レース回顧

東京11R安田記念予想

着順 枠番 馬番 馬名
1着 5 6 ロゴタイプ
2着 6 8 モーリス
3着 7 10 フィエロ
4着 6 7 サトノアラジン
5着 7 9 イスラボニータ


払い戻し・配当
 
単勝 6 3,690円
複勝 6 520円
8 130
10 450
枠連 5→6 1,200
馬連 68 3,230
ワイド 68 1,130
610 4,820
810 840
馬単 68 11,580
3連複 6810 14,990
3連単 6810 153,560


当サイト予想印      
枠番 馬番 着順 馬名
6 8 2 モーリス
6 7 4 サトノアラジン
2 2 7 ダノンシャーク
7 9 5 イスラボニータ
3 3 9 ロサギガンティア
8 11 11 リアルスティール
 
<安田記念の予想記事>
安田記念 2016 
月曜予想 展望記事はコチラ
金曜予想 最終記事はコチラ


エビコの結果報告
日曜日に東京競馬場で行われた安田記念の回顧をするわ。

G1レース4連勝中のモーリスの単勝支持率は“1.7”倍。

実績を考えれば案外伸びなかったかなと思うけど、それでもダントツの1番人気。
誰もが負けるなんて思わなかったもし、モーリスの勝ち方に注目が集まった1戦だったわね。


そんな注目の1戦を制したのは、田辺裕信騎手騎乗で8番人気のロゴタイプ
申し訳ないけど、この勝ちは『意外』だったわ・・・。

田辺騎手の中では“ハナ”と言うのは頭にあったようでまさに“作戦勝ち”と言ったレースね。
スタートではやや出遅れたロゴタイプだったけど、先にハナに立ったディサイファを制してスンナリとハナへ。
こうなると、田辺騎手からしたら自分の思う通りにレースをするだけよね。

前半800mは47.0と安田記念では珍しいスローペース。
このスローペースの術中にはまったのが、モーリス、リアルスティール、イスラボニータ。
モーリスは中団からレースを進めると思っていたけど、スタートから掛かり気味の手応えで2番手。
まさか、あんなに引っ掛かるとはね・・・。


リアルスティールは、好スタートを切ったんだから自分のリズムで競馬をすれば良かったんだけど、内のモーリスの出方に合わせた結果、モーリスが引っ掛かりリアルスティールも引っ掛かると言う最悪の展開になったと思うわ。

イスラボニータも、道中は掛かり気味に手応えにリアルスティールの挟まれる不利も痛かったわね。


直線での位置取りも大きな差を分けたわね。
内が悪いのを承知で突っ込んでいったロゴタイプ、なるべく馬場の良い所を通りたいモーリス。

結果、上り3ハロンを33.9でまとめて皐月賞以来3年2ヶ月ぶりの勝利となったのよ。
この上がりで逃げられたら捕まえるのは厳しいわね。


それでも、モーリスはよく2着に来たと思うわよ。
ペース的には前に行った馬に有利だったけど、あれだけ掛かれば伸びて来なくても不思議じゃないもの。
秋以降の路線は未定らしいけど、私は天皇賞(秋)で見てみたいわ。


3着はフィエロ
しかし、よくわからない馬ね・・・。
何で重賞未勝利なのよ・・・これで。

瞬発力勝負になると力を発揮できるし、今回も上がりは最速なのよね。

ただ、毎回この脚が使えるわけじゃないから買う方は困るのよね。

フィエロが3着に来たならサトノアラジンも来てもおかしくは無かったけど、フィエロとサトノアラジンの差も直線での位置取りね。
外を回したフィエロと馬群に入れたサトノアラジン。

サトノアラジンの川田騎手はイスラボニータの外を回したかったはずだけど、フィエロの内田騎手が上手く蓋をして出さなかったのよね。
この辺りの騎手のポジション取り争いは痺れたわぁ。


サトノアラジンは上手く捌けていれば2着はあったような伸びだったから、ここでも“運”がなかったようね。

イスラボニータは、4コーナーで上手く上がっていったけど、ここまでの瞬発力を求められる展開は向いてないわよ。


2番人気のリアルスティールは11着の大惨敗。
海外帰りとは言えモーリスより間隔は開いていた訳だし、強いて上げるなら馬体重498㎏(ダービー4着時と同じ)が影響したのかなと考えるけど、 それでも負けすぎよ。

私が解せないのは“モーリスに合わせて競馬をした”ってことなの。
正直言って、モーリスに合わせて勝てるほどリアルスティールは強くはないわよ。 どうすればモーリスを負かせるのかを考えて乗るべきだし、それが出来なかった鞍上にはガッカリだわ。

これは仮定の話だけど、鞍上にはこんな心理が働いたんじゃないかしら。

1:(スタート前)モーリスは控えるから前で競馬をしよう。

2:よし!いいスタートを切ったぞ。内の馬の出方を見よう。

3:ん??緑の帽子が上がっているな。サトノではなさそうだし・・・えっ!?モーリスじゃん。

4:やべぇ・・・付いて行かねぇと。後ろからじゃ差せねぇよ!!

5:ウソ!!!めっちゃ掛かってるじゃん!!!我慢してマジで!!!

6:しょうがないから叩き合いに持ち込むしかないな。

7:あ~れ~~~~~~~~レッドアリオンも差せないの・・・。

てな感じだったんじゃないの。

リアルスティールのリズムを守って走れれば、ここまで無様な醜態はさらさずに済んだとは思うのよ。

こんなことは言いたくないけど“ドバイターフはフロック”か“騎手の力”と言われてもしょうがないわよ。

あら!
今回も言い過ぎたかしら。


【競馬に絶対がない】のは私の経験上分かり切ったことだし、連勝もいつかは止まるのよ。

モーリスは残念だったけど、またここから連勝を伸ばして行けばいいし、それが出来る馬なのは間違いないわ。

ただ、一つだけ欠点を挙げるとすれば
『主戦不在』がこういう所で影響するのよね。
出来れば、今後の鞍上は固定したほうがいいと私は思うわよ。

しかし、安田記念って開催時期をずらせないもんなのかしらね。
ダービーの翌週にG1を組まれてもイマイチ面白みを感じないのよね。
宝塚記念の前の週にすれば、モーリスみたいにチャンピオンズマイルからでも余裕をもって出走出来るから良いと思うんだけどね。

しかし、今回のロゴタイプを見て思うのは。


やっぱり“無事是名馬”ね。

怪我もせず走っていればいつかは報われるものなのね!!
過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る