G1レース展望

日曜のNHKマイルカップはクラリティスカイが勝ち、
NHKマイルカップ史上初の父子制覇を達成しました。

鞍上の横山典弘騎手は、、先週の天皇賞(春)に続き2連続G1勝利となりました。
レンイングランドが逃げる展開を5番手で我慢をしていたクラリティスカイ。
直線で早めに先頭に立ったアルビアーノを目標に、坂下から追い出し
逃げ粘るアルビアーノを残り100mで捉えそのままゴール。
皐月賞のレベルの高さを証明したレースでした。
次走は、古馬との対決の安田記念を予定しているようですので注目です。

さて、今週のG1は古馬牝馬のマイル戦ヴィクトリアマイルが行われます。
数える事、第10回目の節目のレースとなります。
過去の勝ち馬を見ると、どちらかと言えば中距離寄りの馬より
マイラータイプの馬が好成績を収めている印象を受けます。

まず人気になるであろうヌーヴォレコルトですが、
前走の中山記念では内から力強く抜け出し勝利。
そのレースぶりは正に非の打ち所がないほどのレースっぷりでした。
東京はオークスでハープスターを破った舞台ですが、マイルへの対応がカギとなりますね。

高松宮記念13着からの巻き返しを狙うストレイトガール
鞍上が岩田康誠から戸崎圭太にスイッチ。
昨年のヴィクトリアマイルでは3着に入ったものの本質は1200mが良いはず。
決して府中のマイルの舞台も合っているとは思えず、
前走の大敗によるメンタルの部分も気にはなるところです。
ただ、実力はある馬なので叩き2戦目となる今回の方が状態は良いはずです。

昨年のヴィクトリアマイルで1番人気の推されたスマートレイアー
終いの脚は誰もが認めるところだが、自分でレースを作れない弱みはあります。
しかし、はまった時は確実に伸びてきます。
前走もゆったりした展開に泣きましたが、4着を確保。
しかし、本来の伸びはまだ見受けられなかったようにも見えましたので
今回は追い切りと当日の状態に注目です。

ここに来て株を上げたのが、前走の阪神牝馬ステークスを制したカフェブリリアント
重賞初挑戦ながら並み居る馬たちを押さえて重賞初勝利。
1000万から3連勝でG1の舞台に挑んで来ました。
父は一世を風靡したブライアンズタイム。
姉妹もマイル路線で活躍していたので距離適正は申し分ないはず。

もう一頭上げるならディアデラマドレです。
前走のマイラーズカップでは、ペースもありますが上り3ハロンが31.9と破格の上がり。
母も府中で重賞勝ちがあり、父のキングカメハメハ産駒も東京の相性も抜群。
娘も府中での相性がばっちりなのでココでも要注意でしょう。

他には、ショウナンパンドラスイートサルサなども注目でしょうかね。

ダンスインザムード、ウオッカ、
ブエナビスタ、アパパネなど時代を彩った馬たちが輝いた府中のマイル戦。

今年は、どの馬がヴィクトリア(勝利の女神)となるのか。
詳しい話はまた週末にさせてもらいます。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る