京都記念

京都11R京都記念(GⅡ・芝2200m)
◎6 サトノクラウン
○9 ミッキーロケット
▲3 マカヒキ
☆8 アングライフェン
△2 ヤマカツライデン
△10 ガリバルディ
レースの見どころ
京都記念は、過去10年の勝ち馬だけでもサトノクラウン、ラブリーデイ、トーセンラー、ブエナビスタ、アサクサキングス、アドマイヤムーンと6頭のG1馬が名を連ねるレース。
 
今年から4月の『大阪杯』がG1に格上げされた事もあり、ステップとして最適なこのレースの注目度も一段とアップしているのよね。
 
少頭数ながらもG1馬、そして今後G1で活躍しそうなメンバーが顔を揃えているから迫力あるレースが見れそう!
 
そしてその小頭数の中で、これぞ台頭する穴馬を見つけちゃったわ!


それじゃ、今年の出走馬を見ていくわよ!

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11アクションスター牡756.0松若風馬音無秀孝栗東
22ヤマカツライデン牡556.0池添謙一池添兼雄栗東
33マカヒキ牡457.0ムーア友道康夫栗東
44スマートレイアー牝754.0岩田康誠大久保龍栗東
55ウインインスパイア牡656.0フォーリ高橋祥泰美浦
66サトノクラウン牡558.0M.デム堀宣行美浦
77ショウナンバッハ牡656.0幸英明上原博之美浦
78アングライフェン牡556.0浜中俊安田隆行栗東
89ミッキーロケット牡456.0和田竜二音無秀孝栗東
810ガリバルディ牡656.0川田将雅藤原英昭栗東

【前走クラス別成績】
前走G1が好成績を収めていて、海外帰りも悪くない
 
【前走着順別成績】
2着の回数に差はあるも、全体的には掲示板内・外の差はない
 
【前走人気別成績】
G1で伏兵だった馬が好走するけど、今年は…

それじゃ、ここからは新しいデータを使って予想していくわ。

以下のデータは、京都記念過去10年分のデータになるわ。


まずは、人気別成績

レース当日人気別成績
人気

伝統のレースだし、やっぱり1番人気馬の成績が良いのかしら!

と、思っていたけど、意外と割れているじゃない。
 
1番人気馬の成績も悪くはないけど、3番人気馬の好成績、そして6番人気馬の勝率の方が目につくわね。
 
今年の1番人気はマカヒキ、3番人気はサトノクラウンかミッキーロケットのどちらかになると思うけど、当日にならないと分からなそうね・・・
 
6番人気はガリバルディかスマートレイアーあたりかしらね。

どちらもG1に出走経験のある猛者だから警戒が必要よ!
 
 
次に、脚質別成績

脚質別成績
脚質

中距離の外回り、以前はとにかく差し馬有利なコースだったけど…

最近はスローからの上がりの速い競馬が多くなってきて、ある程度のポジションを取らないと差し届かないことが多くなっているのが分かるわね。
 
今年も少頭数でスローが濃厚だから、先行馬有利のスタンスだと思うわ。

極端に後方から競馬をするようだと、マカヒキも届かないと想定できるわ。

【逃げ】
・ヤマカツライデン
 
【先行】
・ミッキーロケット
・サトノクラウン
・スマートレイアー
・ウインインスパイア

 
【差し】
・マカヒキ
・ショウナンバッハ
・アクションスター
・アングライフェン
 
【追い込み】
・ガリバルディ


最後は年齢別成績

年齢別成績
年齢

これは分かりやすいわね。

勝ち馬は4~5歳馬から。2着までなら6歳馬でも喰い込めるって感じ。

7歳以上の馬は一切必要ないわね。

【4歳】
・マカヒキ
・ミッキーロケット
 
【5歳】
・アングライフェン
・サトノクラウン
・ヤマカツライデン
 
【6歳】
・ウインインスパイア
・ガリバルディ
・ショウナンバッハ
 
【7歳】
・アクションスター
・スマートレイアー

それじゃ、ここまで出したデータをまとめるわ。
 
【前走クラス別成績】
前走G1が好成績を収めていて、海外帰りも悪くない
 
【前走着順別成績】
2着の回数に差はあるも、全体的には掲示板内・外の差はない
 
【前走人気別成績】
G1で伏兵だった馬が好走するけど、今年は…
 
【人気別成績】
1、3、6番人気馬に注意
 
【脚質別成績】
先行馬が狙い目
 
【年齢別成績】
勝ち馬は4~5歳馬から


これらのデータと各馬のレース内容から私の印を発表するわ。

◎サトノクラウン
 
○ミッキーロケット
 
▲マカヒキ
  
△ヤマカツライデン
 
△ガリバルディ

アングライフェン

それじゃ、1頭ずつ触れていくわ。

本命
サトノクラウン(牡5)
【前走:香港ヴァーズ(香G1)1着(4番人気)】
 
前走の『香港ヴァーズ』で悲願のG1制覇を成し遂げたわ!

今ノリにノッてる里見オーナーの馬でもあるわね。
 
デビューから無敗の3連勝で『弥生賞』を勝って、ドゥラメンテやキタサンブラック、リアルスティールらも出走した『皐月賞』で1番人気にまで支持された素質馬。
 
今まで順調に使われた事が少なくて、未だに能力の底をみせていない印象だけど、昨年の『京都記念』をみれば分かるように潜在能力は物凄く高い馬よね。
 
完全に本格化した今なら、海外帰り、58キロの不利も跳ね返す快勝が見られるはずよ!


対抗
ミッキーロケット(牡4)
【前走:日経新春杯(G2)1着(1番人気)】
 
昨夏から急激に力をつけて、前走の『日経新春杯』で待望の重賞初勝利。

『神戸新聞杯』であのサトノダイヤモンドに迫った能力が、フロックじゃなかった事を証明したわね。
 
和田騎手が完全に手の内に入れている印象で、今回も先行する競馬をするんじゃないかしら。

マカヒキよりも前で競馬ができるのは有利よね。
 
キンカメ産駒で成長著しい今なら、一気の重賞連勝の可能性も十分よ!


単穴
マカヒキ(牡4)
【前走:凱旋門賞(仏G1)14着(1番人気)】
 
ハイレベルな明け4歳世代の頂点を獲った馬。

前走の『凱旋門賞』では、世界の厚い壁に跳ね返され苦汁を味わう結果になったけど、国内では『皐月賞』以外負けた事のない馬だから相当に強いわよ。
 
「初の2200m」「海外帰り初戦」「休み明け」「後方からの脚質」と不安要素は盛りだくさんの馬だけど、すべて杞憂に終わらすだけのポテンシャルも同時に秘めている存在。
 
取捨に非常に迷うけど今回はアタマなし!連下までの狙いが良さそうな気がするわ。


連下
ヤマカツライデン(牡5)
【前走:日経新春杯(G2)6着(5番人気)】
 
前走の敗因はプラス体重がすべて!

今回は絞れてくるので心配なさそうだわ。
 
非根幹距離で少頭数の競馬だから、単騎で逃げられるのは相当有利よね。

2015年にラブリーデイとキズナの間に割って入ったスズカデヴィアスのようなイメージの競馬ができれば、馬券に絡んでくる可能性は十分あるわよ。


連下
ガリバルディ(牡6)
【前走:京都金杯(G3)13着(4番人気)】
 
1度は完全にマイル路線へ転向したかと思ったけど、ここにきて中距離路線に矛先を向けてきたわね。

名門藤原厩舎だから、何かしら理由があっての参戦だと考えるのが無難ね。
 
実際『京都新聞杯』は今回と同じ条件で走っていて、2分11秒2の好タイムだったわけだから適性は中距離にあっても驚けないわ。
 
ここ2走で増えていた馬体重が、どこまで絞れているかには注意が必要だけど、500キロ台で出走してくるようなら好走しても驚けないわ。


大阪杯へつながる伝統の一戦、京都記念。
エビコが目を付けた今年の適性にハマる穴馬とは!?



注目穴馬

アングライフェン(牡5)
【前走:ニューイヤーステークス(OP)10着(10番人気)】
 
完全に格下扱いされている印象だけど、今年なら馬券圏内に喰い込む可能性はあるわ!
 
と言うのも、天候。
週末にかけて京都の空模様は不安定で、馬場が渋る可能性が高いと思うの。

パワーが求められる馬場状態なら一気にこの馬が浮上するわ!
 
昨夏にヴォルシェーブに完勝しているように、能力は高いものを秘めているのよね。

成長著しい明け5歳、アッと言わせるシーンも十分に考えられるわ!



2017年的中実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る