阪神大賞典

阪神11R阪神大賞典(GⅡ・芝3000m)
◎9 サトノダイヤモンド
○3 シュヴァルグラン
▲8 タマモベストプレイ
☆2 ウインスペクトル
△6 レーヴミストラル
△4 トーセンバジル
レースの見どころ
阪神大賞典は、『天皇賞(春)』を占う重要な一戦!

過去の勝ち馬にはゴールドシップ、ディープインパクト、テイエムオペラオー、スペシャルウィーク、ナリタブライアンなど、歴史的名馬が名を連ねているわ。

4年連続で1番人気馬が順当に勝利しているように、前哨戦とはいえ実力馬がきっちりと好走する傾向にあるレースね。

昨年の勝ち馬シュヴァルグランも出走するけど、最大の注目はサトノダイヤモンド!

グランプリホースが年明け緒戦でどんな競馬をするのか、ファンの注目はそこに絞られそうね。


それじゃ、今年の出走馬を見ていくわよ!

競走成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11スピリッツミノル牡556.0幸英明本田優栗東
22ウインスペクトル牡556.0丹内祐次宗像義忠美浦
33シュヴァルグラン牡557.0福永祐一友道康夫栗東
44トーセンバジル牡556.0四位洋文藤原英昭栗東
55トウシンモンステラ牡756.0小崎綾也村山明栗東
66レーヴミストラル牡556.0川田将雅高野友和栗東
77ワンアンドオンリー牡657.0武豊橋口慎介栗東
78タマモベストプレイ牡756.0吉田隼人南井克巳栗東
89サトノダイヤモンド牡457.0ルメール池江泰寿栗東
810マドリードカフェ牡656.0岩田康誠荒川義之栗東

次に、月曜日に出したデータを振り返っておくわ。

【前走クラス別成績】
G1組は有馬記念から、G2は日経新春杯と京都記念の相性が良い。

【前走着順別成績】
勝ち馬の9割が前走掲示板内。

【前走人気別成績】
前走1番人気だった馬の成績がずば抜けている。


それじゃ、ここからは新しいデータを使って予想していくわ。

以下のデータは、阪神大賞典過去10年分のデータになるわ。


まずは、人気別成績

レース当日人気別成績


1番人気の馬が圧倒的に強いわね。

過去10年で馬券圏内90%は驚異的な数値!

1番人気で7着に敗れた2009年のオウケンブルースリはいつもと違う先行策が裏目にでた形だったから、戦略さえ間違えなければ1番人気は安泰ね。

今年の1番人気はサトノダイヤモンド、一切の不安がないわ!


次に、脚質別成績

脚質別成績


極端な成績になっているわね。

このレースはある程度前々で競馬ができないと、勝ち切るのは難しいって事!

3連覇を果たしたゴールドシップにしたって『阪神大賞典』では先行策をとっていたぐらいだから、先行馬有利の傾向は間違いのないところね。

人気のシュヴァルグランが勝つためには、いつもよりも前目の競馬を心掛けて欲しいわね。

【逃げ】
・ウインスペクトル

【先行】
・サトノダイヤモンド
・タマモベストプレイ
・マドリードカフェ

【差し】
・シュヴァルグラン
・スピリッツミノル
・トウシンモンステラ
・トーセンバジル
・ワンアンドオンリー

【追い込み】
・レーヴミストラル

サトノダイヤモンドはここでも堅実、今のところ死角が見当たらないわね。


最後に、年齢別成績

年齢別成績
年齢

勝率や連対率で4歳~5歳が抜けているわね。

6歳で勝ったのはゴールドシップとナムラクレセント。

7歳で勝ったのはアイポッパー、8歳で勝ったのはトウカイトリック。

どの馬も有名なステイヤーよね。

3000mの長距離で、一線級の馬たちが揃う一戦。

実績のない高齢馬が乗りきるのは簡単な事じゃないわ!

■勝ち馬は基本的に4歳~5歳から
■6歳以上は高いステイヤー資質がなければ勝負にならない

ポイントはこの2点ね。

【4歳】
・サトノダイヤモンド

【5歳】
・ウインスペクトル
・シュヴァルグラン
・スピリッツミノル
・トーセンバジル
・レーヴミストラル

【6歳】
・マドリードカフェ
・ワンアンドオンリー

【7歳】
・タマモベストプレイ
・トウシンモンステラ


結局サトノダイヤモンドにデータ面からマイナス要素はなかったわね。


それじゃ、ここまで出したデータをまとめるわ。

【前走クラス別成績】
G1組は有馬記念から、G2は日経新春杯と京都記念の相性が良い。

【前走着順別成績】
勝ち馬の9割が前走掲示板内。

【前走人気別成績】
前走1番人気だった馬の成績がずば抜けている。

【人気別成績】
1番人気の馬が圧倒的に強い。
ここで1番人気に支持されるような馬は能力も実績も高いわけだから、順当に勝ち負け。

【脚質別成績】
先行馬が圧倒的に有利。
ある程度前々で競馬ができないと勝ち切るのは難しい。

【年齢別成績】
勝ち馬は基本的に4歳~5歳から。
6歳以上は高いステイヤー資質がなければ勝負にならない。


これらのデータと各馬のレース内容から私の印を発表するわ。

◎サトノダイヤモンド

○シュヴァルグラン

▲タマモベストプレイ

△レーヴミストラル

△トーセンバジル

ウインスペクトル


それじゃ、1頭ずつ触れていくわ。

本命
サトノダイヤモンド(牡4)
【前走:有馬記念(G1)1着(1番人気)】

完成途上の3歳暮れの『有馬記念』であれだけのパフォーマンスを示すわけだから、現役最強馬はこの馬だと思うわ。

なにか不安要素はないものかとデータをあさってみたけど、死角は1つも見つからなかったわね。

今回、この馬には逆らわない方が賢明と判断したわ!

サラブレッドの完成形と言われるほどの馬。

充実期をむかえた明け4歳で、どれだけのパフォーマンスを魅せてくれるのか。
注目はその一点につきるわね。


対抗
シュヴァルグラン(牡5)
【前走:有馬記念(G1)6着(5番人気)】

ハーツクライ産駒らしく晩成型を思わせる馬で、昨年あたりから急激に強くなったわよね。

昨年の『阪神大賞典』は物凄く強い競馬だったし、『天皇賞(春)』や『アルゼンチン共和国杯』の内容からも長距離適性は抜群に高いわね。

普通に回ってくれば馬券圏内は鉄板だと感じるわ。

ただ、サトノダイヤモンドより後ろで競馬をするわけだから、勝ち切るのは難しんじゃないかしら。

このレースは先行馬が圧倒的に有利なレース。

差す競馬が板についているシュヴァルグランの唯一の不安要素は位置取りになりそうね。

好走は間違いないけど、2~3着までと判断するわ!

少しでも良い配当を!と考えるのであれば、シュヴァルグランが届かず4着を想定する感じになるわね。


単穴
タマモベストプレイ(牡7)
【前走:万葉ステークス(OP)1着(2番人気)】

3歳時にはクラシック路線を歩んでいたけど、ずいぶんと息の長い活躍を続けている馬よね。

2600mを超えるような長距離戦での成績が良くて、昨年の『阪神大賞典』もなにげに4着だったのよね。

前走の『万葉ステークス』もトップハンデを背負ってあの競馬だから、着差以上に強い内容だったと思うわ。

ステイヤー資質があれば好走可能なのが『阪神大賞典』。

2強の一角崩しに期待するわ!


連下
レーヴミストラル(牡5)
【前走:日経新春杯(G2)10着(6番人気)】

まともに使われていれば、大きなレースをいくつも勝っていると思える馬ね。

過去には重賞でシュヴァルグランやタンタアレグリアを寄せ付けない強さで快勝しているわけだから、潜在能力はゆうにG1級と考えて間違いないわよ。

長期休み明けをひと叩きされて今回は絞れてくるはずだから、まともな状態でレースには望めるんじゃないかしら。

であれば、能力的に上位争いされても驚けないわ。


連下
トーセンバジル(牡5)
【前走:ジャパンカップ(G1)11着(12番人気)】

早い時期から素質は評価されてきた馬だけど、成長が追い付いていない印象だったわ。

でも昨夏辺りから急成長を遂げて、一気に重賞レベルまで上り詰めてきたのよね。

今年好調の四位騎手に乗り替わるのも好感が持てるわ。

『神戸新聞杯』でも上手に乗っていたし、手は合うんじゃないかしらね。

あとは距離適性だけど、名門藤原厩舎の選択だから距離適性なしで使ってくるとは思えないわ。

終わってみたら、長距離適性抜群だったなんて事もあるかもしれないわよ。


天皇賞(春)を占う重要な阪神大賞典
万が一、荒れることがあれば、それはこの穴馬の仕業!
エビコが目を付けた高配当必須の馬とは…


注目穴馬

ウインスペクトル(牡5)
【前走:皿倉山特別 1着(11番人気)】

もし波乱の芽があるとすれば“サトノダイヤモンドよりも前で競馬をする馬の粘り込み”以外にイメージできないわ。

前走の『皿倉山特別』を逃げて覚醒したウインスペクトルの再現に期待してみるのも面白いと思うの。

今回もノーマーク、前走のように思い切った競馬ができればアッと言わせるシーンがあるんじゃないかしら。


2017年的中実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る