀孝栗東
22ステファノス牡556.0川田将雅藤原英昭栗東
33クラレント牡756.0小牧太橋口慎介栗東
44ロンギングダンサー牡756.0吉田豊勢司和浩美浦
55ディサイファ牡757.0武豊小島太美浦
56マイネルミラノ牡656.0丹内祐次相沢郁美浦
67アンビシャス牡457.0ルメール音無秀孝栗東
68ダノンシャーク牡857.0柴田善臣大久保龍栗東
79ロゴタイプ牡658.0田辺裕信田中剛美浦
710ルージュバック牝454.0戸崎圭太大竹正博美浦
811ウインフルブルーム牡556.0柴田大知宮本博栗東
812ロサギガンティア牡557.0北村宏司藤沢和雄美浦

予想の前に月曜日に出したデータをまとめるわ。
 
【前走クラス別成績】
G1から参戦した馬が好走している
 
【前走人気別成績】
前走1番人気だった馬の好走率が高い
 
【前走着順別成績】
前走1着の数字が良い
 
と言うものだったわね。
 
 
ここからは、新しいデータを使って毎日王冠を予想して行くわ。

以下のデータは、過去10年分のデータになるわ。
 

最初は、人気別成績
人気別成績
人気別成績

1番人気に支持された馬は連対率50%を見れば、軸としては適していると言っても良いわね。
 
太線の下は上位人気と下位人気で分けた表になるけど、これを見ると1着には大きな差があるけど、2着・3着は同数で人気ほど大きな差がないことが分かるわね。
 
かといって2桁着順が良いかと言えばそうじゃなくて、青字で示しているように穴を狙うなら6番人気から9番人気の馬を重点に狙うのが良いわ。
 
10番人気以下の馬も馬券に絡んでいるから、軽視は出来ないけど相手として押さえる程度で十分ね。
 
私が予想した人気はこうよ!
 
 1番人気:ルージュバック
 2番人気:ステファノス
 3番人気:アンビシャス
 4番人気:ロゴタイプ
 5番人気:ディサイファ
 6番人気:ウインフルブルーム
 7番人気:マイネルミラノ
 8番人気:クラレント
 9番人気:ロサギガンティア
10番人気:ダノンシャーク
11番人気:イモータル
12番人気:ヒストリカル
13番人気:ロンギングダンサー

 
次は、前走開催場別成績
前走開催場別成績
開催場別成績
 
前走、東京競馬場を走った馬がダントツの数字を残しているわ。

ちなみに、ここに載っていない競馬場は全て着外だから省いているわ。

まぁ、出走頭数も多いからかもしれないけどコースの相性もあるわね。
 
あと、気になるのは阪神から出走した馬の成績がイマイチなのよね。

阪神ということは、ほとんどが宝塚記念からの出走なんだけど、どうしてか成績が振るわないのよ。
 
3着が4回あるから全くダメってことではないけど、宝塚記念から出走してきた馬は、馬券の軸ではなく相手に留める事をオススメするわ!
 
【前走新潟】
・マイネルミラノ
・ロサギガンティア
・ロンギングダンサー 
 
【前走東京】
・クラレント
・ダノンシャーク
・ディサイファ
・ヒストリカル
・ルージュバック
・ロゴタイプ 

【前走阪神】
・アンビシャス
・イモータル
・ステファノス 

【前走小倉】
・ウインフルブルーム 
 

最後は、前走距離別成績
前走距離別成績
前走距離別成績
 
これは、毎日王冠に走った馬の前走距離別成績なんだけど、赤字の方が青字より良い成績を出しているのが分かるわよね。
 
赤字は2000m以下のマイル中心で活躍している馬。
青字は2200m以上の中距離を得意とする馬。

と言う感じで分けたんだけど、毎日王冠を攻略するなら、“中距離馬よりマイラータイプの馬”と言う事が出来るわ。
 
この毎日王冠ではスピードタイプの馬が好走を見せるから、宝塚記念から来た馬が凡走をするのは、求められる物が違うからと言う事が出来るわね。
 
【前走1600m】
・クラレント
・ダノンシャーク
・ディサイファ
・ロゴタイプ
・ロサギガンティア 

【前走1800m】
・ウインフルブルーム
・ヒストリカル
・ルージュバック 

【前走2000m】
・マイネルミラノ
・ロンギングダンサー 

【前走2200m】
・アンビシャス
・ステファノス 

【前走2400m】
・イモータル 

それじゃ、これまでのデータを全てまとめるわよ。
 
【前走クラス別成績】
G1から参戦した馬が好走している
 
【前走人気別成績】
前走1番人気だった馬の好走率が高い
 
【前走着順別成績】
前走1着の数字が良い
 
【人気別成績】
1番人気は軸としての信頼度は高いけど、伏兵と台頭も目立つ
 
【前走開催場成績】
東京競馬場を走って来た馬が好走している
 
【前走距離別成績】
1600mから2000m辺りで好走している馬が狙い目
 
これらのデータと各馬の成績を元に私の印を発表するわ。
 
◎ロゴタイプ
 
○ディサイファ
 
▲ルージュバック
 
△アンビシャス
 
△ステファノス
 
マイネルミラノ 
 

それじゃ、1頭ずつ触れていくわ。
 
本命
ロゴタイプ
【前走:安田記念(G1)1着(8番人気)】
 
前走の安田記念では、スタートからハナを主張してそのまま経済コースを通って見事逃げ切り勝ち。

※経済コースとは、内ラチ沿いでロスのないコースを走ることを指すの
 
2013年の皐月賞以来の勝利となったけど、実に鮮やかな復活劇だったわ。
 
レースでは簡単にハナには立てたけど、モーリスを含めた馬たちも早めのレースをしていたから厳しそうに見えたの。
 
モーリス以外の騎手は相手をモーリス1本に絞ったような位置取りになって、そのモーリスは2番手で掛かるのを抑えるのに苦労していたわね。

モーリスが抑え過ぎたのが原因か、1000m通過が59.1と決して早いペースではなかったわね。
 
モーリスを軸に騎手たちは競馬していたから、ロゴタイプへのマークが薄くなった上に、他馬が馬場の良い所を選んで外に持ち出す中、ロゴタイプ鞍上の田辺裕信騎手が最内を突いたのも大きな勝因ね。
 
今回もメンバー構成を見るとハナに行くかなと思うけど、マイネルミラノの出方次第では2番手からレースをする可能生もあるわね。
 
どちらにせよ開幕週の馬場を考えれば前に行けるこの馬には有利な展開になるわ。

スピードも生かせるこの舞台は間違いなく合うわ!

 

対抗
ディサイファ
【前走:安田記念(G1)6着(7番人気)】
 
この馬はこれまで9勝しているけど、その内8勝が1800m〜2000mの距離で、東京競馬場では4勝とまさに絶好の舞台なの。
 
前走の安田記念では、鞍上の武豊騎手がモーリスを意識してか、いつもより前の位置でレースをしたら、末脚が甘くなって7着と負けたけど2着のモーリスからは僅か0.2差と着順ほどの負けは感じないわ。
 
前は差し一辺倒だったけど、最近は前の方でもレースが出来るようになってきて脚質に幅が出てきたのは良いけど、持ち味を生かすなら脚を溜めて直線勝負が良いわね。
 
過去、’08・’09年ウオッカ、’12・’13年のジャスタウェイと東京競馬場と相性の良い馬は2年連続で連に絡む傾向があるから、その傾向からもディサイファも2着に入る可能性は高いと考えるわ。
 
武豊騎手がどんなレースをするか見ものね。
 

単穴
ルージュバック
【前走:エプソムカップ(G3)1着(1番人気)】
 
全勝ち鞍の距離は全て1800m〜2000mと、ディサイファ以上に距離に適性のある馬よ!

マイルや2200m以上になるとパフォーマスが落ちるのを見ると、この距離が1番力を出せるんでしょうね。
 
前走は、大外枠からスタートも中団で流れに乗ると直線では上がり3ハロン32.8と段違いの末脚で久々の勝利。

この走りを見ても東京1800mが1番力を出する舞台な気がするわ。
 
ただ、力は認めるけど前走に比べると相手が強くなるし、前走クラスのデータからG1出走馬より劣るから単穴評価にしたわ。
 

連下
アンビシャス
【前走:宝塚記念(G1)16着(3番人気)】
 
去年の毎日王冠に出走するも、スタートでの出遅れが響いて6着。

その後、天皇賞(秋)で5着後に休養に入って、今年初戦に選ばれたのは2月の中山記念では、後方から追い込み2着。
 
2走前の大阪杯では、逃げるキタサンブラックをマークする形でこれまでにない先行策に出て、ゴール前でキタサンブラックを捉えて勝利。
 
先行策を身につけて挑んだ前走の宝塚記念では、大阪杯の先行策が裏目に出てしまって終始掛かりながらレースを進めることになって、最後は力尽きて16着の大敗。
 
2200mも長いとは思わないけど、適性と言う意味ではマイルから2000mくらいでしょうね。
 
鞍上のルメール騎手とは相性がいいし、上手くなだめながら進められれば馬券圏内争いは必死ね。
 

連下
ステファノス
【前走:宝塚記念(G1)5着(7番人気)】
 
前走宝塚記念組からもう一頭上げるのは、去年の天皇賞(秋)2着のステファノスよ。
 
去年の毎日王冠を走った時は、位置取りが後方になってしまってメンバー2位の上がりで追い込んでくるも7着。

中団から進めた次走の天皇賞(秋)は、直線外から追い込んで2着。
 
東京・京都に良績が集まっているように瞬発力をフルに活かした、いかにもディープインパクト産駒らしい馬ね。
 
ちゃんと、中団からレースが出来れば末脚は確実に切れるから期待は持てるわ。
 
ただ、脚質的に前が止まらないと差し切ることも困難だし、差し届かない可能性もあるからこの評価ね。
 

抜けた馬がいない今年の毎日王冠。
そんな中でエビコが見つけた穴馬は
同じ舞台で好走歴のあるあの馬だ・・

 

注目穴馬
 
マイネルミラノ
【前走:新潟記念(G3)8着(5番人気)】
 
私が渾身の穴馬としてオススメしたいのがこのマイネルミラノ。
 
3走前のエプソムカップでは、1000m通過が60.5と完璧なペースを刻んで逃げたんだけど、最後にルージュバックとフルーキーの決め手に屈して惜しい3着。
 
ただ、このレースに関しては2番手・3番手の馬が失速していることを考えればマイネルミラノはよく頑張ったわ。
 
特に逃げた時は激走する傾向にあるし、ロゴタイプがいるけど今回も恐らくハナを叩くのはこの馬だと思うわ。
 
開幕週の馬場の経済コースを走るでしょうし、人気を考えればマークが薄くなるのも明確。

 
後ろが、牽制している間に上手く逃げられればエプソムカップの再現があっても不思議じゃないわ。
 
この馬の味方は“開幕週の馬場”のみ!

これを最大限に使って持ち味を出して欲しいわ!!


実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る