G1レース展望
2015年12月26日土曜日に阪神カップが阪神競馬場で行われます。

スプリンタ-とマイラーが共存できる距離として2006年に創設されたレースです。
今年で10回目になりますが、勝ち馬の数は6頭と、キンシャサノキセキ、サンカルロ、リアルインパクトと3頭の馬が連覇をしています。
ここは、適正と言うのが肝になるのかもしれません。

では、この阪神カップの登録馬を見て行きましょう。

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アクティブミノル56.0北出成人栗東
アフォード57.0北出成人栗東
アルマワイオリ56.0西浦勝一栗東
クラレント57.0橋口弘次栗東
サンライズメジャー57.0浜田多実栗東
スマートオリオン57.0鹿戸雄一美浦
ゼロス57.0松元茂樹栗東
タガノブルグ57.0鮫島一歩栗東
ダイワマッジョーレ57.0矢作芳人栗東
ダノンシャーク57.0大久保龍栗東
ダンスディレクター57.0笹田和秀栗東
テイエムタイホー57.0鈴木孝志栗東
ニシノラッシュ56.0田村康仁美浦
ビッグアーサー57.0藤岡健一栗東
マイネルアウラート57.0高橋裕美浦
ミリオンヴォルツ57.0高野友和栗東
メイショウツガル57.0武田博栗東
メイショウライナー57.0高橋義忠栗東
ロサギガンティア57.0藤沢和雄美浦
ウリウリ55.0藤原英昭栗東


現段階で20頭の登録があります。

それでは、この阪神カップをデータ面から紐解いていきます。
データは、過去9年のものになります。


1番人気(2-1-0)
2番人気(1-0-1)
3番人気(1-1-0)
4番人気(1-0-1)
5番人気以下(4-8-6)
このレースの一つの特徴として『荒れる』というのがあります。
上のデータを見ても分かる通り、5番人気以下の好走がとにかく目立ちます。

そして、冒頭にも言いましたがリピーターも多いですし人気問わず来ますからね。



関東(6-7-3)
関西(3-5-3)
関西で行われる重賞でこれだけ関東馬の成績が良いのも珍しいではないのでしょうか。
特に、ここ6年間は関東馬が勝利を収めていますし、それらが全てリピーターになります。
しかし、登録馬を見ると今年は関西馬が優勢かなとも思います。



マイルチャンピオンシップ(4-6-4)
スワンステークス(2-0-1)
京阪杯(1-2-0)
キャピタルステークス(1-0-0)
チャンピオンズカップ(1-0-0)
マイルチャンピオンシップ組が好成績を収めています。
距離に関しては、短縮よりは延長か同じ距離のほうがいいですね。


1着(1-1-1)
2着(0-1-0)
3着(1-0-0)
4着(1-0-1)
5着(1-0-1)
6~9着(2-1-0)
10着~(3-7-5)
まず、勝ち馬の半数が前走大敗からの巻き返し、激走がみられます。
ここまで、人気馬に信頼を置けないレースもそうそうないので、着順から判断するのは難しそうです。

さて、これらのデータを踏まえた上で私の印を発表します。
皆さんの予想に参考にしてください。

△サンライズメジャー

△クラレント

▲ニシノラッシュ

ダノンシャーク

アルワマイオリ



では、一頭ずつ触れていきます。



△サンライズメジャー
勝ち星こそ昨年の夏から遠ざかっているが、G2やオープン特別では大きく崩れることなく走っています。
休み明けのスワンステークスは馬体重プラス10㎏となりましたが、前走でキッチリ絞り好位から抜け出し快勝。
割とこの時期に走る馬なのかもしれませんので、人気問わず要注意です。



△クラレント
マイルで良績のある古豪が昨年の阪神カップ以来の1400mに挑戦してきました。
状態に関しては、上積みは見込めないかもしれないですが、天皇賞(秋)でも差のない競馬をしてますし手ごろなメンバーですのでチャンスはあると思います。



▲ニシノラッシュ
サクラバクシンオー産駒の3歳馬です。
前走のオーロカップでは1番人気に支持されるも結果は13着と大きく期待を裏切った形になりました。
が、終始外々を回らされましたし、直線でも大外を回さざる負えない展開になってしまい不完全燃焼な結果だった気がします。
オーロカップを制したロサギガンティアには、2走前の朱鷺ステークスで勝ってますし、人気に差が出るようならこちらから入ってみても面白いでしょう。




○ダノンシャーク
連覇を狙ったマイルチャンピオンシップでは10着と見せ場すら作る事が出来ませんでした。
しかし、勝ったモーリスからは1秒以内ですし手ごろなG2なら逆転もあると読んでます。
阪神の外回りはディープ産駒は走りますし、2走前の毎日王冠では復調を感じさせる走りを見せましたのでここなら戦えるはずです。




◎アルワマイオリ
昨年の朝日杯フューチュリティークスで2着に入ったマツリダゴッホ産駒です。
母母にスエヒロジョウオーがいますが、この馬は人気薄での激走が目立った馬でした。
秋2戦は、16着、11着と成績は全く振るいませんが、阪神なら逆転があると見てます。
朝日杯、アーリントンカップと阪神のマイル戦では2戦2着2回と崩れずに走る事が出来ます。
後方一気は難しいかもしれませんが、直線入り口である程度前を射程圏に入れておけば外から突き抜ける事もあるでしょう。

人気は無いでしょうから一発狙ってみます。



と5頭上げさせて頂きました。
毎年荒れているレースだけに難しいですね。

ここで挙げたデータを駆使して予想に役立ててください。
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る