レース回顧

中山11R産経賞オールカマー予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 5 6 ゴールドアクター
2着 1 1 サトノノブレス
3着 5 5 ツクバアズマオー
4着 2 2 クリールカイザー
5着 6 7 マリアライト


払い戻し・配当
単勝 6 200円
複勝 6 120円
1 200
5 250
枠連 1—5 750
馬連 16 840
ワイド 16 370
56 460
15 1,310
馬単 61 1,240
3連複 156 2,710
3連単 615 8,070


当サイト予想印
枠番 馬番 着順 馬名
8 12 9 カレンミロティック
5 6 1 ゴールドアクター
1 1 2 サトノノブレス
2 2 4 クリールカイザー
6 7 5 マリアライト
5 5 3 ツクバアズマオー
 
<オールカマーの予想記事>
オールカマー 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
日曜日に中山競馬場で行われたオールカマーの回顧をしていくわ!

印的には◎のカレンロミティックは外したけれど、○を含めた印の馬で決まったわね。

配当が低く、面白味のない馬券だったわね…。

天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念に向けて大事なレースになるオールカマー。

このレースを制したのは、1番人気のゴールドアクターだったわ。

天皇賞(春)のまさかの大敗で、早めの夏休みで心身ともにリフレッシュした今回は前走から+6キロの馬体重。

天皇賞(春)で見せた入れ込む姿を見せることはなかったし落ちつていたのは良かったわね。

レースはエーシンマックスが逃げる展開を、クリールカイザーが2番手、カレンミロティックが外から3番手を取りに行って、内にサムソンズプライド。

その外にサトノノブレスがいて、2馬身後方にゴールドアクター、そこから1馬身半後方にマリアライト、中団後方にツクバアズマオー、最後方からアクションスターと言う隊列で流れて行ったわ。

3・4コーナー中間点からゴールドアクターとマリアライトとサトノノブレスが一緒に動き出したの。

ここで私の本命のカレンミロティックは馬群に飲まれて終了のホイッスル・・・。

直線を向いてマリアライトが早々と脱落。

サトノノブレスとゴールドアクターの叩き合いになる中、内でクリールカイザーが粘りを見せるのよ。

後方からは内を突いてツクバアズマオーが伸びて来ていたわ。

でも、最後はゴールドアクターがサトノノブレスにクビ差をつけて勝利。

2キロの斤量差とムチを使っていないことを考えれば着差以上に完勝と言えるわ。

この後はジャパンカップから有馬記念!万全と言えるわね。



2着はサトノノブレス。

やっぱりG2くらいでは力は上位だしゴールドアクターをクビ差まで追い詰められれば上々と言っていいわ。

ただ、金曜にも行ったけどG1では力が足りないから今後もG2やG3で狙っていきたいわね。


3着はツクバアズマオー。

道中はマリアライトを見る形を取って、有力馬と一緒に上がって行って直線ではポッカリ空いた内を狙ったのは吉田豊騎手の好騎乗ね。

サトノノブレスには1馬身及ばなかったけど十分力は出しているし良い走りだったわね。

2番人気のマリアライトは結局5着止まり。

金曜の記事でも言ったけど、休み明けが決して得意な馬じゃないし使いながら状態を上げてくる馬だからこの結果に驚くわけじゃないけど、レース内容自体は少し心配になるわ。

日経賞でもゴールドアクターに負けたけど最後まで伸びてはいたのよ。

ただ今回に限って言えば早々に上位争いから脱落しちゃったし、走りに覇気が見られなかったのよね。

単なる休み明けの影響なら良いけど、次走のエリザベス女王杯に向けて少し心配になる走りだったわ。


私の本命のカレンミロティックは、4コーナーで捕まって9着。

結果的にだけど、逃げ馬を追いかけて2番手から進めても良かったかもしれないわね。

スタミナ勝負に持ち込めれば面白かったけど展開が厳しかったわね。

今回のオールカマーは、ゴールドアクターの強さが戻ったレースだったわ。

有馬記念連覇に向けて死角なしと言ったところね!!
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る