フローラステークス

東京11Rフローラステークス(GⅡ・芝2000m)
◎8 シャララ
○4 アグレアーブル
▲2 ゲッカコウ
△1 バレエダンサー
△9 フロンテアクイーン

 
フローラステークスの予想をしていくわよ!!
上位3頭までにオークスへの優先出走権が与えられるトライアルレースとなっているわ。
出走馬が確定したから見てちょうだい!
 
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11バレエダンサー牝354.0大野拓弥尾関知人美浦
12ゲッカコウ牝354.0松岡正海高橋義博美浦
23ビッシュ牝354.0横山典弘鹿戸雄一美浦
24アグレアーブル牝354.0岩田康誠斎藤誠美浦
35ショコラーチ牝354.0石川裕紀相沢郁美浦
36アウェイク牝354.0吉田豊斎藤誠美浦
47ファイアクリスタル牝354.0田辺裕信小島茂之美浦
48シャララ牝354.0嘉藤貴行上原博之美浦
59フロンテアクイーン牝354.0蛯名正義国枝栄美浦
510ブルーオリエント牝354.0柴山雄一松田国英栗東
611パールコード牝354.0川田将雅中内田充栗東
612トウカイシェーン牝354.0田中勝春北出成人栗東
713エマノン牝354.0酒井学平田修栗東
714クィーンズベスト牝354.0三浦皇成大久保龍栗東
715シークザフューチャ牝354.0石橋脩堀宣行美浦
816クロコスミア牝354.0勝浦正樹西浦勝一栗東
817エルビッシュ牝354.0内田博幸角居勝彦栗東
818チェッキーノ牝354.0ルメール藤沢和雄美浦

 
フルゲートの18頭が揃ったわ。
まずはこのデータを見てちょうだい!
 
2015年
1着:シングウィズジョイ
父:マンハッタンカフェ 
母父:シンボリクリスエス
 
2着:ディアマイダーリン
父:ハーツクライ 
母父:Kingmambo
 
3着:マキシマムドパリ
父:キングカメハメハ 
母父:サンデーサイレンス
 
2014年
1着:サグレアル
父:ゼンノロブロイ 
母父:Caerleon
 
2着:ブランネージュ
父:シンボリクリスエス 
母父:フレンチデピュティ
 
3着:マイネオーラム
父:ステイゴールド 
母父:コマンダーインチーフ
 
2013年
1着:デニムアンドルビー
父:ディープインパクト 
母父:キングカメハメハ
 
2着:エバーブロッサム
父:ディープインパクト
母父:デインヒル
 
3着:ブリュネット
父:ダイワメジャー
母父:Giant’s Causeway
 
2012年
1着:ミッドサマーフェア
父:タニノギムレット
母父:Kingmanbo
 
2着:アイスフォーリス
父:ステイゴールド
母父:クロフネ
 
3着:ダイワデッセー
父:スペシャルウィーク
母父:タイキシャトル
 
2011年
1着:バウンシーチューン
父:ステイゴールド
母父:トニービン
 
2着:マイネソルシエール
 父:ロージズインメイ
母父:ブライアンズタイム
 
3着:ピュアブリーゼ
父:Monsun
母父:Peintre Celebre
 
 
これは、過去5年間で馬券に絡んだ馬の血統になるの。
まず色分けした意味を説明するわ。
 
緑字:スタミナに優れた種牡馬
 
橙字:持続力に優れた種牡馬
 
青字:瞬発力に優れた種牡馬

 
と言う色分けになっているわ。
じっくり見てみると、緑字の種牡馬が多く入っているのが見えるわよね。
ここで過去3年間のフローラステークスのレースラップを見てもらうわ。
左からスタートして右に行くほどゴールに近づいて行くわよ。
 
2015年
13.1-12.0-12.2-12.5-12.8-12.6-12.2-11.5-11.2-11.7
 
2014年
12.9-11.8-11.7-12.0-12.3-12.0-11.8-11.5-11.5-12.5
 
2013年
12.8-12.0-12.4-12.5-13.4-13.3-13.3-11.6-11.2-11.4
 
それじゃ説明していくわ。
 
2015年のラップは5ハロン目から9ハロン目(1000m~1800mの間)に掛けてラップが上がっているのはわかるわよね?

ラスト1ハロンの上がりも11.7と少しラップが落ちたくらいだけど、前に行った馬がそのまま残った形となったの。

逆に、2014年もほぼ同様のラップで推移したんだけど、ラスト1ハロンの上がりが12.5とその前のラップより1秒も時計を要しているからから、先行した馬のスタミナが切れて後ろにいる馬が台頭してきたって結果になったのよ
 
ここから分かるのは、ペースが上がった時に馬群から離されることなく付いていって、最後の1ハロンを耐えるだけのスタミナと底力を兼ね備えていたことが分かるわ。

ここで、さっきの血統表の出番よ!!
緑字はスタミナに優れた種牡馬って言ったけど、結果はその通りになっているわ。
 
2013年のラップはすごく極端なものよね。
超スローペースで流れてラスト3ハロンだけ脚を使えばいいって言う、瞬発力勝負の競馬になったのよ。

ラスト1ハロンの上がりが12.5とその前のラップより1秒も時計を要しているからから、先行した馬のスタミナが切れて後ろにいる馬が台頭してきたって結果になったのよね!
 
 
この年は雨による影響もあって、序盤で無駄に脚を使いたくないから、各馬が出たとこのポジションで落ち着いていたわ。そのため先行争いが激しくならなかった。
 
こういう流れの時には瞬発力に優れた種牡馬が強い、上の表なら青字よ!

ただ、こういう瞬発力勝負の流れになるのは馬場に問題がある時っていう事も覚えておきなさい。
 
じゃ、今年はどっちのタイプ?ってことよね?
天気は悪くなりそうな予報も出ているけど、そんな事は無視して私は良馬場前提で話を進めるわ!!
 
逃げたい馬が何頭かいるわね。
バレエダンサー、シャララ、クイーンズベスト。

枠を見ても1番枠を引いたバレエダンサーが逃げて、この3頭で先団を形成して行くわ。
とは言っても隊列が決まればペースが速くなることは無いから、1000m通過が60秒~62秒のスローペースで流れて、そこから徐々にラップが上がっていく!

即ち2014年や2015年のような展開になるから、青字や橙字の種牡馬に有利なレースになるということ。
 
馬券は内枠の先行馬で決め打つのがいいわ。
理由は、枠番別成績を見ればわかるから、とりあえず黙りなさい!
 
このデータはフローラステークスの過去10年分のデータになるわ。
枠順別成績 
1枠(2-2-1-15)
勝 率:10.0%
連対率:20.0%
複勝率:25.0%
単回値:54
複回値:285
 
2枠(1-2-0-17)
勝 率:5.0%
連対率:15.0%
複勝率:15.0%
単回値:138
複回値:67
 
3枠(2-3-3-11)
勝 率:10.5%
連対率:26.3%
複勝率:42.1%
単回値:43
複回値:223
 
4枠(2-0-0-18)
勝 率:10.0%
連対率:10.0%
複勝率:10.0%
単回値:155
複回値:47
 
5枠(0-2-2-16)
勝 率:0%
連対率:10.0%
複勝率:20.0%
単回値:0
複回値:42
 
6枠(1-1-0-18)
勝 率:5.0%
連対率:10.0%
複勝率:10.0%
単回値:18
複回値:17
 
7枠(0-0-3-23)
勝 率:0%
連対率:0%
複勝率:11.5%
単回値:0
複回値:31
 
8枠(2-0-1-26)
勝 率:6.9%
連対率:6.9%
複勝率:10.3%
単回値:21
複回値:68
 
このデータからも分かるように4枠から内側が高い連対率を残しているわ。
軸は内枠で決め打ちね。
 
それじゃ、私のフローラステークスの予想を発表するわ!
 
△フロンテアクイーン
 
△バレエダンサー
 
▲ゲッカコウ
 
○アグレアーブル
 
シャララ
 
△
バレエダンサー
父:ハーツクライ 
母父:Forestry

去年2着のディアマイダーリンを送り出したハーツクライ産駒なの。
前走の敗因は2つ。1つ目は-18㎏の馬体重、2つ目は、ハナに立つまでに脚を使ってしまったのが影響した感じね。

今回は馬体重を戻してくるでしょうし、最内枠を引いた以上逃げるのは確実。
後は、スタミナ血統の血を騒がせて粘り込めれば高配当が転がってくるわ!
 
△
フロンテアクイーン
父:メイショウサムソン 
母父:サンデーサイレンス

父メイショウサムソンはヨーロッパのスタミナに優れた血!
血統では緑字に属する種牡馬ね。

この馬は常にメンバー中TOP3に入る上がりを使えるの。
重賞実績もあるし4戦連続連対と安定感もあるけれど、枠番別データから強く推せないから連下に留めておくわ。
 
▲
ゲッカコウ
父:ロージズインメイ 
母父:シンボリクリスエス

この馬は母父にシンボリクリスエスを持つ馬なんだけど、速い上りを使える馬ではないのよね。
イメージとしては、長く一定の脚を使えるって感じね。

このスタミナが問われる舞台では重要な血統ね。この馬みたいに長く脚を使える馬は外せないわ。1枠も良いし、重賞2着と実績も文句なし!!
ただ、上位人気が考えられるし、軸にすると配当の妙味がないから単穴に留めておくわ。
 
○
アグレアーブル
父:マンハッタンカフェ 
母父:Seeking the Gold

新馬戦で最速の上がり33.8を使って快勝したマンハッタンカフェ産駒。
その後は東京スポーツ杯に挑んだけど、さすがに重賞で牡馬に交じると1枚劣るわね。

今回はそれ以来の休み明けになるけど、牝馬同士なら十分戦える力は持っているし、キャリア2戦と休み明けが嫌われて人気が落ちるなら狙い目よ!

マンハッタンカフェ産駒はシングウィズジョイが勝っているし、2枠の単勝回収率は138%と高い数字になっているから、私の本命馬を負かすならこの馬ね!!
馬券の相手として1番オススメする1頭よ!


私がオススメする超大穴馬!!
高配当どころか大波乱の超万馬券を演出するその馬とは・・・


◎ 

シャララ
父:メイショウサムソン 母父:Miswaki

△フロンテアクイーンで伝えたように、メイショウサムソンの緑色の血は最高よ!
え?私は妖怪人間かって?
私の血は緑じゃないわよっ!
 
デビューからは逃げ一辺倒でレースに出走してきたけど、ここ最近では2番手・3番手からも競馬が出来たように脚質に幅が出てきたわね。
かなり人気がないから良い配当を持ってくるわよ!!


実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る