スプリンターズステークス

新潟11Rスプリンターズステークス(GⅠ・芝1200m)
◎15 ハクサンムーン
○09 ストレイトガール
▲14 グランプリボス
△03 トーホウアマポーラ
×04 ガルボ

今年は中山競馬場が改修工事のため新潟で行われるスプリンターズステークスだが、過去の傾向はあまり参考にならないかと言えば、そうではない。コースは違えど、共通する傾向というものはあるものである。

このレースはとにかくリピーターの活躍が目立つレース。昨年、一昨年と連覇を果たしたロードカナロアが代表的だが、その他にも、カレンチャンやキンシャサノキセキ、ビービーガルダンやデュランダルなど、活躍馬が重複しているケースばかりなのである。

これが何を意味するかと言えば、ちょっと乱暴な結論づけではあるが、単純にスピード能力に長けた馬が強いということ。

ぬるいメンバーの他のスプリント戦なら展開のアヤやコース適性の差も出るだろうが、トップスプリンターが集うこのスプリンターズステークスは究極のスピード比べとなり、展開のアヤが入り込む余地は少ない。

とにかく速さが勝負のレース。これがスプリンターズステークスの本質なのだ。

今年は昨年2着のハクサンムーン、3着のマヤノリュウジン、4着のマジンプロスパーが出走しているが、2着ハクサンムーンとそれ以下には内容的に開きがあり、やはり昨年の組からピックアップすべきは◎ハクサンムーンだろう。

典型的な叩き良化型で、セントウルステークスやオーシャンステークスの敗戦は参考外。高松宮記念も出遅れたことを考えれば、5着まで追い詰めたのは能力の賜物である。

今度は万全の態勢であり、同型コパノリチャードが函館スプリントステークスを使えずにぶっつけとなったことも追い風。

今の新潟内回りはイン有利の馬場でもあるので、ハナに立てばそうそう抜かせはしないだろう。

逆転があればポテンシャルの高さを示すレースを何度も見せつけている○ストレイトガール。高松宮記念は道悪が応え、ヴィクトリアマイルは距離、函館スプリントステークスは前が詰まる不利とここのところ力を発揮していないが、マトモに走ればこれが一番強い可能性は十分にある。

GIに強い▲グランプリボスと内枠に入った好調馬△トーホウアマポーラ×ガルボを穴に指名しておきたいが、まず堅いレースだと申し上げておく。

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る