阪神大賞典

阪神11R阪神大賞典(GⅡ・芝3000m)
◎08 ゴールドシップ
○01 ラストインパクト
▲09 フーラブライド
☆04 スズカデヴィアス
△06 カレンミロティック

クラシックの前哨戦真っ只中だが古馬の天皇賞(春)に向けたステップレースもいよいよスタート。今年の阪神大賞典は新旧菊花賞馬の対決で当初は注目されたがトーホウジャッカルが調教中のアクシデントにより回避。この対決は持ち越しとなり、完全に◎ゴールドシップ1強と言う状態に。前走こそよもやの敗戦を喫してしまったゴールドシップだが、こと阪神となれば話は別。阪神では5勝、2着1回と無類の強さを誇っており、このレースも3連覇が懸かるという状況。正にアウェイからホームへと戻ってきたという感じだ。少頭数の競馬を好む傾向にある同馬にとって10頭立てで例年通りの少頭数での施行というのも追い風。このメンバーで阪神、少頭数と条件が揃ったとなれば逆らう理由はない。

相手探しの一戦となるが筆頭には○ラストインパクトを推す。前走の有馬記念では直線で完全に前が壁になり、全く追えない状況に陥りながらも対ゴールドシップとは0,1秒差。そこで脚が溜まったという見方も否めなくはないが、その前の金鯱賞や京都大賞典の連勝を考慮すると力をつけてきたのも確か。阪神コースは神戸新聞杯(7着)以来となるが、より急坂の中山の2500mを高パフォーマンスでこなしている今なら心配は無い。先述の有馬記念以外にも昨年の天皇賞(春)でもゴールドシップとは0,1秒差。阪神のゴールドシップとは未対戦ながら2戦ともに同斤量のゴールドシップに0,1秒差なら斤量1㎏差のある今回、もしかしたら…と思わせる存在。

単穴に▲フーラブライト。前走の新春日経賞は実質トップハンデだったが牡馬相手に2着と好走。2走前の愛知杯は56㎏のトップハンデながら0,4秒差の6着。雨馬場と斤量を考えると致し方ない結果だったと評価すべきだろう。実際、その愛知杯で8着に敗れたバウンスシャッセが中山牝馬ステークスを勝利している様に度外視可能な一戦。今回は初の3000m戦となるがタフなレースでこそ輝くタイプで心配は無用。また、牝馬もメイショウベルーガが10年に56㎏を背負って3着している様(ちなみに前走は新春日経賞1着と似たローテーション)に牝馬だからと割り引く必要はなく、食い込みに注意したい一頭だ。

過去10年のうち7年で連対を確保と4歳馬の活躍が目立つレースという側面もあるが今年参戦する4歳馬は☆スズカデヴィアス一頭のみ。前走はラブリーデイにハナ差で敗れこそしたが、それでも差し返そうとする勝負根性をみせたことは評価できる。今回は同型であるメイショウカドマツとの兼ね合いがあるが、力をつけてきており押さえて置くべきだろう。

あとは通年免許取得後ノリにノっている“スーパールーキー”Mデムーロ騎手騎乗の△カレンミロティックまで押さえたい。

最後に重賞連勝中のラブリーデイだが、距離が2500mを超えるとメンバーが手薄だった昨年の目黒記念やアルゼンチン共和国杯でさえ掲示板がやっとの状況とパフォーマンスの低下が著しい傾向にある。ここはメイショウカドマツやスズカデヴィアスといった逃げ馬の存在やゴールドシップの早めの進出を考慮すると展開的にこの馬に向かない可能性が高い。ここは点数を絞るためにも切ってしまうのも一つの手だ。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る