府中牝馬ステークス

東京11R府中牝馬ステークス(GⅡ・芝1800m)
◎06 マイネイサベル
○04 アロマティコ
▲05 ハナズゴール
☆11 ホエールキャプチャ
△13 ドナウブルー
△08 ゴールデンナンバー

例年エリザベス女王杯を目指す古馬一線級の牝馬が揃って豪華なメンバーとなるが、女心と秋の空とはよく言ったモノで、牝馬は休養を挟むとどう変わるかわからないところが多く、波乱が起こりやすい傾向。
調教の様子など、注意深く検証する必要があるだろう。

春の安田記念で牡馬の強豪相手に4着と健闘した◎マイネイサベルが好調教を連発。
本来叩き良化型のタイプではあるが、春も休み明けの中山牝馬Sを勝ったように、今年に入っての充実ぶりは目覚ましく、本格化した印象が強い。
元来左回り巧者であり、牝馬同士となる今回はかなり力が入る一戦。
1800mも守備範囲なので、好走する確率は高いとみている。

充実と言えば○アロマティコも充実ぶりは顕著。
休み明けとなった前走の佐渡Sでは、準オープンとはいえ、牡馬たちを楽に一蹴してみせた。
元々が重賞好走の実力馬であり、ジェンティルドンナを筆頭とする強い世代の活躍馬。力勝負なら台頭してくるはずだ。

▲ハナズゴールも前走不得手な距離で牡馬相手に善戦。
デキもひと息だっただけに改めて能力を感じた一戦だった。
急仕上げをひと叩きして明らかにデキは上向き。
適距離に戻り、決め手生かせる府中なら逆転も十分考えられる。

☆ホエールキャプチャはまだ少々アテにならないところがあるが、春のヴィクトリアマイルが改めて底力を感じる内容であり、前走の札幌記念は道悪が敗因で参考外だけに不気味。
今週抜群の動きを見せて復活のシーンも警戒しなければならないだろう。

とりあえずはこの4頭の戦いが濃厚。

以下、△ドナウブルーは、底力は認めるがどうも気性の問題か完全復活が難しそう。△ゴールデンナンバーは決め手は足りるが他力本願。△マルセリーナは引退を賭けた勝負仕上げで押さえまで。

スピードリッパーやレインボーダリアは東京向きでなく、コスモネモシンはまだアテにならないところがあり信頼できない。

馬単流し
→○▲☆

3連単フォーメーション
→○▲☆△→○▲☆△
○▲☆→→○▲☆△
○▲☆→○▲☆△→

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る