阪神カップ

阪神11R阪神カップ(GⅡ・芝1400m)
◎4 テイエムタイホー
○13 ロサギガンティア
▲2 ダイワマッジョーレ
△8 ダノンシャーク
△14 クラレント
今年の阪神競馬の最後を飾るのは、1400mのG2阪神カップです。
G1で結果が振るわなかった馬の巻き返しや、来年へ向けた新興勢力の台頭など難解ではありながらも興味深いレースです。
近走の結果などがそのままこのレースの結果に反映される訳ではないので、予想も困難になります。
そこを、何とかデータでカバーできるように今回もいくつかのデータを挙げていきます。

まずは、阪神芝1400mの傾向を見てみましょう。
2コーナーの引き込み線からスタートし直線では内回りを使います。
3コーナーまでの距離が長いのですが、先行争いは激しくなる傾向にあり、必然的にペースは早くなります。
そして、直線では急坂が待ってますので逃げ、先行馬はここで踏ん張りが利くかどうかがカギになります。
前に行く馬よりも中団待機で差し脚に自信のある馬の台頭が目立ちます。
一見内回り故に内枠の馬が有利に見えますが、以外と真ん中より外目の枠の馬の好走を目立ちます。
過去の傾向を見ても、この条件で好走した馬がここでも走る傾向にあるので、昨年の好走馬で今年出てきた馬は要注意です。


では、阪神カップの枠順を見ていきましょう。

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ビッグアーサー牡457.0藤岡康太藤岡健一栗東
12ダイワマッジョーレ牡657.0アッゼニ矢作芳人栗東
23アフォード牡757.0和田竜二北出成人栗東
24テイエムタイホー牡657.0松田大作鈴木孝志栗東
35ウリウリ牝555.0岩田康誠藤原英昭栗東
36サンライズメジャー牡657.0池添謙一浜田多実栗東
47アクティブミノル牡356.0武豊北出成人栗東
48ダノンシャーク牡757.0ルメール大久保龍栗東
59メイショウライナー牡557.0幸英明高橋義忠栗東
510メイショウツガル牡757.0古川吉洋武田博栗東
611タガノブルグ牡457.0川田将雅鮫島一歩栗東
612アルマワイオリ牡356.0勝浦正樹西浦勝一栗東
713ロサギガンティア牡457.0M.デム藤沢和雄美浦
714クラレント牡657.0内田博幸橋口弘次栗東
815ダンスディレクター牡557.0浜中俊笹田和秀栗東
816マイネルアウラート牡457.0ボウマン高橋裕美浦
817スマートオリオン牡557.0武幸四郎鹿戸雄一美浦


今年もフルゲートの18頭が揃いました。

では、いくつかデータを見ていきます。
まず、馬番順成績です。
馬番順成績
これは、過去9年分の阪神カップの馬番順成績になります。
 1番:(0-0-0)
 2番:(1-0-0)
 3番:(1-0-1)
 4番:(0-1-1)
 5番:(0-0-0)
 6番:(0-0-0)
 7番:(0-1-1)
 8番:(1-0-1)
 9番:(0-0-0)
10番:(2-1-0)
11番:(0-0-0)
12番:(0-0-0)
13番:(2-2-1)
14番:(1-2-0)
15番:(0-0-2)
16番:(0-1-1)
17番:(1-1-0)
18番:(0-1-0)
まだ、創設されて9回とデータがそこまで多くはないですが、『10番』と『13番』が群を抜いていい成績を収めています。
どちらかと言えば内枠が有利かと思えば以外にそうではなく、外枠の方がやはり好成績を上げています。
トリッキーなコースではないので枠順にそこまでこだわらなくてもいいかなと思いますが、外寄りの先行馬と差し馬には注意が必要でしょう。

では、次のデータを見てみましょう。
阪神カップの脚質別成績になります。
脚質別成績
逃げ(1-1-0)
先行(1-3-1)
差し(6-4-6)
追込(1-2-1)
過去9年のデータですが、差し馬が6勝となっています。
馬番順では、顕著な数字は出ませんでしたが、やはり脚質別では顕著な数字が出ますね。
ここにトリッキーなコースの特徴が表れています。
上級条件になればなるほど差し馬が台頭してきますので狙うなら差し馬でしょう。

次に、年齢別成績を見てみます。
年齢別成績
3歳(1-3-2)
4歳(1-2-3)
5歳(3-1-2)
6歳(3-3-1)
7歳(1-1-0)
8歳(0-0-0)
5歳、6歳、7歳と高齢馬の活躍が目立つ珍しいケースではないでしょうか。
やはり年齢問わず、いかにコース適性があるかも重要かもしれません。

では、もう一つだけ。
種牡馬別成績です。
種牡馬別成績
これは、阪神競馬場改修後の2006年以降の芝1400mのデータになります。
フジキセキ、サクラバクシンオーと短距離実績のある種牡馬の産駒が好走しているようです。
ディープインパクト産駒はデビューが遅いので分母が少ないですが、連対率で23%、複勝率で34%と馬券の軸としては信頼できそうです。
フジキセキ、アグネスタキオン、ディープインパクト、マンハッタンカフェ、ダンスインザダークなどやはりサンデーサイレンス系は走りますね。


さあ、それでは月曜日にも出したデータも参考に私の予想を発表します。
皆さんの予想にもお役立てください。

△クラレント

△ダノンシャーク

▲ダイワマッジョーレ

ロサギガンティア

テイエムタイホー

としました。



注目馬1
△クラレント
今年の春の安田記念で3着の後、中距離に挑んで来ましたが毎日王冠、天皇賞(秋)、金鯱賞と勝ててはいませんが大きくは負けていません。
本来は、マイル前後が良い馬が敢えての中距離に参戦をしてきてこの結果なら悲観する内容ではないでしょう。
阪神カップは3回走り、5着、3着、14着と昨年こそ大きく負けましたがその前は僅差ですからここでも勝負になるでしょう。
左回りに良績のある馬ですが、重賞6勝の実績に期待です。

注目馬2
△ダノンシャーク
昨年のマイルチャンピオンシップの覇者も、連覇を挑んだ今年は10着と負けはしましたが位置取りが最後は災いしたでしょう。
休み明けで挑んだ毎日王冠では外から良い伸びを見せていましたし、まだまだ戦えると思います。
正直、阪神1400mは未知数なところはありますが、毎日王冠の脚を見ればハマったら大外から強襲もあります。

注目馬3
▲ダイワマッジョーレ
1400m~1600mまでに良績のあるダイワメジャー産駒です。
一昨年のマイルチャンピオンシップで2着に入るなど力を見せていましたが、昨年、今年と一時期の勢いは無くなったように見えます。
もしかしたら、今年の不良馬場だった阪急杯を直線一気で差し切ったのですがその反動が今もあるのかもしれません。
あの脚を見れば、急に能力が衰える事も考えられませんし、もしくは馬自身のメンタル的な問題かもしれません。
ただ、この阪神カップは相性が物言うレースですので、阪急杯のレースからコース適性は良いでしょう。
後は、走る気を取り戻してくれれば勝ちきる力はまだあるはずです。



注目馬4

〇ロサギガンティア
3歳時にスプリングステークスを制しクラシック路線を歩んでいましたが、3歳秋以降に路線をマイル路線に転換してきました。
大きく負けはしないのですが、どこか勝ち味に遅い印象を受けます。
前走のオーロカップでは中団から鋭く伸び久々の勝利を上げました。
このレースと相性の良いフジキセキ産駒ですし、何より鞍上のミルコ・デムーロ騎手が1番の魅力です。


注目馬5

◎テイエムタイホー
6歳ながら今年3勝をマークしオープンまで上がって、六甲ステークス、タンザナイトステークスとオープン特別を2勝。
特に阪神競馬場との相性が良く全7勝の内5勝を阪神競馬場で上げています。
距離に関しては1200mに集まっていますが、今年になってからは1400mでも勝ち星を挙げており、尚且つ阪神競馬場では1400m~1600mまで走り今年は3戦3勝とパーフェクトです。
直線でラチを味方に付けられれば渋とい粘りを見せられますし、この馬を知り尽くしている松田大作騎手なら上手い事最後はラチ沿いを走らせられる位置に付けて競馬をするでしょう。

父ニューイングランドはサンデーサイレンスの直仔ですのでコース適性も大丈夫でしょう。
荒れる阪神カップで穴をあけるならこの馬です。




と、5頭上げました。

とにかく抜けた馬がいなので予想は難解です。
月曜と今回のデータを駆使して皆さんも予想して下さい。
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る