阪神大賞典

阪神11R阪神大賞典(GⅡ・芝3000m)
◎1 カレンミロティック
○2 アドマイヤデウス
▲11 シュヴァルグラン
△6 タンタアレグリア
×5 マイネルメダリスト
3月20日(日)に行われる阪神大賞典の直前予想を行っていきます。
 
阪神大賞典と言えば、ナリタブライアンとマヤノトップガンの600mに渡る一騎討ち。
オルフェーヴルの逸走、ゴールドシップの3連覇など名勝負が繰り広げられてきたレースです。
が、今年はG1馬がトーホウジャッカルのみと小粒な印象を受けます。
 
枠順が出ましたので見てみます。
 
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11カレンミロティックセン856.0秋山真一平田修栗東
22アドマイヤデウス牡557.0岩田康誠橋田満栗東
33トーホウジャッカル牡557.0M.デム谷潔栗東
44アドマイヤフライト牡756.0藤岡佑介橋田満栗東
55マイネルメダリスト牡856.0和田竜二田中清隆美浦
66タンタアレグリア牡455.0蛯名正義国枝栄美浦
67カムフィー牡756.0川田将雅池上昌和美浦
78ストロベリーキングセン556.0水口優也崎山博樹栗東
79タマモベストプレイ牡656.0バルジュ南井克巳栗東
810サイモントルナーレ牡1056.0幸英明田中清隆美浦
811シュヴァルグラン牡455.0福永祐一友道康夫栗東

 
今年は11頭が揃いました。
 
では、まず月曜に出したデータをまとめます。

前走クラスでは、過去の勝ち馬は全て重賞からの参戦。
 
前走着順別では、掲示板を確保した馬が好走する。
 
前走人気別では、1番人気が圧倒的に強い。
 
年齢別では、4歳・5歳が強い。
 
と言うのが月曜日に出したデータでした。
 
ここからは、新しいデータを加えて予想を行っていきます。
阪神大賞典の過去10年のデータになります。
 
枠順別成績
1枠(3-1-1-5)  
勝率:30.0% 
連対率:40.0%
 
複勝率:50.0%

 
2枠(1-4-1-4)  
勝率:10.0% 
連対率:50.0%
 
複勝率:60.0%

 
3枠(1-0-2-9)   
勝率: 8.3% 
連対率: 8.3% 
複勝率:25.0%
 
4枠(0-1-0-12) 
勝率: 0.0% 
連対率: 7.7% 
複勝率: 7.7%
 
5枠(0-0-1-14) 
勝率: 0.0% 
連対率: 0.0% 
複勝率: 6.7%
 
6枠(1-2-2-11) 
勝率: 6.3% 
連対率:18.8% 
複勝率:31.3%
 
7枠(2-0-1-13) 
勝率:12.5% 
連対率:12.5% 
複勝率:18.8%
 
8枠(2-2-2-14) 
勝率:10.0% 
連対率:20.0% 
複勝率:30.0%

例年、阪神大賞典は頭数が揃わないので枠番に関しては神経質にならなくてもいいでしょう。

あっ!!

カレンミロティックとアドマイヤデウスが内枠に入りましたね。
これは、ロスなく回って来れますから面白いですね。
 
人気別成績
1番人気(4-3-2-1)
 
2番人気(2-0-2-6)
 
3番人気(2-1-2-5)
 
4番人気(1-1-1-7)
 
5番人気(1-3-2-4)
 
6番人気(0-1-1-8)
 
7番人気(0-1-0-9)
 
8番人気以下(0-0-0-42)

当日の人気を見ると勝ち馬は5番人気まで、馬券圏内は7番人気と言うのが分かります。
今回は頭数が少ないので絞って予想したいと思います。
当日の人気には注意しましょう。

ちなみに、私が予想した当日の人気です。
 
1            シュヴァルグラン
2            トーホウジャッカル
3            アドマイヤデウス
4            タンタアレグリア
5            カレンミロティック
6            カムフィー
7            アドマイヤフライト
8            マイネルメダリスト
9            タマモベストプレイ
10          ストロベリーキング
11          サイモントルナーレ
 
 
まずキーポイントになるのは、上位人気馬の力関係でしょう。
私の見立てでは、そんなに力差はないと考えています。
ですので、データに過去の実績などを加味した予想を行っていきます。
 
それでは、阪神大賞典の印を発表します。
 
×マイネルメダリスト
 
△タンタアレグリア
 
▲シュバルグラン
 
アドマイヤデウス
 
カレンミロティック


 
注目馬1
×マイネルメダリスト(牡8)
【前走:ダイヤモンドステークス5着(13番人気)】

昨年のステイヤーズステークス、今年のダイヤモンドステークスと2つの3000m超えの重賞で人気薄ながら4着に入っている長距離馬です。

この馬を押す唯一のデータが前走の着順になります。
前走5着馬は、複勝率25%と前走3着と同じ数字を残しています。
3連系やワイドで高配当を生み出してくれると考えていますので、この評価にしました。

注目馬2
△タンタアレグリア(牡4)
【前走:ダイヤモンドステークス4着(1番人気)】

前走のダイヤモンドステークスでは、雨で重くなった馬場の影響で力を発揮することが出来ませんでしたが4着と長距離適性を見せています。

メンバーも手薄になり月曜のデータには全て該当しますが、前走後の馬体への疲労が影響していると考えこの評価にしました。
 
注目馬3
▲シュバルグラン(牡4)
【前走:日経新春杯2着(1番人気)】

昨年の夏から徐々に力を付け、初めて重賞に挑んだ前走の日経新春杯では惜しくも2着でした。

前走1番人気だった馬の複勝率は92%と驚異的な数字を残しています。
データ上では、割り引く要素も無く本命にしても良かったのですが、1番人気が濃厚で、本命してしまっては配当的に妙味が全くないので、相手までという事で3番手評価に留めておきます。
 
さて、ここから私の本命・対抗をご紹介します。
距離適性が重要なレースで、実績がありながら人気落ちしそうな2頭。

データが導き出した高配当をもたらしてくれる馬とは・・・。

 

注目穴馬1

○アドマイヤデウス(牡5)
【前走:京都記念3着(4番人気)】

昨年の秋はG1で惨敗を繰り返しましたが、前走の京都記念では重馬場ながら3着に入りG2ならまだまだ戦えるところを見せました。

前走は、雨の影響で勝負所での反応が鈍くなり最後は着差を付けられてしまいました。
が、4着馬をゴール前で差し返している辺りはさすがと言ったところです。

年齢的にも最も勝率の良い5歳馬ですし、複勝率60%を誇る2枠に入りました。
3000mの長距離なのでロスなく回れることはプラスです。


 

注目穴馬2

◎カレンミロティック(セ8)
【前走:ジャパンカップ15着(16番人気)】

穴馬としてお勧めしたいのがこのカレンミロティックです。

月曜日に7歳以上の好走例として、3000m超えの重賞勝ち、もしくはG1で3着以内があることとお伝えしました。
この、カレンミロティックは、昨年の天皇賞(春)で3着に入り、一昨年には宝塚記念で2着とG1でも戦える力を持っています

天皇賞(秋)・ジャパンカップと2桁着順が続いていますが、この舞台なら巻き返しは十分にあります。

過去の実績から長距離適性はありますし、年齢別データに自信があるのでこの馬を本命にしました。
人気も、あまり無いでしょうからこの馬から入ればオイシイ配当が舞い込んで来ます。


うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る